薔薇のない花屋 最終回

スタートダッシュがすばらしかった「薔薇のない花屋」。
しかし、竹内結子の目が見える設定になったところから、魅力を一気に失った。
雫の表情演技にはいつもやられてしまうのだが、伏線張ったわりには・・・・・・
という点が残念。

終盤出演者全員がいい人っていうのも、
ドラマ前半戦が魅力的だったと評価しているほうとしては
何だったんだ?!っていいたくなってしまう。

でも、ラストの少年が薔薇を持って花屋を訪ねてきたシーンはなかなかのラスト。
お姫様だっこも伏線張ってあったけど、ちょっとラストシーンとしては恥ずかしい。

「野島伸司復活!」とまでは言えないが、かつての勢いを感じる作品だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック