2011年12月05日

秘密諜報員エリカ 〜小林涼子って、あの小林涼子?!〜

「秘密諜報員エリカ」
http://www.ytv.co.jp/erika/index.html
には、ちょっと懐かしかったり、ブレイク前だったり、地味だったりな女優がゲストで登場している。

建みさと・佐藤めぐみ・松田沙紀・白土直子・星野真里・
内田もも香・小林涼子・岩田さゆり・朝倉えりか、といった具合。

第8話のゲストが、小林涼子。
顔が小さくて、目が大きくて・・・って誰だっけ〜?と考えたんだけど出てこず。
名前を聞いたらすぐに思い出したんだけど、顔を見ただけではわからなかった。
そう「砂時計」の水瀬杏役の小林涼子だった。
http://www.ryoko-kobayashi.com/index.html

「砂時計」が2007年3月OAなので、約5年前。
超童顔でも、17歳から22歳で大分大人の女性になった感じがした。


それにしても「砂時計」以降、「魔王」でヒロインをやったけど、その後伸びず・・・
調べたらいろいろなドラマにちょくちょく出ているようだが、これからに期待!

小林涼子には、もっともっとがんばってほしい!!

また「砂時計」見たくなってきた。
posted by ようすけざん at 03:06| 東京 ☀| Comment(502) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

ビターシュガー 〜りょう・和久井映見・鈴木砂羽の実年齢は?〜

NHKのよる☆ドラ「ビターシュガー」
http://www.nhk.or.jp/drama/bittersugar/

りょうと和久井映見と鈴木砂羽の3人は39歳の役なのだが、

実際は、
りょう・・・1973年1月17日生まれの38歳
和久井映見・・・1970年12月8日生まれの40歳
鈴木砂羽・・・1972年9月20日生まれの39歳
と平均39歳という実年齢とブレのないキャスティング。
だからのリアリティか。

ただ正直、和久井映見は「ちりとてちん」の名演もあってか、完全に母親。
きれいなことは間違いないけど。

第2話の「失恋スープ」って、なんだかいい。

そういえば最近井上和香見ないなぁ〜


posted by ようすけざん at 23:32| 東京 ☀| Comment(419) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

ビターシュガー 〜甘いだけが幸せじゃない。苦くたって不幸せとは限らない〜

「ビターシュガー」
http://www.nhk.or.jp/drama/bittersugar/index.html
の脚本を書いている私の好きな作家のひとり、今井雅子。

その今井雅子が、「恋する、何度でも。」というタイトルでHPに寄せたコメントがいい。
http://www.nhk.or.jp/drama/bittersugar/about.html
「子どもが生まれたら、どんな子になってほしい?」と聞かれた女友だちは、少し考えて、こう答えた。
「女の子だから、たくさん恋をしてほしい」。
『ビターシュガー』の執筆中にその言葉が記憶の底から浮かび上がった。

健康でも優秀でもなく、「恋」という単語が飛び出したことも印象に残っていたが、
あのとき彼女は「いい恋をしてほしい」ではなく「たくさん恋をしてほしい」と言った。
恋の数だけ別れがあるわけで、傷ついたり、傷つけたりしてしまう。
それでも、破れた恋は何かを残していってくれる。
そう思えたから、彼女は生まれてくる女の子にも「たくさん恋を」と願ったのだろう。

先日5歳になったわが娘には、好きな男の子が二人いて、未来のダンナ様が日によって替わる。
恋は砂糖菓子のように甘くてふわふわしたもので、その苦味をまだ知らない。
でも、今は無邪気な娘にも、いつか「もう恋なんて、できない」と立ちすくんでしまう日が来るだろう。
そのとき、『ビターシュガー』というドラマを見て、
「甘いだけが幸せじゃない。苦くたって不幸せとは限らない」と思い直し、
「もう一度恋してみよう」と前に踏み出してくれたら......。
そんな想いを脚本に込めた。
「甘いだけが幸せじゃない。苦くたって不幸せとは限らない」って、
恋愛だけじゃなくて人生そのもの。

どんなことがあっても、もう一度チャレンジしていこうと、前に踏み出す。
忘れてはいけない言葉だ。
posted by ようすけざん at 03:09| 東京 ☀| Comment(286) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

ビターシュガー 〜荒川ちかに注目!〜

今一番勢いのあるテレビ局は視聴率3冠王に向けて勢いを増している日本テレビ。
ではなく、資金力がたんまりとあるNHKである。

2011年10月から毎週火曜午後10時55分〜11時24分を「よる☆ドラ」枠として新設。
その第1弾が「ビターシュガー」
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/24000/91314.html
http://www.nhk.or.jp/drama/bittersugar/

すでに話は中盤なのだが、1話からおっかけ視聴中。
脚本が今井雅子という点で興味深い。
そして、りょうと和久井映見と鈴木砂羽という女優たちにも注目。
そしてそして、スクールで注目していた荒川ちかがいいポジション。
http://yosukezan.seesaa.net/article/191674280.html

それにしても、「よる☆ドラ」という名称は「つのだ☆ひろ」っぽいけど、
この時間帯のドラマ枠新設は民放としては、悔しいところではないだろうか。
posted by ようすけざん at 23:08| 東京 ☀| Comment(565) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

家政婦のミタ 〜母の自殺の枷はあまりに重すぎる〜

2011年11月16日の第6回で23.4%を記録し、
2011年10月クール最高視聴率の「家政婦のミタ」
http://www.ntv.co.jp/kaseifu/

さすが遊川和彦脚本だと思う一方で、どうも腑に落ちない。

それは、長谷川博巳の妻が自殺してしまったということ。
自分が平泉成の父親の立場としてみても
自分が忽那汐里の娘の立場としてみても
自分が
中川大志の息子の立場としてみても
何がどうあろうと、許すことなんてできないということなのだ。

自殺の原因が長谷川博巳の不倫である限り、
許していく家族の意識が全くもって不明なのである。

枷を作ることは連続ドラマにとって、必要であることは理解しているが
ハードルをあまりにもあげすぎた枷だと思う。
だから、どんなエピソードでもなんで許せるのだろうと思ってしまう。

特に、今回の
忽那汐里の心の動きもあまりに強引。
あんなに嫌っていたのに・・・そのスピードで和解??

もちろんフィクションだからいいのだが、
好きな脚本とはちょっと言えないなぁ。

ただ話題作りとしては、
完全に日本テレビと遊川和彦の大勝利であることは間違いない。
posted by ようすけざん at 23:54| 東京 ☀| Comment(379) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

秘密諜報員エリカ 〜栗山千明がブレイクするかも?!〜

デビュー13年目で連続ドラマ初主演の栗山千明。
その作品は読売テレビ制作の木曜ミステリーシアター「秘密諜報員エリカ」
http://www.ytv.co.jp/erika/

栗山千明は、結構いろいろな作品に出ている。でも、パッとしない。
http://www.spacecraft.co.jp/chiaki_kuriyama/index.html
「ハゲタカ」は作品がブレイクしたが、栗山千明自身がブレイクできず。
「特急田中3号」「熱海の捜査官」は作品自体が、盛り上がらず。


テレビ東京の金曜深夜枠のドラマかと思う感じの「秘密諜報員エリカ」
だからこそ、自由がきく。栗山千明が活き活きしている感じがする。
こんなにも様々な顔ができるのか!という印象。
この幅の広い演技がきっかけで、栗山千明が化けるんじゃないかな〜と期待している。

杏と栗山千明が被るし、対して変わらないと思うんだけど、杏が売れるのはなぜなのだろうか。

posted by ようすけざん at 02:43| 東京 ☀| Comment(303) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

怪盗ロワイヤル 〜横浜を買い取ってもらうために?〜

フライデードラマNEOという枠を新設したTBSの第1弾は
「怪盗ロワイヤル」
http://www.tbs.co.jp/kaito_royale/

DeNAがスポンサーにつけば、こういうことになるわけだ。
そして、TBSと
DeNAということになれば
どうしても横浜ベイスターズの買収問題に少なからず絡んでいたのではないか、
と勘繰らざるを得ないが、どうでもいいか。

怪盗ロワイヤル」自体をやろうとも思ったことがないので
ドラマのストーリーと、ゲームがどうリンクするのか全く分からない作品。

松坂桃李・大政絢・福士誠治・チャンソンという4人が出ているのも話題らしい。
大政絢が、峰不二子風のキャラみたいなんだけど、
幼すぎて大分こっちが恥ずかしい・・・

う〜ん、ひかれない・・・もっと遊んでほしいなぁ。
そして、モバイルとの連携はもっとないのだろうか。

2話まで見たけど、かなり期待外れ・・・
posted by ようすけざん at 02:40| 東京 ☀| Comment(305) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

カレ、夫、男友達 〜真木よう子連続ドラマ(初)主演〜

真木よう子、木村多江、夏帆、”三姉妹、それぞれの愛のかたち。”を描く
ドラマ10「カレ、夫、男友達」
http://www.nhk.or.jp/drama10/kare/

「SP」で注目を浴びた真木よう子。
2008年に「週刊真木よう子」という毎週真木よう子が主役のドラマを
テレビ東京の深夜でやっていた。
なので、この「カレ、夫、男友達」は連続ドラマ(初)主演となる。

それにしても、真木よう子がエロい・・・
本当のNHKのドラマなのか??と思わず思ってしまうほどである。

夏帆も、イメージと違っていい。
2008年1月クール「4姉妹探偵団」で主演だったが、まさかのゴールデンタイムで3.5%。
大コケのイメージが強いが、ここで一気にイメチェンで挽回してほしい!!

そして、マヨネーズまみれになってしまった木村多江。
思えば、木村多江の明るい役見たことないなぁ。

NHKドラマやっぱりおもしろい。
「カレ、夫、男友達」の今後が楽しみだ!!

にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
posted by ようすけざん at 01:20| 東京 ☁| Comment(505) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

南極大陸 〜北海道ロケと言わないほうが〜

TBS開局60周年記念番組「南極大陸」
http://www.tbs.co.jp/nankyokutairiku/

壮大なスケールの中で描き、1話のラストはうるうるとしてしまった。
ただその後が、すごいんだけど、よくわからないけど入り込めない。
特に3話は、犬の心の動きって・・・ちょっと理解できない。

視聴率も、22.2%→19.0%→16.9%と下降の一途。
これはTBSもかなり意外で焦っているのではないか。
何しろ、第2話も第3話も10分延長という裏技を使っているのに、この数字。

もちろん最近の他の連続ドラマと比べれば高いのだが。

細かいのだが気になっているのが、事前告知番組などでロケ地が北海道と連呼していたこと。
そりゃもちろん、南極で撮影しているとは思っていないが、なんだか興ざめしてしまった。
長女も一緒に見ながら、「お父さん、ここ北海道だよ」だって。
子どもですら、そんな感じなわけである。

せっかく素晴らしい作品を作りこんでいるのだから、ドラマとは違うところで変に現実に戻すべきではないと思う。
それが事前の告知番組なのであればなおさら残念で、もったいない。


にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
タグ:南極大陸
posted by ようすけざん at 01:24| 東京 🌁| Comment(325) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

僕とスターの99日 〜桜庭ななみってこんなキャラ?〜

「僕とスターの99日」には、西島秀俊以外にもう一人注目すべき役者がいる。

それは、桜庭ななみ。
東京少女 〜桜庭ななみは2010年ブレイク間違いない!!〜(2009年8月6日)
東京少女 〜桜庭ななみブレイクの予感〜(2009年7月31日)
東京少女 〜桜庭ななみには酷かも?!〜(2009年8月4日)
でも書いたように、2009年に注目したのだが、郵便局のCMに起用された以外に
テレビでの活躍の場面はあまりなかった。

連ドラも約2年ぶり。

今回の役どころはもう立派なお姉さん。というか、お母さん?的な感じ。
こういう役もできるんだ〜と、感心してしまった。
このポジションの役ができると、主役への道も開けそう。

がんばってほしいな〜

ちなみに、桜庭ななみは1992年10月17日鹿児島生まれの19歳。
オフィシャルサイト http://sakurabananami.com/
オフィシャルブログ「power.」 http://ameblo.jp/nanamis1017/

にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
posted by ようすけざん at 02:10| 東京 🌁| Comment(167) | TrackBack(0) | 2011年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする