R-1ぐらんぷり2008 ~芋洗坂課長がお気に入り~

「R-1ぐらんぷり2008」の優勝者は2年連続でなだぎ武。
だけど、圧倒的におもしろかったのは芋洗坂係長。
っていうか、2年連続で取らせるほどの面白さをなだぎ武には感じない。

ちなみに、なだぎ武を推したのは月亭八方と間寛平の吉本興業所属の二人。
芋洗坂係長を推したのは、ダンカン(オフィス北野)のみ。
高田純次(テイクワン・オフィス)と太平サブロー(吉本興業)は、二人を同点とした。

審査員の所属する事務所が偏るのは、M-1グランプリ同様いかがなものか。
もちろん昨年のM-1グランプリのようにサンドイッチマンのような奇跡もあるが、
今回のR-1グランプリのような僅差の戦いでは、事務所の力関係はあるのだろう。

それにしても、芋洗坂係長である。
実は彼「テンション」というグループで、田口浩正とコンビを組んでいたのである。
あまりにも外見が変わってしまったので分からなかった。
ラリパ、ラリパ、ポラーリ、ラリラリラリパ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック