ハタチの恋人 ~明石家さんまと長澤まさみが恋をする?!~

27時間テレビで情報開示がされた明石家さんまと長澤まさみの競演。
遅れてTBSから正式発表。
2007年10月の日曜劇場は「ハタチの恋人」。
過去の明石家さんま主演ドラマは下記のとおり。
男女7人夏物語(1986年、TBS) - 今井良介 役
男女7人秋物語(1987年、TBS) - 今井良介 役
恋も2度目なら(1995年、日本テレビ) - 三上耕介 役
その気になるまで(1996年、TBS) - 田口賢一 役
恋のバカンス(1997年、日本テレビ) - 黛勘九郎 役
世界で一番パパが好き(1998年、フジテレビ) - 岡田善三 役

甘い生活。(1999年、日本テレビ) - 鵜飼力丸 役
空から降る一億の星(2002年、フジテレビ) - 堂島完三 役

連続ドラマは、 大駄作「空から降る一億の星」以来5年ぶり。
TBSとしてだけみると、これまた駄作「その気になるまで」以来11年ぶり。
そして、今回のような若手女優との競演作品といえば、
広末涼子と競演したこれまた駄作「世界で一番パパが好き」がすぐに思い浮かぶ。
当時18歳でブレイク中であった広末涼子と競演したものの
競演することと設定だけが先行し、ドラマの内容が良かったかというと疑問であった。

その要素は今回もたっぷりあるわけである。
明石家さんまと使いたいために、長澤まさみをブッキングしたということは、
企画ありきという点でないということだ。

期待8割、心配8割の10割を平気で超えてしまう作品である。
お笑いタレント、明石家さんま(52)と女優、長澤まさみ(20)が10月スタートのTBS系「ハタチの恋人」(日曜後9・0)でW主演&初共演することが1日、同局から発表された。  さんまの連ドラ出演は平成14年にSMAPの木村拓哉(34)とW主演したフジテレビ系「空から降る一億の星」以来、5年ぶり。
 2年前から温め続けた企画で、長澤とのドラマ初共演を聞いたさんまも「その手で来たか」と快諾。同局の八木康夫プロデューサーは「さんまさんとのミスマッチを考えると、長澤さんがベスト」とキャスティングに自信をみせている。
 さんまは数年前から長澤ファンを公言。うれしさからか、29日にフジテレビ系「27時間テレビ」に生出演した際、「久々にドラマやらんか言われて、まさみちゃんやったら言うたら、ホンマになってもた」と公式発表前に“フライング”する場面もあった。
 同ドラマは中年男(さんま)が20歳の女性(長澤)に恋するラブコメディーだけに、2人のキスシーンも期待できる。八木プロデューサーは「あるかもしれませんが、まともにいったら面白くない。僕もそんなに甘くない」と“波乱”を予感させている。
 8月中旬クランクイン。共演は塚本高史(24)、黒瀬真奈実(15)、森下愛子(49)ら。(サンスポ.com)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 明石家さんま×長澤まさみ 「ハタチの恋人」
  • Excerpt: 27時間TVで明石家さんまが暴露した、長澤まさみとの共演話‥‥。 そんなドラマが10月からTBS系で放送される「ハタチの恋人」。 「冗談じゃない!」をちょっと設定変えただけの内容じゃな..
  • Weblog: 最後に笑うのは誰か
  • Tracked: 2007-08-05 20:13
  • 童貞卒業!
  • Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
  • Weblog: ついに彼女できた(泣)
  • Tracked: 2007-08-05 22:09