「暴走検察」を読んで思うこと

ツイッターをはじめて思うことは、とにかくさまざまな情報が入ってくるということ。 その中でも、上杉隆という人物を知って大きく政治やその周辺に関わることへの 考え方が変わった。 まずは「暴走検察」だ。 週刊朝日に連載されたものを再構成した書籍である。 この「暴走検察」の中では、今話題になっている村木厚子さんに対する冤罪事件で逮捕された …

続きを読む

書籍全般Comment (0)

「ガラスの巨塔」を読んで思うこと

「プロジェクトX」の元プロデューサーが万引きで捕まった。 その記憶を最後に「プロジェクトX」については、終わっていた・・・ その今井彰氏が書いた「ガラスの巨塔」。 なぜ、万引きをして捕まった人が書籍を堂々と書けるのか?? と思ったら、本当に大変申し訳ない。 http://www.sponichi.co.jp/society/flash…

続きを読む

書籍全般Comment (12)

いただき!!キン肉マン だじゃれだよ!ちょう人大しゅうごう!!のまき

キン肉マンのかわいい絵本第4弾は 「いただき!!キン肉マン だじゃれだよ!ちょう人大しゅうごう!!」 子供が喜ぶだじゃれの嵐。 ちょっと難しいっていうか、強引なだじゃれもあるけど、楽しい。 今回は、キング・ザ・100トン、ザ・フィッシャーズ、ジャンクマンなどが初登場。 いずれもかわいい。 6歳の娘にとってキン肉マンは、「いた…

続きを読む

書籍全般Comment (2)

いただき!!キン肉マン かるただよ!ちょう人大しゅうごう!!のまき

かわいいキン肉マンの絵本第3弾は 「いただき!!キン肉マン かるただよ!ちょう人大しゅうごう!!」 いままでのものと違って、ストーリーではなく50音のかるた仕様。 王位争奪戦で登場した、 ビックボディ、マリポーサー、ゼブラ、ソルジャー、スーパー・フェニックスも 絵本チックに。かわいい。 まさか、デビル・マジシャンまで登場するとは…

続きを読む

書籍全般Comment (2)

いただき!!キン肉マン たいけつ!てんどんかいじゅうテンドーンのまき

とってもかわいいキン肉マン絵本第2弾は 「いただき!!キン肉マン たいけつ!てんどんかいじゅうテンドーンの巻」 キン骨マンとイワオが、アンパンマンのバイキンマンとドキンちゃんみたいに登場。 キン骨マンとイワオもかわいい。 そして、 ラーメンマンのレッグ・ラリアート ウォーズマンのスクリュー・ドライバー バッファローマンのハリケ…

続きを読む

書籍全般Comment (9)

いただき!!キン肉マン さくれつ!ゆうじょうパワーのまき

あの伝説の漫画「キン肉マン」に子供向け絵本があることはご存知ですか?? その第一弾が「いただき!!キン肉マン さくれつ!ゆうじょうパワーの巻」 キン肉マンをはじめ、テリーマン、バッファローマンなども優しいタッチでかわいい。 あの激闘を繰り広げているキン肉マンとは大違い。 どちらかというと、キン肉マンの1・2巻のコメディタッチの作品に近い…

続きを読む

書籍全般Comment (1)

元素生活 ~苦手な元素もばっちり?!~

久々本屋で見つけた楽しい本「元素生活」 寄藤文平さんが描く、「こんなに元素って楽しかったんだ!」と気付かされる1冊。 中学・高校時代に欲しかったなぁ。 小学生のときに見ていれば、化学の世界に・・・っていうのは言いすぎかも。 でもそこまで言えちゃうほど。 4章の「体の中の元素」が特に面白い。 ぜひ読んでみてください!!! 寄…

続きを読む

書籍全般Comment (1)

寛容力-怒らないから選手は伸びる- ~群馬のヒーロー~

2008年シーズンの日本一は「埼玉西武ライオンズ」だった。 そんな、「埼玉西武ライオンズ」は2007年シーズンで26年ぶりにBクラス、 しかも5位に落ち込んだ。 そのどん底のチームをわずか1年で立て直したのが、渡辺久信監督。 わが田舎前橋が誇るプロ野球選手である。 出身は前橋工業高校という、今でこそ2001年から遠ざかっているものの野…

続きを読む

書籍全般Comment (5)

パパママバイバイ

2007年8月15日は62回目の終戦記念日。 その終戦記念日の30年後に起きた出来事についてを描いた絵本を紹介したい。 「パパママバイバイ (子ども平和図書館)」である。 1977年9月27日に起きた「横浜市緑区の米軍機墜落事件」をご存知だろうか? 私が生まれた年に起きた衝撃的な事故である。 詳しくは、下記をご覧下さい。 http:…

続きを読む

書籍全般Comment (64)

明日の記憶 ~明日は我が身と思うと・・・~

アルツハイマーは老人の病気だと思っていた。 そして、単に”もの忘れ”というレベルのものだと思っていた。 それが実は大きな間違い。 若年性アルツハイマーという病気があり、 しかも数年で死につながる病気なのだ。 荻原浩の「明日の記憶」は、 若年性アルツハイマーに犯された 49歳の広告代理店営業部長が主人公。 渡辺謙が原作を読み、…

続きを読む

書籍全般Comment (0)