ひまわり-夏目雅子27年の生涯と母の愛- ~仲間由紀恵はすばらしい~

仲間由紀恵髪型変えるとイメージ全然違うんだなぁ~と思うのと同時に、
この作品2時間で収めるにはもったいなさ過ぎる題材だなとも思った。

そもそも私は1977年生まれであり、夏目雅子さんの活躍を
リアルタイムで見た覚えはない。
だけど、数年に一度は見るであろう夏目雅子のCMや広告から
偉大さは感じられずにいられなかった。

そして「ひまわり-夏目雅子27年の生涯と母の愛- 」という作品。
夏目雅子の実際の映像を作中に使わないこだわりを評価しようとした矢先、
エンドロールで登場しがっかり・・・
どうしても本人映像が出てきてしまうと、冷めてしまうんだよなぁ。
だって、今回の仲間由紀恵に限らず、どんな名優であっても
本人に勝てるはずがないのだから。
夏目雅子=仲間由紀恵にごだわっての制作だと思ったんだけど。

中盤で、緒形直人扮する伊集院静と結婚する夏目雅子。
ちなみに、伊集院静はこの時は2度目の結婚であり、
初婚の時の妻との間に生まれた子どもが、西山繭子である。
西山繭子は、「瑠璃の島」で勝村政信の妻で、いずみの里親を演じた。
夏目雅子と死別後、篠ひろ子と再婚している。

母が娘を愛し、娘が母を愛す、ということがこの作品のテーマになっている。
お互いがお互いを信頼しあうシーンが見所であり、
特に、夏目雅子が三蔵法師のことを話し、髪が全てなくなることは気にしないと
行った後、母が娘に髪を剃ることを提案したシーンは涙が止まらなかった。
仲間由紀恵の表情がいいのだ。

それにしても、もう少しゆったりと描いても良い題材だったのではないか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック