2007年07月11日

のだめカンタービレ スペシャル放送決定!!

2007年1月2日 のだめカンタービレ 最終回
http://yosukezan.seesaa.net/article/30838894.html
で書いたとおり、スペシャルとして2008年に2夜連続で放送が決定。

もう少し早いタイミングかなと思っていたが、2008年春放送となった。
とにかく嬉しいニュース。
のだめと千秋先輩のその後が知れるとは。

のだめがフジ系新春スペシャルで帰ってくる!2夜連続放送
上野樹里と玉木宏が演じたのだめと千秋の恋は、パリで進展するのか…。スペ版への期待が高まるドラマ「のだめカンタービレ」
昨年10月期に放送され、クラシックファンを急増させたフジテレビ系月9ドラマ「のだめカンタービレ」がスペシャルドラマになることが10日、分かった。放送終了後、続編希望のメッセージを寄せるファンに応えたもの。舞台を花の都、パリに移し、上野樹里(21)扮する主人公のだめと、玉木宏(27)が演じた千秋のその後を描く。来年新春の目玉として2夜連続放送される。

破天荒ピアニストにまた会える!と、喜んでいるのはファンだけではない。「パリに舞台を移し、前回とはまた違った“のだめワールド”を思いっきり楽しんで演じたいです」。のだめこと、野田恵役がハマりにハマった上野が好演を約束した。

フジによると、スペシャル版制作の原動力になったのは、ファンの声。公式HPには、放送終了後も続編を望む声や、再放送を希望する書き込みが寄せられ、その数は現在まで約1万件。また、同局のHP内のアクセスランキングで、放送が終わり7カ月がたった現在でも、20位内にランクインしている。

スペ版では、連ドラのラストでパリに留学したのだめと千秋のその後を描く。二ノ宮知子さん原作のコミックに描かれている、のだめのアパートの同居人で、同じ音大に通うロシア人やフランス人など、ドラマでの新キャラクターが登場予定。

 同局の若松央樹プロデューサーは「のだめ、千秋がフランスでも大爆発。海外制作の課題である外国人の設定や言葉の壁も逆手にとって、のだめワールドらしく、面白おかしく、また、感動もスケール感も何倍にもパワーアップして描いていきます」と約束した。

 一方、女性ファンに、“千秋さま”と呼ばれる人気キャラを熱演した玉木は、「『のだめカンタービレ』が帰ってくることになり、僕自身、期待感が膨らむ日々を過ごしています。音楽、フランス語、フランスでの生活などなど今回も課題が多いようですが、ひとつひとつのハードルをクリアしながら、千秋真一を精いっぱい演じていきたいと考えています」とコメントを寄せた。
パリを中心とした海外ロケは今秋、約3週間にわたって行われる予定。

★「のだめオーケストラ」クリスマス公演決定
 ドラマのために結成され、のだめの仲間として作品に出演していた「のだめオーケストラ」が、12月18日から同28日まで、東京・銀座のル テアトル銀座でクリスマスコンサートを行うことが決定(詳細は未定)。同オケ演奏のCDは40万枚というクラシック界で異例の売り上げを記録、コンサートはスペシャルドラマを盛り上げる“前奏曲”になりそうだ。(SANSPO.COM)

posted by ようすけざん at 23:39| 東京 ☔| Comment(44) | TrackBack(6) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

のだめカンタービレ 〜念願のDVD発売決定!!〜

「のだめカンタービレ」が、2007年5月25日にDVDで発売決定!!
これで、まもなく3歳になる私の娘の”YOUTUBE”依存も少しは解消される。
てっきり、音楽の版権の問題でDVD化はおろか、再放送も難しいのかと
思ったので一安心。

posted by ようすけざん at 00:57| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

のだめカンタービレ 最終回

いやいやなんだかんだ言って、今クール最高の出来ではないでしょうか。
楽しかった〜というのが、率直な感想。
最初の評価を低くしてしまったことと、
上野樹里の評価を非常に低くしてしまったことを後悔した。
それくらい、良い作品に仕上がった。

”恋愛”部分と”演奏”部分にきちんとメリハリをつけたところがいいのだろう。
とにかく、テンポの良さも高評価。
最終回の河川敷で千秋とのだめが抱き合うシーンは、名シーン。
のだめ、かわいい・・・と思ってしまった。

やはり、キャスティングの勝利。最終回で改めて確信した。

 
上野樹里
玉木宏

瑛太
水川あさみ
小出恵介
伊武雅刀

及川光博
豊原功補
竹中直人

上記人物が特に良かった!!

それにしても、岩佐真悠子は伸びないなぁ。
バラエティを見たときの、性格の悪さはドン引きしたけど、
その影響があるのだろうか・・・

 
評価は、

☆☆☆☆☆☆☆☆(8つ)
原作に忠実にドラマ化したらしいのだが、それが功を奏した結果となった。
どう功を奏したかというと、「心配していた脚本家の力がそれほどでなかった」
ということである。
そして、キャスティングと演出力は圧倒的だった。
よく考えれば、月9久しぶりのヒット作では??

続編は難しいだろうが、スペシャルで復活か??

posted by ようすけざん at 00:17| 東京 ☁| Comment(48) | TrackBack(52) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

のだめカンタービレ 〜上野樹里熱演!!〜

上野樹里がんばっているね〜
回が進むに連れてその渾身の演技が伝わってくる。
当初は、好きになれず、かわいくなかった”のだめ”がかわいく思えてきた。
これは、上野樹里の演技力に他ならない。

 

のだめは、子供の頃のピアノの先生の言葉と暴力による
プレッシャーに傷ついてたんだ。
だからこそ、楽しんでピアノを弾きたい。
そう、楽しんでナンボ、ってことなんだよね。
のだめの気持ちは十二分に分かる。

「今日の料理」のテーマはイイねぇ。なんかほのぼのしちゃった。
あの着メロほしい!! 

 

このドラマのいいところは、漫画原作ということ完全にうまく利用している。
”頭の上での放電”や”真澄ちゃんのダッシュ”も、あの演出だからいいのだ。
中途半端でなく、あくまでも漫画のドラマ化なのだ。
楽しいし、感動できるし、なんかいい。
まぁ、月9でいいのか?!となると、月9ではないのだが。
以前であれば、火曜9時枠の作品。

posted by ようすけざん at 18:01| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(62) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

のだめカンタービレ 〜2歳児にも通用する?!〜

なんだかんだ言って、結局見続けている「のだめカンタービレ」。

実は、我が家で一番真剣に見ているのは2歳8ヶ月になる娘。
「のだめ、見る〜。のだめ、見る〜」
って言って、日に何度も録画したビデオを見ている。
恐るべし、のだめ。


初回評価は低くしてしまったが、 
コメディドラマとしてみれば、テンポも良いし見やすい。
上野樹里と玉木宏もがんばっていて、コンビ演技もなかなか良い。
瑛太と小出恵介もそれぞれ独特なキャラクターを構築している。

ひとつ気になったのは「セーラー服と機関銃」の長澤まさみ級に
疲れてらっしゃる水川あさみだ。
大丈夫か、心配してしまうほどちょっとひどい。

畑野ひろ子も久々に出ているが、影薄すぎ。

この作品は、スペシャル・第二弾と続いていくのだろう。
そう考えると、どう最終回をまとめるかが楽しみだ。
posted by ようすけざん at 03:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

のだめカンタービレ 初回

つら〜い!!
原作読者の評価は高いようだが、読んだことのない人にとっては
空回りもいいところ。
必死にキャラにあわせようとして、演技や演出しているのは
良くわかるのだが・・・

よくよく考えると、なんかお芝居っぽいんだよなぁ。
演技も演出もキャラも大袈裟、ってところが。

それにそれにどうしてもしょうがないピアノを含めた楽器の演奏。
これで冷めちゃうんだよね。
だって、どう考えても本人じゃないんだから。
楽器を使う作品の宿命だから、いまさら何を言っても
どうしようもないんだけどね。

そしてそして、最悪なことに、演出にメリハリがない。
なんだか、ダラダラと一時間強が流れていった感じでしかない。

それに”のだめ”って原作だとあんなに人に好かれない感じなのだろうか。
上野樹里のせい??っていうわけでもない気がするけど。
なんか好きになれない、っていうか”うざい”。
3ヶ月付き合っていこうという気は第1回では起きなかった。
とはいえ、あまりに評判がいいのでもう1回は見てみようと思う。
 banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ Blogle ブログる。 日本最大級のブログポータルサイト
posted by ようすけざん at 02:42| 東京 🌁| Comment(16) | TrackBack(42) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

のだめカンタービレ 〜TBSからの移籍か??〜

上野樹里と玉木宏主演で「のだめカンタービレ」が月9でドラマ化。
噂では、2005年10月クールTBS金曜ドラマ枠で制作予定だったものが、
なんらかの理由でお蔵になったと思ってた。
そしたら、なんと月9で復帰・・・
事実だとしたら、面白い話だなぁ〜
 
女優の上野樹里(20)と俳優、玉木宏(26)が10月16日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「のだめカンタービレ」にW主演することが9日、分かった。「のだめ−」は今年7月現在、単行本15巻が1100万部を超える超人気漫画。上野は部屋がごみためのように汚いという奇人かつ天才的ピアニスト、玉木はエリート音大生に扮する。月9初主演で初共演の2人が、青春爆笑コメディーをどんな風に奏でるか、注目だ。

漫画誌「KISS」(講談社)での連載開始当初から、その題材と原作者・二ノ宮知子さんの徹底的な取材に裏打ちされたリアリティー、魅力的なキャラクター設定が熱狂的ファンを獲得し、同漫画の影響でクラシックに目覚めたという若者が続出した「のだめ」。
この超人気作のドラマ化をゲットしたのはフジ。しかも、ラブストーリー中心の題材が多い月9枠で、“奇人”をヒロインに据えた爆笑コメディーに挑戦する。
タイトルの「のだめ」は上野扮する桃ヶ丘音大ピアノ科に在籍する主人公・野田恵のあだ名。この「のだめ」がくせ者で、音楽を一度聴けばその通りに弾けるという天才的な一面を持ちながら、楽譜を読むのが苦手、風呂嫌い、掃除嫌い、友人の弁当を盗み食う…という破天荒キャラ。
月9のヒロインでは異例の奇人ぶりだが、同局の若松央樹プロデューサーは、「かつてない斬新なキャラクター同士のラブストーリーに加え、クラシックと真摯に向き合う更なる奇想天外なキャラクターたちのぶつかりあい、それが青春ギャグコメディーとして見事なハーモニーを奏でている」と全体としての魅力をあげた。
映画「スウィングガールズ」でバンドに青春を賭ける女子高生を演じ、その瑞々しい演技が高い評価を受けた上野は、2度目の音楽もの。「原作がとても面白いので、ドラマも負けないように最後までパワフルにハートフルに頑張りたい」とコメントを寄せた。

「のだめ」が一目ぼれし、のだめの影響を受けて変わっていく音楽一家に生まれたエリート音大生、千秋役の玉木は、クラシックには縁がなかったため、現在、ピアノ、バイオリン、指揮を猛特訓中。「ぼく自身は千秋のような天才とはかけ離れていますが、全身全霊を込めて千秋という役柄を楽しんで演じきりたい」と撮影を心待ちにしているという。【後略】(サンスポ.COM)
 
それにしても、月9枠も迷走状態だな〜
復権なるか!!
とにかく、期待できるひとつの作品に間違いはない!!
banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ
posted by ようすけざん at 06:07| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(1) |  のだめカンタービレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする