1リットルの涙 ~同情って悪いことかなぁ?~

過去六回でもっとも心に響いたな~
思い出すだけで、泣けてくる。

なんだか、電車に乗っていても思い出して目真っ赤にしてしまった。

それにしても、成海璃子よくやったな~ホントいい演技するよ~

前回は亜湖が亜也のことを親の愛情から理解し、
今回は弘樹が亜也のことを亜湖と親の愛情から理解した。


亜也の病気が進行してしまう中、つながりが強くなっていく、池内家。
素晴らしい家族だ。

単に瑞生(陣内孝則)が多用していたと思われた、「さすが俺の子供だ」という言葉も、
弘樹の胸に拳をあてた後に言われちゃー 涙腺も一気に緩んじゃいますよ。

そして、亜湖の亜也に対する兄弟愛の深さを感じた回でもあった。
今までは優秀な姉にコンプレックスを感じていたかもしれないが、
本当は好きで好きでたまらないということを再認識したのだろう。

尊敬してて、憧れている姉なんだ。でないと、弘樹に対するあの演技はできない。

弘樹の気持ちも分からなくない。姉のことは好きだ。だけど、思春期の少年であれば、
仲間はずれにされるのは嫌だって思うだろうし、亜也がどうなるか分からない不安がある。
それに、弘樹のチームメイトの表現はあまりにひどすぎて引いたよ。

だけど、実際自分はどうなんだろう。
きれいごとしか言えないんじゃないか?

錦戸亮演じる遥斗は、いつも同じ目線で亜也のことを見ている。
病気になる前と同じ視線で。バスの場面は象徴的だよな~
どうしても、”何かしてあげなくちゃ”と思ってしまう。
”してあげなくちゃ”という気持ちの段階で、もうされる方にとってみれば
”そこまでしてくれなくても”という気持ちになるんだろう。
”できるものはできる”のだから、できるものまで手伝うことはないんだ。


こう細かく一つ一つを見ていくと、脚本の難しさがまず考えられる。
1つの言葉や、言葉尻で大きく内容が左右する作品
なだけに、スタッフもよくぞ難しい作品に挑んだと思う。
そして、お涙頂戴になっていない点が本当に心に響く。

このドラマを見て、いろいろ考える。考える。考える。
考えても、答えはないが、考えつづけてみる・・・

この記事へのコメント

  • タカシ

    6話が一番胸に響いた気がします。弘樹のそばで
    亜也の噂話をするオバサン、席を譲る人。ス-パ-の店長さん・・・・。みんな普通の行動。
    でもなんかひっかかるものがありますよね。

    遥斗の「私は身体が不自由なんだよ」「いばるなよ」・・傍から見ると酷いやつに見えるけど
    何故か心地よい。やはり相手の事を本当に思っているかどうかの違いでしょうか?

    歩けるならできるだけ以前のままに、もし歩けなくなった時はおぶってでも・・・っという強い
    気持ちが必要なんですよね。でも難しい。
    2005年11月17日 13:33

この記事へのトラックバック

  • 1リットルの涙 8点→ 6話
  • Excerpt: {{{  このドラマはなぜこれだけ感動させることになっているのかというのがわかってきた。ドラマである程度の感動要素は含まれていて、さらにこのドラマが事実に基づいて構成されていることをドラマというフィ..
  • Weblog: レパードタイガーのドラマ理論(手厳しい意見も)
  • Tracked: 2005-11-17 12:56
  • 1リットルの涙 私は逃げない
  • Excerpt: 1リットルの涙、病気の進行に伴って亜也さんの 笑顔が見れなくなると思っていたら・・・素敵な笑顔が 一杯??。亜也さんはなんて強くて優しい人なんだろう。
  • Weblog: The Glory Day
  • Tracked: 2005-11-17 13:19
  • 「1リットルの涙」第6話
  • Excerpt: 久々に涙が自然に流れました。今回のお話(風邪は治りかけですがやっつけです)亜也と潮香は飼い犬のがんもを散歩させていた。すると、弘樹が橋の支柱でシュートの練習をしていた。試合のメンバーに入るためという。..
  • Weblog: B級人生
  • Tracked: 2005-11-18 00:43