ちりとてちん ~笑う一門には福来る~

久々に見続けた朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」
無事に終了し、完走した。

とにかく「おかあちゃんにみたいになりたくない」という発言を
謝ったところは涙が止まらなかった・・・
ラストでもってくるか、と。
「ちりとてちん」の裏の主役は和久井映見演じる和田糸子であることは間違いない。
かわら投げの回想シーンの、和久井映見の優しさは本当に心にくる。

そして、徒然亭若狭の最後の高座「愛宕山」。
おじいちゃんが最後の最後まで若狭を見てくれている、なにか嬉しい。

そしてそして、「ちりとてちん」がただの作品でないのは、
原沙知絵が書いた本が売れなかったっていこと。こういう小オチ大好き。

そしてそしてそして、若狭が生んだ子供のことについては描かれていない。
続編があるのかないのか??

そんなことはもういい。毎日毎日楽しませてくれた「ちりとてちん」に感謝。
ちりとてちん ~大草若の小さな家~(2008年3月22日)
ちりとてちん ~蛇の道はヘビー~(2008年3月15日)
ちりとてちん ~終わりよければ滑ってよし~(2008年3月8日)
ちりとてちん ~聞かぬは一生の箸~(2008年3月1日)
ちりとてちん ~嘘つきは辛抱のはじまり~(2008年2月23日)
ちりとてちん ~立つ鳥あとを笑わす~(2008年2月16日)
ちりとてちん ~地獄の沙汰もネタ次第~(2008年2月10日)
ちりとてちん ~思えば遠くへすったもんだ~(2008年2月2日)
ちりとてちん ~子はタフガイ~(2008年1月26日)
ちりとてちん ~瀬戸際の花嫁~(2008年1月15日)
ちりとてちん ~一難去ってまた一男~
(2007年12月22日)
ちりとてちん ~天災は忘れた恋にやって来る~(2007年12月15日)
ちりとてちん ~瓢箪から困った~
(2007年12月8日)
ちりとてちん ~徒然亭若狭かぁ~(2007年11月20日)
ちりとてちん ~意地の上にも三年~(2007年11月18日)
ちりとてちん ~兄弟もと暗し~(2007年11月5日)
ちりとてちん ~和久井映見が母親か・・・~(2007年10月25日)
ちりとてちん ~久しぶりに完走したい朝の連続テレビ小説~(2007年10月5日)
ちりとてちん ~ヒロインは貫地谷しほり~(2007年3月14日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック