落合監督の継投について思うこと

2007年、日本のプロ野球は中日ドラゴンズが日本一となった。
なんと53年ぶり、しかも2回目。
意外に少ないというのが、率直な感想。

中日といえば、記憶の最初は近藤監督
当時の現役選手は星野仙一、平野謙、中尾孝義、大島康徳、
田尾安志、ケン・モッカ、宇野勝、谷沢健一
それに、ピッチャーは郭源治、牛島和彦、小松辰雄と
黄金時代を髣髴させる陣容である。

1994年10月8日巨人との最終戦も印象的なのだが、
その後は、あまり記憶に残らない中日・・・

そして、2007年11月1日。
山井のパーフェクトピッチングから、岩瀬への継投。
大方の意見は、「山井続投、ヒット1本でも打たれたら岩瀬に交代」。

プロは結果論だ。
だから、まずは結果をもっと評価してあげられないのだろうか。
確かに、山井が”続投してほしかった”という希望を持っている人がほとんどであろう。
私もそうだ。

ただ、「山井がヒット1本打たれたら」といっても、ホームランという可能性もあり同点になる。
短期決戦、そこからどう転んでいくか分からないことを、落合監督は恐れたのだ。
その気持ちは分からないでもない。

ただここでひとつ考えてほしい。
「もし、岩瀬が打たれていたら??」
今日の批判以上の批判を落合監督が受けていたことは間違いないであろう。
落合監督はそのリスクを背負ってでも、岩瀬に変えたのだ。
つまり、岩瀬で負けたらしょうがない。
でも、山井で負けたら落合監督自身悔いが残ると考えたのだろう。

プロとしてみた評価をもっとするべきだ。
ファンとしての意見しか見られないマスコミの偏重報道にはあきれる。

それにしても、盛り上がらなかった今年の日本プロ野球。
最後までそれを象徴するものとなってしまったことは残念であった。

そして、ひとつ。
2007年のセリーグ優勝チームは「読売ジャイアンツ」です。
これ言っておかないと、あまりにも原辰徳監督がかわいそうで・・・

この記事へのコメント

  • みのむし

    今回、野球にまったく興味のない私でも
    素直に面白い!って思えるような白熱した
    試合で、最後のあとひとりコールのときは
    思わず拝んじゃいました。
    それくらいに面白かったです。
    でも一夜明けたらやたらと落合さんが批判されて
    ちょっと悲しかった。
    せっかく優勝したのに、そこばかりに焦点を
    あてられたら、それまでがんばってきた選手の
    気持ちまで批判してるように見えちゃいますね。
    もう少し冷静に今までの試合を振り返るように
    マスコミもしてほしいですよね。
    両チームもすごくがんばって、とてもいい試合を
    見せてくれたのだから・・・
    2007年11月03日 11:40

この記事へのトラックバック

  • 山井投手交代。継投の真相を明かした落合監督
  • Excerpt: よく落合監督が嫌われてるといってますが マスコミ以外に嫌われてましたっけ?  4年間選手への愚痴、悪口をマスコミに言わなかった ことは本当にすばらしい監督だと思います 多分二度と出ない記録w..
  • Weblog: jugem de 夏炉冬扇行雲流水
  • Tracked: 2007-11-03 07:39
  • ドラゴンズ53年ぶり日本一!
  • Excerpt: これは地元の人間として書いておかないとね! 本当にすごい。めっちゃすごい。 ちょっと・・・いや。かなり感動しました。 普段野球はまったく無縁の私がですよ! いやぁ。すごかったですねぇ。..
  • Weblog: Simple*Life
  • Tracked: 2007-11-03 11:36
  • 中日、53年ぶり日本一~完全試合リレー~
  • Excerpt: これは日本シリーズ史上でも歴史に残る試合、出来事だろう。 中日は山井、日本ハムは背水の陣でエースのダルビッシュ。期待にたがわぬ投手戦になった。わずかに1点。ウッズ・中村で作ったチャンスを平田の犠飛で..
  • Weblog: 虎哲徒然日記
  • Tracked: 2007-11-04 12:34