ちりとてちん ~瓢箪から困った~

きちんと伏線が張られ続けている「ちりとてちん」。
中でも、
落語家としては向いていないかもしれないが、箸の持ち方が良い草若が言った時。
A子に邪魔されない”落語”という領域を得たにも関わらず、やっぱりA子に邪魔された時。
”徒然亭若狭”という名前をもらい、”わだきよみ”としてA子とかぶらない名前をもらった時。
なんて印象的なエピソード。

何度も言うけど、和久井映見が良すぎます。面白すぎます。
そして、貫地谷しほりも変わらずの演技力。
”徒然亭若狭”が、ゆっくりとだがうまくなっているんだよね。
そう、いきなりじゃないんだよなぁ。
ゆっくりとゆっくりと、様々なことを学びながらうまくなっていく。
それを表現できているのは、相当の演技力があるからこそ。

それにしても、2回目の高座の枕はめちゃくちゃ良かった。
そして、客に笑ってもらったあとの”徒然亭若狭”の笑顔。
本当に、いい笑顔。
貫地谷しほりの魅力はあの笑顔。

A子とB子と草々の三角関係の行方は??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック