長崎原爆資料館を見て思ったこと

広島に続き、仕事で長崎に行くことになった。
少し時間をもらって「長崎原爆資料館」に行った。
長崎には、広島の「原爆ドーム」のようにすぐに思い浮かぶ象徴的建物はない。
また、亡くなられた方も広島のほうが多い。
どうしても、広島が先に来るのだが比較論で語ってはいけない。

「長崎原爆資料館」の展示内容は「広島平和記念資料館」同様
心に響くものがあった。
そもそも、2つ目の原爆は小倉に落とされるはずだった。
それが天候の事情で第二候補であった長崎に投下されることとなった。

何度も見てもむごい。
長崎原爆資料館の展示物の中には、被爆した直後の人々の写真が残っている。
やけどに苦しむ人、すでに亡くなっている人、数年経って亡くなる人・・・
すべてが事実。嘘偽りない事実。
これを見て何も感じない人が信じられない。

誰も幸せにならない戦争をなぜ行うのか・・・
長崎原爆資料館を見れば、考えられないことだ。

長崎原爆資料館
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/na-bomb/museum/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック