報道特捜プロジェクト ~社会保険庁の虚偽を告発せよ~

2008年4月の「報道特捜プロジェクト」で注目すべき点は、
社会保険庁の虚偽報告の告発である。
犯罪を犯した職員の上司が処分前に退職していたはずなのだが・・・
実は在籍しており、在籍しているどころか出世しているというから驚きだ。

舛添厚生労働大臣もどうにかならないのだろうか。
口だけ番長だよな~本当に。
「告発する!!」って言っていた時の威勢はどこに言ったのか??
都合が悪くなると、画面の前にも出てこない。
国務大臣の資格なしである。

証拠を持つ日本テレビが告発すべきではないだろうか。
マスコミはこういうときにこそ、権力を発揮してほしい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック