ドリーマン ~反町隆史×渡邊睦月は未知数?!~

2007年10月スタートの日本テレビ土曜21時枠は
反町隆史主演「ドリーマン」。

あ~、なんかタイトルからダサい。
ドリーマンだよ、ドリーマン・・・まだタイトルに(仮)があるので
変更の可能性はあるのだろう。
絶対に変更した方がよいことは間違いない。

そして、課題はオリジナルで且つ渡邊睦月脚本ということ。
駄作連発なのに起用され続ける渡邊睦月。
これが本当に不思議でならない。
確かに、BS-iでの「携帯刑事シリーズ」を盛り上げたのは
彼女の脚本が一端を担っていたとは思えるのだが・・・
この不思議さは、
大根なのに起用され続けられている相武紗季と一緒だ。
(相武紗季自身は大好きなんだけど・・・)

そして、プロ野球を扱ってしまう怖さ。
プロスポーツの映像化の難しさは言わずもがな。

う~ん、あえてイバラの道を歩む日本テレビの戦略を見守りたい。

あと、志田未来が出演するとのこと。
これで、「3年B組金八先生」への出演はなくなりましたな。残念。

俳優、反町隆史(33)が10月スタートの日本テレビ系「ドリーマン(仮)」(土曜後9・0)に主演することが21日、分かった。連ドラ主演は平成16年のTBS系「ホットマン2」以来、3年ぶりとなる。  作品は「夢をあきらめない」ことをテーマにしたオリジナルのハートウォーミングなストーリー。反町は、球界復帰の夢を持ちながらも不慮の事故で死んでしまい、神様の計らいで他人の体を借りて、もう一度夢にチャレンジする元プロ野球選手の主人公、小木駿介を演じる。
 3月に公開した映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」のチンギス・ハーン役や、今月放送のフジテレビ系ドラマ「ゾウのはな子」の飼育員役など、役者としてますます脂が乗る反町。久々の連ドラに「いろいろなことにチャレンジしていきたい。現場も楽しみです。夢をあきらめない、ということを、みなさんに伝えられるよう、スタッフとともに力を合わせて頑張っていきたい」と燃えている。共演は加藤あい、志田未来、児玉清ら。(SANAPO.COM)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック