2012年06月10日

早海さんと呼ばれる日 〜突貫スペシャル?!〜

「家族のうた」が3話短縮の打ち切り。
http://www.fujitv.co.jp/kazokunouta/index.html

そのうちの2週が、「早海さんと呼ばれる日」がスペシャルとして復活。
http://www.fujitv.co.jp/hayamisan/index.html

終了後、3か月以内にスペシャルが放送されるのは、珍しい。
と思ったが、「デカワンコ」はわずか1か月後にスペシャル版が
放送されていたことを思い出した。

いや〜ベタなスペシャル。
というか、ベタさに磨きがかかったと思う。
あえてそこに行ったならば、大成功だと思う。

要潤が山口紗弥加と結婚できてよかった〜
プロポーズに至る過程も、プロポーズももベタ。
でもなんだか安心。不思議だ。

小島籐子かわいいなぁ。えくぼが美しい。
内田有紀はやっぱり安定してかわいい。
松下奈緒より遥かに顔の小さい内田有紀。

ラストのバスに乗る前の内田有紀の表情は秀逸。
「キャンパスノート」で輝いていた内田有紀を髣髴させた。

後編も楽しみ。

要潤。顔長い・・・
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 ☔| Comment(30) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

運命の人 〜沖縄編をきちっと描けばよかったのに〜

「運命の人」最終回2時間スペシャルは沖縄が舞台。
http://www.tbs.co.jp/unmeinohito/

ここにもっとフォーカスしてれば、話題になったんじゃないかな。
もったいない。
TBSもやっと踏み込んだか、という感じである。

謝花ミチ役を演じた美波が良かった。
http://www.horipro.co.jp/talent/PF062/
http://www.museum-minami.jp/
そう、「下流の宴」で宮城珠緒役を演じた女優である。

ただ、ここまでの描き方が微妙だったので「運命の人」という言葉を
ラストで無理やり使ったように見えて残念だった。

松たか子が光らなかったなぁ。
タグ:運命の人
posted by ようすけざん at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

運命の人 〜がっかりな展開で残念すぎる〜

TBS日曜劇場「運命の人」が残念すぎた。
http://www.tbs.co.jp/unmeinohito/

沖縄返還をはじめ政治と新聞社の戦いがメインだと思いきや
本木雅弘と真木よう子の不倫裁判をメインとしか思えない。
途中の数話で完結するのかと思いきや、ラストまで引っ張ってきました。
本当にがっかりだ。

そりゃ、国がどうだ、新聞社がどうだって、テレビ局が描けるわけないか。
「沖縄返還に密約があった」ということを改めて取り上げただけでも
TBSとしては冒険だったのかもしれない。

それにしても、出演者も豪華だっただけに、本当に残念だ。

最終回がどのような展開になるか。
ここまで来たから最後まで見届けよう。

posted by ようすけざん at 01:05| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

恋愛ニート 〜市川実日子と本田翼〜

2012年1月クールのTBS金曜ドラマは「恋愛ニート」
http://www.tbs.co.jp/renai-neet/

正直期待していなかったのだが、単なる恋愛ドラマじゃない感じで面白かった。
室井滋の存在がミソ。
それに、離婚式からはじまり、そこで6人が出会うという設定がいい。

市川実和子は苦手なんだけど、市川実日子はかわいい。
http://www.suurkiitos.com/
仲間由紀恵とりょうと市川実日子の絡みもテンポが良くてなかなか。
「最高の人生の終わり方」があまりにひどいので、よく見えるのか・・・
それにしても、市川実日子はもっと連ドラに使われてもいいのではないかな。

そして今回の注目は、本田翼のドラマ初主演。
http://www.stardust.co.jp/profile/hondatsubasa.html
「つーさんち」というブログも開設している人気のモデルさん。
http://star-studio.jp/tsubasa/
確かにかわいい。そして演技もまだまだ発展途上だが悪くない。
これは今後に十分期待!!

やっぱりオリジナル作品のドラマはいいなぁ。
posted by ようすけざん at 23:50| 東京 ☁| Comment(342) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

13歳のハローワーク 〜なぜ13歳のハローワークなのか?〜

2012年1月クールのテレビ朝日金曜ナイトドラマは「13歳のハローワーク」
http://www.tv-asahi.co.jp/13sai/

なぜ今「13歳のハローワーク」なんだろうか?
でも題材は面白いし、見てみようというきっかけにはなるけどよくわからない。
ただ、大石哲也脚本で、MMJ制作というのは期待が持てる。

そして、松岡昌宏は「高校生レストラン」のような真面目な感じではなく
コメディタッチの作品の方が魅力が存分に出るので期待できる。
そういえば、松岡昌宏は1977年1月11日生まれ。同じ年なんだよなぁ。

内容と言えば、やっぱり「13歳のハローワーク」の要素がどこに活かされているのか?
というくらい名前貸しの状態。村上龍はこれでいいのか??

タイムスリップしながら過去を変えて、未来が変えていくというのは、
ありふれた展開でどっかで見たことある的な話の展開。

でも、テンポの良さも含めて、第2話は見てみよう。

それにしても、予算の関係なのか、バブルのバブル感がチープだ。
posted by ようすけざん at 02:39| 東京 ☀| Comment(318) | TrackBack(1) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

ラッキーセブン 〜なんで殴り合っているの?〜

フジテレビ月9は「ラッキーセブン」
http://www.fujitv.co.jp/lucky-seven/index.html

松本潤、瑛太、大泉洋、仲里依紗、角野卓造、松嶋菜々子、入来茉里
の7人で「ラッキーセブン」ということなのだろうか?

松本潤の不倫現場から始まるあたりはなかなか面白かった。
だけど、いつのまにか松本潤と瑛太が殴り合っているという意味不明な展開に。
男同士殴り合うところから仲良くなっていくとでも描きたかったのだろうか?

それにしても、松嶋菜々子はすっかりミタさん。
普通の声でしゃべられる方に違和感すら感じる。
松嶋菜々子が「家政婦のミタ」の続編をやりたくないといっているのであれば正しい。
他の役がすべておかしく見えてしまうだろう。
「家政婦のミタ」終了直後の、タイミングでこの役は良かったと思う。

それにしてもよくわからない第1話であった。
posted by ようすけざん at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

運命の人 〜日本は今も昔も変わらないのか・・・〜

「南極大陸」に続く、日曜劇場は山崎豊子原作「運命の人」
http://www.tbs.co.jp/unmeinohito/

正直、「南極大陸」よりも相当面白い。
同じ山崎豊子原作の「華麗なる一族」同様、戦後日本の変わっていく様を描いている。

沖縄返還をめぐって、国は国民に”嘘”をついた。
これは40年近く経った今でもこの腐った国の体質は変わっていないようだ。

SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)で放射能がどのように移動するかを
国は知っていながら、公表しなかった。
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/index.html
誰のために公表しなかったのか?意味が全く分からない。

このドラマの主人公である本木雅弘は、
新聞記者という立場からこの嘘を暴く、というより、
真実を伝えようとしている。

現実、現在新聞記者でこのような気骨のある記者はいるのだろうか?
記者クラブに所属して、嘘の片棒を担いでいるのではないだろうか?

TBSはこのドラマを描いている責任として、きちんと報道する体制と心構えを持ってほしい。
期待していないが・・・

ドラマとして、とにかく今後が楽しみである。

それにしても、真木よう子エロいなぁ〜
タグ:運命の人
posted by ようすけざん at 23:59| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語 〜おかもとまり・・・〜

すごいタイトルのドラマがテレビ東京ドラマ24の枠で始まった。
「撮らないで下さい!!グラビアアイドル裏物語」
http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/index.html
グラビアアイドル不遇の時代。「グラビア界の復興」を掲げて、テレビ東京がアイドルユニット「テレ東7ちゃんガールズ(仮)」の結成を決定した。開催され
たオーディションには各事務所から応募が殺到し、一次審査を経て19名のグラドルたちが決勝に進むこととなる。そして、一次審査から一週間経った決勝審査
当日。様々な思いを抱えつつそれぞれ控室で審査を待つグラドルたちだったが、控室であるトラブルが起こり…。
グラビアアイドル19人は以下の通り。
秋月三佳 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast01.html#castnav
大橋沙代子 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast02.html#castnav
おかもとまり http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast03.html#castnav
尾崎ナナ http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast04.html#castnav
鎌田奈津美 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast05.html#castnav
川村ゆきえ http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast06.html#castnav
川村りか http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast07.html#castnav
桐山瑠衣 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast08.html#castnav
小松彩夏 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast09.html#castnav
杉原杏璃 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast10.html#castnav
高橋亜由美 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast11.html#castnav
館恵美 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast12.html#castnav
手島優 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast13.html#castnav
中川朋美 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast14.html#castnav
中村一 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast15.html#castnav
菜乃花 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast16.html#castnav
仁藤みさき http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast17.html#castnav
丸高愛実 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast18.html#castnav
和田絵莉 http://www.tv-tokyo.co.jp/audition/cast/cast19.html#castnav

おかもとえりは、「ピカルの定理」で掴みかけたブレイクのきっかけを逃して、19人のうちのひとりに。
群馬県出身だし、もう少し頑張ってほしいなぁ。

ドラマとしてはよくわからない・・・
次回もみてみようか。
posted by ようすけざん at 00:59| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

ダーティ・ママ! 〜なんだか強引過ぎる展開・・・〜

秦建日子原作の作品を永作博美主演でドラマ化された「ダーティ・ママ!」
http://www.ntv.co.jp/dirtymama/

開始20分で興ざめしたのが、アンジャッシュ児島の会社にあっさり入って
しかも誰もいない社長室に入って、パソコン勝手にいじって、
重要なファイルが分かりやすいところにあって、ファイルを勝手にコピーできるって・・・
意味わからない。

そして挙句の果てに、警察の前で西田尚美がアンジャッシュ児島の車に乗るという展開。
なんだそれ・・・

小説では展開できそうでも、映像にしたら無理ってことはある。
脚本家が落とせていないのではないだろうか。

1回目でリタイアだな。
posted by ようすけざん at 03:09| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

最高の人生終り方-エンディングプランナー- 〜スタッフが映っちゃった・・・〜

やってしまった。
山下智久が遺言を読むシーンでスタッフが窓ガラスに映ってた・・・
チェックして誰も気づかなかったのかなぁ〜

と、ケチがついて始まった
TBSの木曜ドラマ9「最高の人生終り方-エンディングプランナー-」
http://www.tbs.co.jp/saikou-no-jinsei/

う〜ん、少し期待しすぎてしまったかなぁ、渡辺千穂脚本に。
結構ベタな展開できたので、ちょっと物足りなかった。
前半と後半のメリハリが足りないから、後半ぐっと来ない感じかなぁ。
脚本というよりも、演出がイマイチなのかも。


きちんと第1話で伏線を張った感じ。高校の先生とか。
まぁ、次回以降の展開に期待してみよう。

榮倉奈々が、警察官ぽいちょっと強めの口調なのが無理していて、
痛々しい反面、かわいくも思える不思議な感じ。

前田敦子はちょっと太りすぎか?
肉厚すぎる。

山下智久と山崎務の「クロサギ」コンビは安定していて見ていて安心。

それにしても、バナナマン設楽というキャスティングには驚く。
死に顔が今にも笑いそうな感じがして・・・こっちが笑ってしまったよ。
好きだけどシリアス系ドラマは無理じゃないか?
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 ☀| Comment(99) | TrackBack(0) | 2012年1月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする