ちりとてちん ~意地の上にも三年~

実はなかなかおもしろいコンテンツが揃っている「ちりとてちん」のHP
http://www3.nhk.or.jp/asadora/index.html


「徒然亭の会」が無事に開かれることになり、
http://www3.nhk.or.jp/asadora/topics/15_tsuredure/index.html
草原、草々、四草が稽古を積む中
小草若はなぜ草若が一門会にこなかったかの理由を知った。
親子関係よりも、噺家として草若として生きることで、本当のことを弟子たちに言えなかった。
そのシーンは感動した。キムラ緑子上手だよなぁ~

そして、小草若の「寿限無」。草々の「寿限無」がなかったのはここにあったんだ。
トリは草若、これは和田家の全員が聞いたことがあるあの作品だったのだ。
そう、じいちゃんが入院していた病室で聞いていた落語だったのだ。
べただけど、よくできている。

徒然亭もサイド団結し、次は喜代美の弟子入り。どんな名前がつくのだろうか?
徒然亭草箸?徒然亭草子?徒然亭草姫??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック