第19回ヤングシナリオ大賞 今日は渋谷で6時 ~安田美沙子 女優の才能は?~

フジテレビの第19回ヤングシナリオ大賞の大賞は「今日は渋谷で6時」。
鈴木雅之と菊池桃子のデュエットで流行った「渋谷で5時」のフレーズ
カラオケ今日は渋谷で5時~
からついているんだろう。タイトルだけで十分興味が持てる。

そして今回の「今日は渋谷で6時」は「のだめカンタービレ」スペシャルに続く番組編成。
以前の大賞作品の放送が土日の昼間だっただけに、
フジテレビも改めて「ヤングシナリオ大賞」に力を入れていることが分かる。

作品だが、短い時間と少ないキャストでうまく展開している。
映像となった時のテンポもよく、楽しんで見ることができた。
収穫は、安田美沙子の演技。ド下手かと思ったが、そんなことはない。
深い演技はできないが、女優のコマとして十分考えられる戦力である。

野波麻帆は久しぶりに見た。悪くないけどブレイクしないのも分かる。
特徴がないんだよなぁ。今回のような役ができたことは財産だと思うけど。

ちなみに、ヤングシナリオ受賞者で活躍してた人たちは、
http://wwwz.fujitv.co.jp/young/index.html
第1回大賞は坂元裕二。(東京ラブストーリー、ラストクリスマス、西遊記)
第2回大賞は野島伸司。(101回目のプロポーズ、高校教師、ひとつ屋根の下、人間・失格)
第3回大賞は信本敬子。(白線流し、L×I×V×E)
第4回大賞は山崎淳也。(星の金貨、お願いダーリン!)
第5回大賞は尾崎将也。(結婚できない男、アット・ホームダッド)
第6回入賞は橋部敦子。(僕の生きる道、僕と彼女と彼女の生きる道、僕の歩く道)
第7回入賞は浅野妙子。(神様、もう少しだけ、純情きらり)
第8回大賞は金子ありさ。(がんばっていきまっしょい、Stand Up!!)
第11回佳作はいずみ吉紘。(バスストップ)
第16回大賞は金子茂樹。(危険なアネキ、プロポーズ大作戦)
第16回佳作は大島里美。(1リットルの涙、働きマン)
第17回大賞は根津理香。(ライフ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック