2007年06月29日

わたしたちの教科書 最終回

明日香の死はいじめを苦にした自殺ではなく、事故死だった・・・
場面場面で感動できる部分はあるのだが、
全話話が通っていたかというとそういう気がしない。

それにしても、その場しのぎの台本は痛々しかった。
決まっていたのは明日香の死が事故死ということくらいで
あとは無理矢理積み上げていったのではないだろうか。

音也は広すぎた話を全てを処理するためにでてきたような都合の良いキャラクターであり
加地においては、存在感どころかキャラクターとして必要性が終盤不必要だった。

シーンや気持ちを全部台詞で処理しようとしている感がある。
だから説明的な台詞が多くなり、現実的でない感じがする。

演出もひどかった。
音也が学校に立てこもったシーンはコントかと思うほど
緊迫感を感じられなかった。
加地が刺された意味もよく分からないし、
兼良も本当に気持ちが変わったのかもよく分からない。

このドラマ何をしたかったのだろうか?
「わたしたちの教科書」とは??
明日香や朋美をいじめていた学生たちは??
雨木の息子のその後は?

驚いたのは、志田未来のキャストロールの順番。
トリの風吹ジュンのひとつ手前!!
すごい扱いだなぁ~
まぁ、彼女の存在かは圧倒的。
この作品が超駄作にならなかったひとつの要因は
志田未来のおかげであろう。

評価
☆☆☆(3つ)
今クールもっとも期待はずれだった作品となった。
とにかく坂元裕二の脚本力のなさがものを言った。
ただ、原作ものということの評価はしたい。

posted by ようすけざん at 23:36| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(21) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

バンビ~ノ 最終回

続編に期待を持たせる終わり方だったことはいいのだが、
何度も言おう!!
最終回なんだから、吹石一恵少しくらいだそうよ~

それにしても、話がなんだか最終回用に急展開した感じで少し驚いた。
いきなり店をやめる宍戸鉄幹。この辺は周到な伏線をはってほしかった。
ちょっと無理があったなぁ。

伴が東京に出てきたのと、イタリアに行ったときのシーンが
リンクしていたのは面白い。

そして、北村一輝と内田有紀と佐々木蔵之介のトリオ漫才??も
相変わらず好調で、この3人の成長も見ていきたい。

評価
☆☆☆☆☆☆☆(7つ)
演出、脚本もうまくマッチし、キャスト全員が魅力的に描かれた良作。
伴の成長だけでなく、それぞれのメンバーの成長が見たくなる作品は
なかなか見当たらない。
続編が楽しみだ。

posted by ようすけざん at 22:57| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(18) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

ライアーゲーム 最終回

いやいや前半は完全な総集編として諦めていたのだが
きちんと作られていました。あっぱれ!!
エリーがストーリーテラーとなって11話をうまくまとめあげた。

視聴率も最終回が最高視聴率13.6%で平均11.4%と
長年続いたバラエティ枠を打ち切った甲斐があった結果となった。

それにしても、見所満載の作品となった。
実は、一貫した目的のあった「ライアーゲーム」
キャラクターにも一貫性があって、特にフクナガのキャラは最終回まで活きていた。
フクナガの大どんでん返しも、想像できたものの楽しかった。
演出による効果も大きい。
「キャプテン翼」を思わせる個人を個人のショットの多用もなんか新鮮で
緊張感を生み出す演出であった。

評価
☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5つ)
今クールの最大の掘り出し物であり、最近では少ない次回が楽しみだった作品。
戸田恵梨香を見直したし、松田翔太の独特の演技力に魅了された。
鈴木浩介のキャラ作りも評価。
気の利いた凝った演出とタネ明かしをうまく表現した脚本もすばらしかった。
新ドラマ枠第一作の大役も成し遂げたことも評価できた作品だった。 
posted by ようすけざん at 23:07| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(28) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ライアーゲーム ~信じるものは救われないのか?!~

「ライアーゲーム」もいよいよ終盤。
テンポの良い演出で、あっという間に時間が過ぎていく。

その理由は物理的なもので2つある。
(1)放送時間
「ライアーゲーム」は、1時間ドラマではない。
23:10~23:55までの45分間。正味35分程度だろう。
30分枠だと短いし、60分枠だと長いし・・・という間を取っている。
実験枠としては正しい。

(2)主題歌
「ライアーゲーム」には主題歌が無い。
短いタイトルバックが存在するだけだ。
話が途切れることなく本編に入り、そのまま次回予告へつながる。
これも新しい。タイアップの要請なんていくらでもあるだろうに。

ソフト的な面で言えば、演出もすばらしい。
テンポが良い上にストーリーもきっちりとしているし、
1話1話の単発だけでなく、11話を通した作品となっているところも評価できる。

まさかカードを預かってお互い引き出しあっているなんて想像もつかなかった。
それにしても、直は今回もだまされてるわけで・・・
間違いなく続編もしくは映画が作られる含みを残すとはいえ、
どういう最終回となるか楽しみだ。

次回は3時間スペシャル。
でも、おそらく、っていうか間違いなく2時間近くは総集編であろう。
いつ始まるか分からないから、見なくてはいけない。
フジテレビの作戦勝ちだな。
posted by ようすけざん at 01:55| 東京 ☁| Comment(17) | TrackBack(1) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

わたしたちの教科書 ~期待外れすぎて悲しすぎる~

期待だけ煽っていながら、なんだこりゃ・・・

「まだ先生続けていたんだ・・・
向いていないのに、よくがんばった・・・ってね。」
というポーの加地への言葉

珠子が兼良を尋問をしなかった場面
は良かったのだが・・・

音也はいったい何者なんだろうという気が全く起こらないほど
惹かれないキャラクターなんだよなぁ。

それに兼良がどうしても「3年B組金八先生」の兼末健次郎に思えてしまう。
”兼”だけか・・・
それでも、いじめっ子がいじめられっ子になっていく様はリンクする。

ちなみにこの作品。
視聴率が絵に描いたようにV字回復している。
(10)12.1%
(9)11.9%
(8)11.0%
(7)10.2%
(6)10.1%
(5)*9.0%
(4)10.4%
(3)10.7%
(2)11.3%
(1)14.2%
と、第5回を谷として、第10回放送では第1回に次ぐ数字となっている。
まぁ、今となっては連続して見なくては分からない作品でないからな。

ちなみに、裏番組の「孤独の賭け~愛しき人よ~」
(10)5.1%
(9)5.6%
(8)6.2%
(7)6.9%
(6)6.0%
(5)7.6%
(4)7.3%
(3)7.4%
(2)9.4%
(1)11.2%
は、見事に右肩下がり・・・
いよいよ4%台突入の可能性も見えてきており「孤独の賭け~愛しき人よ~」の
大コケも要因のひとつなんだろうか・・・

posted by ようすけざん at 23:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(24) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

バンビーノ ~働くことの楽しさはひとつではない~

今回も言おう!!
吹石一恵が出なくてかなり寂しい

 

それにしても、人を育てるのは難しい。
褒めて伸ばすタイプと叱って伸ばすタイプ、アメとムチを配分して伸ばすタイプがいる。
でもそれぞれの配分が違うから型にはめることは到底出来ない。
あ~難しい。

ホールスタッフの優しさには心を打たれた。
本当だった切れてもいいくらいだし。
でも、伴はその様子を見てコンペの不参加を表明。
この流れはベタだけど好き。

そして、こずえがキッチンに行った時は相当悔しかったろうが、
1年間顧客と接し、キッチンに戻ることになった伴。

来週は吹石一恵が登場しそう!!

posted by ようすけざん at 03:39| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(23) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

ライアーゲーム ~戸田恵梨香の演技力は・・・~

ちょっと前回、中だるみかなという展開だったが一気にペースを取り戻した。

何も入っていないトランクを持つ時の
戸田恵梨香のボケっぷりはかわいかったが、
あれが彼女の真の演技のなんだろうな~
と思ってしまう。

今回のタネは、
ボタンを押していない時に交渉しているのではないか?
わざわざボタンを押さないといけないということの裏を返せば
そこにミソがあるということだ。
間違っているかもしれないけど。

オオノワタルこと「ちびキノコ」にはじめて脚光を浴びた。
このオオノワタルは、坂本真、29歳。
今までの経歴に目立ったものはなく、
あえて言えば「のだめカンタービレ」くらいかな。
でも、なかなかの演技力。
ただ、切れ具合がフクナガユウジの鈴木浩介と
かぶってしまっているのがなんか残念。
あえて同じにしているのかもしれないが、私としては
独自のキャラクターを作ってほしかった。

ヨコヤは何者なのか?
5001万円を当てた理由は?
気になるところだ!!
posted by ようすけざん at 18:03| 東京 ☔| Comment(15) | TrackBack(14) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

バンビーノ ~ほっしゃん。とドルチェの魅力~

吹石一恵が出なくて寂しい。

いよいよ、ほっしゃん。の出番。
このキャスティングは絶妙で、しゃべらせないということで
ほっしゃん。の魅力を最大限に活かしている。
ドルチェは本当に1mgの世界。
ちょっと間違うだけで、味は天と地である。

それにしても、伴はアメとムチをうまく使い分けられて
成長している。
多少ムチのタイミングが早いかなぁ~と思うものの
ドラマの展開としては良い。

変わらず、北村一輝と内田有紀と佐々木蔵之介の3人トリオがいいなぁ。
時折アドリブじゃないか的なところもあり楽しい。

来週は、パスタでバトル?!
こずえがどう絡んでくるかも楽しみだ。
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(21) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

生徒諸君! ~見たら見たでおもしろいが・・・~

「ホテリアー」をさらに下回って低迷している「生徒諸君!」

内山理名が相当がんばっている。これは認める。
ただ、ただ・・・

そのがんばりが浮き気味なのが悲しい。
 
演出が悪いのか、脚本が悪いのか?
っていう話なんだけど、実はそんなに悪い感じもしない。

特に脚本は、渡邊睦月なのでひどいのかと思いきやそうでもない。
決して良くわないけど・・・

原作が良いのであれば、脚本に十二分に責任がある。
なんでこの人に仕事来るんだろうか・・・

実は、この作品がOAされていることが
知られていないんじゃないかと思う。

もっと知ってもらえれば、視聴率5%台は叩き出せないだろう。
テレビ朝日と朝日放送はもう一度認知促進方法を検討するべきだ。

posted by ようすけざん at 14:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

ホテリアー ~かわいそうな上戸彩~

いまさら、ペ・ヨンジュン人気にあやかろうとしたテレビ朝日。
http://www.tv-asahi.co.jp/hotel/ 
そりゃ無理でしょ~よ。
 

見るつもりは全く無かったんだけど、友人がこのドラマに
関わっていることを知り、見ることにしてみた。

申し訳ないけど、設定も内容も大きなことをやっているはずなのに

なんだか全てが小さく見える。
 
「姉さん、事件です」
の方がおもしろい。

そして、やっぱり韓国ドラマ。
異母兄弟になっちゃうわけですよ。

そういう意味では、見続ければ面白いのかも。
 

上戸彩、作品に恵まれないなぁ~

posted by ようすけざん at 14:03| 東京 ☀| Comment(25) | TrackBack(3) | 2007年4月クール ドラマ | 更新情報をチェックする