2014年06月06日

アリスの棘 〜國村隼の詰め甘すぎ〜

いや〜まさか中盤で中村蒼と岩城滉一親子が亡くなるとは。

「アリスの棘」も6月13日が最終回。残すところあと1回。
最初にも言った通り、岩城滉一があっさりと消されてしまったので
第9話は、國村隼だけを詰めることになった。

それにしても手術室でしゃべりすぎてしまう國村隼のおちゃめさ。
う〜ん、詰めが甘すぎ。おい、おいって感じだな。

そして大事なものが入っているはずの保管庫のパスワードが短すぎる。
数字2桁って・・・そんなパスワードないだろ。
逆にあてられないかもしれないか・・・

ということで、突っ込みどころはたくさんあったが、楽しんでみていたのに
ここまで深く突っ込むネタがここまで出てくるとは思わなかった。

最終回、オダギリジョーは・・・
なんだかんだ言っても最後まで楽しみではある。
posted by ようすけざん at 23:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

ルーズヴェルト・ゲーム 〜マキタスポーツがいいところにいる〜

佳境に入ってきた「ルーズヴェルト・ゲーム」

まさか都市対抗野球に敗者復活があるとは思わなかった・・・
だからイツワ電器と3回戦で当たったのか。
確かに都市対抗野球のページを見ると敗者復活という表記がある。

ということで、会社も野球部もイツワ電器へのリベンジになっていく。
「ごちそうさん」で一躍脚光を浴びた和田正人が、「ルーズヴェルト・ゲーム」でもいいポジション。
HP上でも1コーナーもっているし。
今後も楽しみな俳優だ。

それにしても、そろそろ平井理央が何かしてもいいんだけどな。
ほんとそうじゃないと意味なさすぎる。
まだ、台詞10個もしゃべっていないんじゃないか??
posted by ようすけざん at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

ロング・グッドバイ 〜かっこいいだけでもよかったのか?!〜

「ロング・グッドバイ」が最終回を迎えた。全5回。

正直なところ、3回くらいでまとめたほうが美しかったのではないだろうか。
なんだか3・4回の間延び感が否めなかった。

浅野忠信のかっこよさとこだわりの演出は十分に評価できた。
NHKでなくては、できない作品だった。
さすがである。

渡辺あやの次回脚本に期待である。
posted by ようすけざん at 01:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

ルーズヴェルト・ゲーム 〜唐沢寿明の役に好感持てない〜

2014年4月クールのTBS日曜劇場は「ルーズヴェルト・ゲーム」
池井戸潤原作で誰もが「半沢直樹」を意識せざるをえない。

ただもちろん全く違う切り口だし、
会社再建と野球部再建の2つの話を展開していくあたりは見応えがある。

そして、今回の収穫は2人。
立川談春の悪タヌキっぷりだ。これはいい。
そして、工藤阿須加。工藤公康の長男。投げっぷりもいいし、演技も魅力的。
逆に意味不明は、平井理央。まぁ触れる必要もないくらい。

とはいえ、唐沢寿明の役柄が、感情移入どころからなんとも好きになれない。
これは致命的。話がどう展開していくかが楽しみではあるものの、心配でもある。

野球の場面はリアリティがあっていい。すごく編集にも時間かけているんだろうな。
「弱くても勝てます」のスタッフは少しでも見習った方がいい。
posted by ようすけざん at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ファースト・クラス 〜沢尻エリカはやっぱりいい〜

沢尻エリカ主演の「ファースト・クラス」

沢尻エリカの連ドラ主演は2006年7月クールの「タイヨウのうた」以来約8年ぶり。
いろいろあったけど、戻ってこれるのは彼女の女優としての魅力だと思う。
なんだかんだ言って美しいし、いい表情するなと思う。

そして、「ファースト・クラス」
これがなかなか面白い。

その要因は、沢尻エリカの魅力もあるのだが、演出による影響が大きい。
深層心理を字幕で表現するなど、新しい試みでテンポ良い作品になっている。
視聴者の想像を排除するという点で、賛否あるかもしれないが面白い。

脚本は、女性のいがみあいを書かせる作品での登板が多い渡辺千穂。
好きではない脚本家のひとり。
息切れしない展開を期待したい。

今クールのダークホースである。

posted by ようすけざん at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

弱くても勝てます 〜絶対、ただ弱いだけにしか見えない〜

嵐の二宮和也主演の「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」

期待度の高い作品であったのだが、とにかく学生たちに知的さが欠けすぎていて
単なる弱小のチームにしか見えないのだ。

福士蒼汰のピッチングを見て唖然茫然。
どうした、どうした・・・
忙しいかもしれないけど、もう少し練習しようよ。
っていうか、運動神経鈍い??

でも、プロフィールに特技バク転って書いてある。
あと、二宮和也は好きだけど、この役作りはちょっと厳しい。

いずれにせよ知的さの欠如。
題材は悪くないだけに、日本テレビの料理の仕方が悪かったのだと考える。
posted by ようすけざん at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

極悪がんぼ 〜いつもの尾野真千子で魅力薄い〜

2014年4月クールの月9は「極悪がんぼ」。

尾野真千子主演で、
脇役が、椎名桔平、三浦友和、小林薫、宮藤官九郎
オダギリジョーと贅沢。

ただ結果贅沢なだけあって無駄遣い。
小林薫なんて、いてもいなくてもって感じだよな。
そして、三浦友和がサンドウィッチマン伊達みきおにしか見えないし。

月9にあえてこの作品。
そして、原作の主人公が男性なのにあえて女性にチェンジ。
そして、尾野真千子主演だからこそ、
イメージできる尾野真千子像でなく、異なる切り口で攻めなくてはならなかった。

はっきりいって汚い話にしか見えない。
どこかに救いがなければ見る気にもならないのだが、どうもその要素が感じられない。

作品自体の見直しも急務だが、
少なくとも編成的には「続・最後から二番目の恋」と入れ替えるべきだった。
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

ロング・グッドバイ 〜単純にかっこいいドラマ〜

2014年4月クールのNHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」

脚本が「カーネーション」の渡辺あや、音楽が「あまちゃん」の大友良英
というだけでも魅力的なこの作品。

第1話を見る限り、確かにかっこいい。
浅野忠信連続ドラマ初主演というのもあってか、こだわって作っている。

1話だからまだまだ登場人物紹介という感じだが、
このこだわりがどこまで続けられるか今後4回が楽しみである。

それにしてもNHKの予算の掛け方って、民放と大きく違うんだろうなぁ〜
素人が見てもわかるのだから相当なものなのかもしれない。
posted by ようすけざん at 01:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

俺のダンディズム 〜滝藤賢一は”たきとうけんいち”〜

テレビ東京のドラマが面白い。
バラエティ同様に低予算ながら、アイディア勝負の佳作が多い。

この「俺のダンディズム」も
なかなか面白い。
「半沢直樹」で脚光を浴びた滝藤賢一が主演。
表情豊かで、見ているだけで面白い。
滝藤賢一は、1976年11月2日生まれの37歳なので私と同じ学年。

高すぎる商品が紹介されるうえに、まったく興味がないはずなんだけど、
何となく欲しくなってしまう。
これは製作者側の勝利である。

目の付け所が面白い。
posted by ようすけざん at 02:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

ブラック・プレジデント 〜ブラック企業の定義は?〜

尾崎将也脚本というと、阿部寛主演作品を書くイメージがとても強い。
2014年4月クールは、沢村一樹主演「ブラック・プレジデント」
で筆をふるう。

ブラック企業の社長である沢村一樹が大学生になる展開は面白い。
でもあんまり沢村一樹の会社がブラック企業っぽくない感じがしてリアリティがない。
設定だけの話ってことなのかもしれないけど。

話題の門脇麦も魅力なのだが、
同じ部活の高月彩良にも注目。
事務所が黒木メイサと同じ。

それにしても「スウィートパワー」すごいな。
堀北真希、黒木メイサ、桐谷美玲が所属しているのか。

話は戻って、「ブラック・プレジデント」。
単純に沢村一樹がいい人になるってことにならないだろうけど、
どういう展開になっていくか楽しみである。
posted by ようすけざん at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする