第58回NHK紅白歌合戦 ~紅白終焉の時近し・・・~

「第58回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定した。
NHKでは、事前に
現在NHKは、今回の58回から再来年の60回までの3か年で、紅白のリニューアルを進めています。その3年間のコンセプトが「歌力(うたぢから)」。歌の力を見直し、歌本来の魅力を伝えることを大きな目的としています。3か年の初年度にあたる今回は、「歌の力・歌の絆」をテーマに掲げ、歌を通してつながる社会、世代、そして心を見つめ直す紅白を目指し、選び抜かれた56組の歌手と司会陣が、歌の力で人々の心をひとつにつなげます。

というコメントを出していた。
それがなぜ、中川翔子、リア・ディゾン、AKB48、Berryz工房、℃-ute なのだろうか。
しょこたんは嫌いではないが、申し訳ないが”およびでない”。
出場者全般を見ても、魅力ある人がいない。
60回がラストのごとく死のロード歩んでいるとしか考えられない布陣である。

懐メロと新曲という分け方での歌合戦に徹するべきなのに、
中途半端さもここまでくると立派すぎる。
最低視聴率更新すると考えているのは、私だけじゃないはずだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック