アジア野球選手権兼北京五輪予選 日本対韓国

手に汗握るゲームとはこのことで、日本は辛くも逃げ切った。
試合内容はスポーツニュースを見ていただいて・・・

テレビ朝日の中継はどうだったのか?
評価出来る点は、試合終了まできっちりと放送したことだ。
日曜洋画劇場という飛ばしやすい枠だったことも編成としてやりやすかっただろう。
まぁ~、7時試合開始ならば、試合が9時までに終わることは考えづらく、
想定内の延長→休止だったとも言える。

もう一つ、古田敦也の的確かつ落ち着いた解説が素晴らしい。
つい先日まで現役だったこと、出場している選手たちのことをよく知っていることが大きいのだろう。

気になったことが2点。
(1)中居正広の裏番組
「中井正広のブラックバラエティ」が放送していたこともあり、22:30~は中居の存在すら感じなかった。
もし、その時間に試合が終了していたら、どうしていたのだろうか?
中居はいなかったことになっていたとしたら面白かったのに。

(2)もし、台湾戦に負けたら??
そう、台湾戦に負けたらどうなるか?という説明がOA中になかったのはありえない。
実際には”失点率”で決定することになるのだが、そういう事実を伝えるべきである。

明日は、運命の台湾戦。負けるな日本!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック