2015年04月30日

探偵の探偵 〜”フジテレビ初主演”とかウリにならないから〜

2015年7月クールの木曜劇場は北川景子主演の「探偵の探偵」

北川景子フジテレビ初主演らしい・・・

「フジテレビ初主演」「TBS初主演」のような局に限った初出演という表現。
各局のドラマのリリースで少なくない。

今クールも、
木村拓哉の「アイムホーム」でテレビ朝日初主演。
堺雅人の「Dr.倫太郎」で日本テレビ初主演。
がそうだ。

これって、はっきり言って視聴者を完全に無視している、というか
マスターベーション的な表現でしかない。
局でドラマを見ている人がどれだけいるのだろうか、本当にあきれる。
それくらいドラマの内容を売るネタがないのかと勘ぐってしまう。

とはいえ、内容が面白いかどうかはまた別の話なので、期待したい。
ただ、徳永友一脚本はちょっと苦手なんだよな。

フジテレビ系7月期スタートの木曜22時枠の連続ドラマ『探偵の探偵』で北川景子が主演を務めることが決定した。北川はフジテレビ連続ドラマ初主演で、今作品で初の探偵役、初の本格アクションに挑戦する。
原作は、『万能鑑定士Q』シリーズや『千里眼』シリーズで累計1000万部以上の売上を誇る松岡圭祐が書き下ろす最新シリーズで、シリーズ累計40万部を突破した『探偵の探偵』 (講談社)。「探偵を追う探偵」という異色の設定ながら、職業としての「探偵業」を徹底的な取材に基づくリアリティーで描写し、圧倒的なスピード感とス ケール感で読む者の心を虜にする、傑作サスペンス。幾重にも張り巡らされた伏線と先の読めない展開の連続で、ページをめくる手が止まらなくなる原作の魅力 を、迫力あるアクションや斬新な映像表現を用い、余すところなく映像化する。
北川演じる紗崎玲奈(ささき・れな)は、亡き妹のため命がけで探偵を追う探偵。容姿端麗、頭脳明晰で、記憶力が 異常に良く、物事を総合的に判断して最適な行動を選択することができる能力の持ち主。実妹の死にまつわる残酷な過去をきっかけに、「探偵のすべてを知りた い、でも探偵にはなりたくない」という奇妙な希望を持って、中堅調査会社スマ・リサーチ社を訪れる。同社が経営するPIスクール(探偵学校)での2年間に わたる修行を経て、2013年4月に同社に入社。以降、新設された悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」において、たったひとりの調査員として切り盛 りしてきた孤独な女探偵だ。
オリコン調査の「女性の選ぶなりたい顔ランキング」で、2010年、2013年、2014年と3度も1位に輝い ている北川は、原作者・松岡に「生き写し」と言わしめるほど、主人公・紗崎玲奈のイメージそのもの。原作に「髪はストレートで長く、小顔には少しばかり吊 りあがった大きな瞳と、すっきりと通った鼻すじがあった。肌は透けるほどに瑞々しく、身体の細さは服の上からも推察できた。物憂げな表情と冷ややかな態 度、あのすわった目つきと落ち着きぶりはどうだろう」と玲奈についての描写があるが、今回の発表用に原作2巻表紙のイラストをイメージして赤いトレンチ コートを着て撮影した写真も「まるで表紙から抜け出してきたよう」と松岡は評した。精神科医、お嬢様、教師、脚本家志望の契約社員、検察事務官など、これ まで様々な職業、役柄を演じてきた北川。原作者も絶賛!イメージを裏切らない彼女の演技に話題が集まりそうだ。
多くの視聴者を引きつけた『HERO』(2014年7月期ドラマ)のプロデューサーを務めた渡辺恒也が「今まで にない新しい作品を作りたい」と思いドラマ化にまい進した企画を、原作イメージに限りなく近い雰囲気の北川が魅せる演技と、『私が恋愛できない理由』や 『BOSS』で視聴者をとりこにした映像が記憶に残る石井祐介演出という布陣で制作する本格サスペンス、『探偵の探偵』にご期待いただきたい。(フジテレビHPより)
posted by ようすけざん at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年7月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする