2017年05月21日

小さな巨人 〜日曜劇場の不思議なキャスティング〜

日曜劇場「小さな巨人」

第6話豊洲編になって、和田アキ子がなぜか出演。
「小さな巨人」ではそのほかも、桂文枝、梅沢富美男、堀尾正明
とトリッキーなキャスティングが見られる。

この傾向は日曜劇場で、多い気がするのだ。
「下町ロケット」吉川晃司、東国原英夫、今田耕司
「ルーズヴェルト・ゲーム」平井理央、森脇健児、峰竜太
など、なんでこの人たち?
何かそれこそ、誰かが誰かに忖度してそうなキャスティング。

それにしても、芳根京子の使い方もひどすぎる。
TBSは「下町ロケット」の時も、「まれ」終了後の土屋太鳳を
キャスティングしたが、見事なまでの無駄遣い。

今回の芳根京子も、やっと第6話になって絡んできたが、
それまでは正直いてもいなくても良い役柄だった。
ここからの活躍をとにかく期待したい!

続きを読む
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

岐阜にイジュー! 〜柳英里紗の芸歴の長さに驚き〜

メーテレ開局55周年記念番組が「岐阜にイジュー!」

なんだかんだ楽しみにして見てしまっている「岐阜にイジュー!」
しっかりと作っているので見ていて本当に楽しい。
主題歌の『Happy』もいい。

第4話では「鹿を狩りに行く」といういきなりハードな展開に。
そして嶋田久作の登場と、社会窓オープンというインパクトある展開に。
銃で撃ち殺された鹿より、嶋田久作のほうがインパクトがあるといっても過言ではない。


主演の一人、柳英里紗(やなぎえりさ)
1990年4月30日生まれの27歳。

1998年4月クールのフジテレビ「お仕事です!」に出演しており、
約20年にわたって活躍している。知らなかった。
2002年4月から2年間は「週刊こどもニュース」にも出演していた。
これも知らなかった。

↑このブログは大分印象が違うな。
posted by ようすけざん at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

あなたのことはそれほど 〜東出昌大がやっぱり冬彦さんに〜

「あなたのことはそれほど」第4話。
展開が早くて無駄がなくて見やすい。
いや〜東出昌大うまいなぁ。ほんと怖い。恐ろしいくらいに怖い。
そして、波瑠と鈴木伸之がほんと愛すべきバカ。
まだ、本領発揮していないであろう仲里依紗。
頑張っている大政絢も見逃せない。
応援し続けている黒川智花も絡んでほしいな。

もう「あなたのことはそれほど」は、不倫ドラマとかそういう見方をしていない。新境地。
第4話のラストはさすがにびびったな。

それにしても「あなそれ」って誰か呼んでいる??
あなたのことはそれほど コミック 1-4巻セット (フィールコミックス) - あなたのことはそれほど コミック 1-4巻セット (フィールコミックス) -
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

ボク、運命の人です。 〜金子茂樹脚本やっぱり好きです〜

日本テレビが土曜ドラマ枠を1時間後ろ倒しにして22時開始に。
その第1弾は、金子茂樹脚本、亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」

金子茂樹脚本では、「プロポーズ大作戦」「世界一難しい恋」がとにかく好き。
今回もその流れを受けた作品と考えられる。

ヒロインの木村文乃は髪型を変えて、イメージチェンジ。
大好きなのに一瞬誰だか分らなかった・・・
ちなみに、木村文乃と菜々緒は「A LIFE」に続く共演。

「ボク、運命の人です。」第3話。
スコアボードのくだり好きだなぁ。
あれを携帯番号に結び付けるって発想は他のドラマで見たことない。
”あかいといとう”というのも、ちょっとしたことだけどいい。

それにしても、木村文乃のかわいいさが群を抜いている。

posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 〜衝撃の重すぎるラスト〜

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第4話。
ホームページを見るとこんな記事が

一足早く、完成した第4話を見た小栗さんと西島さんも内容に太鼓判を押した。
小栗さんは「僕は第4話を5回くらい見ました!」と、繰り返し作品を堪能したことを明かしたうえで、
「この第4話は見ないと損します!」とアピール。
西島さんもこれまでとは違った感想を持ったようで、「僕は、第4話を見て本当に泣いてしまいました。」と、
孤独な研究者・有馬と国家の陰謀にまつわるストーリーに、思わず涙したことを明かしました。

とあり、一瞬「これは見なくては!」と思いつつ、
「カインとアベル」のひどい煽りを受けてからはフジテレビ系の言うことは信用していない。
でも、これ本当だった・・・見てよかった。

ラストでの小市慢太郎、小栗旬、野間口徹のシーンはなかなかのもの。
結末は確かに衝撃的で、重すぎたが、見ごたえがあった。
この時代にこの内容をゴールデンタイムで描くにはなかなか難しかったのではないか。

ただ衝撃的だったから推すわけではなく、
小栗旬と野崎萌香のバーでのシーンが、中盤・ラストできっちりと効いていて好きなのだ。

ここからは、野崎萌香にも注目だ。

posted by ようすけざん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

岐阜にイジュー! 〜ありそでなかった移住促進連ドラ〜

メーテレ開局55周年記念番組が「岐阜にイジュー!」

ドラマの舞台は岐阜県白川町。
https://www.town.shirakawa.lg.jp/forms/top/top.aspx
「白川郷じゃないよ、白川町だよ」というコピーはなかなか面白い。
そして、移住促進は少子高齢化の日本にとって喫緊の課題のはず。
こういったドラマを通じて、”都会でなくてもいい”の選択肢が増えればよいと思う。

主演は、柳英里紗と水崎綾女。
まだ第1話だが何か化けそうな雰囲気はある。
ちょっと楽しみ。

この作品メーテレなので、東京では見られない。
と、思いきや便利な便利な「民放公式テレビポータルTVer」で。
で。
posted by ようすけざん at 01:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

#セルおつ 〜岡本あずさが元気で何より〜

#セルフブランディングおつかれさまです。
略して
「#セルおつ」がABC(朝日放送)で1話完結、全3話で放送。

第1話の主演は岡本あずさ。

久々の岡本あずさ。
私の知っている岡本あずさは
東京少女 岡本あずさ(2008年11月1日〜29日)
恋とオシャレと男のコ(2009年4月4日〜6月27日)
ケータイ刑事 銭形命(2009年7月4日〜9月26日)
の16・17歳で止まっていたので、24歳の彼女を見て見て驚いた。
きれいはきれい。だけど、ちょっと特徴がなくなっちゃった感じがして残念。

ドラマ自体は、三四郎二人のやり取りがちょい面白いくらい。
次回も、東京少女つながりなのかわからないけど、山下リオ。
これは見てみよう。
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 〜観月ありさの26年連続30回目の主演〜

苦戦が続くフジテレビの日曜21時枠。
2017年4月クールは観月ありさ主演「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

主演の観月ありさは、26年連続30作目の連ドラ主演という快挙。

いや〜原作は面白いのかもしれないけど、ちょっと見ていてつらい。
なんだろこのテンポの悪さ。決して、観月ありさが悪いわけではない。

それにしても最近の観月ありさは役に恵まれていないな。

ちなみに、主演作は以下の通り。
ボクたちのドラマシリーズ『放課後』(1992年10月、フジテレビ) 秋山あずさ 役
じゃじゃ馬ならし(1993年7月、フジテレビ)北原夏美 役
いつも心に太陽を(1994年1月、TBS) 高井智恵子 役
ヘルプ!(1995年1月、フジテレビ)茅ヶ崎奈々 役
ナースのお仕事パート1 (1996年7月、フジテレビ) 朝倉いずみ 役
いちばん大切なひと(1997年4月、TBS)結城美和 役
ナースのお仕事パート2 (1997年10月、フジテレビ)朝倉いずみ 役
ボーイハント(1998年7月、フジテレビ)片瀬りり 役
天使のお仕事(1999年1月、フジテレビ) 阿部まりあ 役
ナースのお仕事パート3 (2000年4月、フジテレビ) 朝倉いずみ 役
私を旅館に連れてって(2001年4月、フジテレビ)笹野倫子 役
ナースのお仕事パート4 (2002年7月、フジテレビ)朝倉いずみ 役
ダイヤモンドガール(2003年4月、フジテレビ)南條麗香 役
あした天気になあれ。(2003年10月、日本テレビ)坂井花 役
君が想い出になる前に(2004年7月、関西テレビ)佐伯奈緒 役
鬼嫁日記(2005年10月、関西テレビ)山崎早苗 役
CAとお呼びっ!(2006年7月、日本テレビ)山田紗依 役
鬼嫁日記 いい湯だな(2007年4月、関西テレビ)山崎早苗 役
斉藤さん(2008年1月、日本テレビ)斉藤全子 役
OLにっぽん(2008年10月、日本テレビ)神崎島子 役
おひとりさま(2009年10月、TBS)秋山里美 役
ドラマ10『天使のわけまえ』(2010年7月、NHK)坂下くるみ 役
華和家の四姉妹(2011年7月、TBS)華和竹美 役
Answer〜警視庁検証捜査官(2012年4月、テレビ朝日) 新海晶 役
ご縁ハンター(2013年4月、NHK) 蓮見利香 役
斉藤さん2(2013年7月、日本テレビ)斉藤全子 役
夜のせんせい(2014年1月、TBS) 夜野桜 役
出入禁止の女〜事件記者クロガネ〜(2015年1月、テレビ朝日) 鉄忍布 役
プレミアムドラマ『隠れ菊』(2016年9月、NHK BSプレミアム) 上島通子 役
櫻子さんの足下には死体が埋まっている(2017年4月、フジテレビ) 九条櫻子 役
とにかくすごいことは間違いない。


posted by ようすけざん at 02:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

あなたのことはそれほど 〜誰にも共感できないけどなんか見てしまう〜

TBS火曜21時枠は波瑠主演「あなたのことはそれほど」
http://www.tbs.co.jp/anasore/

2話まで見たが、よくわからないんだけどテンポよくまとまっている。
ただ演出は金子文紀演出としてはちょっと雑だと思う。

確かに、
1話は波瑠と東出昌大の出会いから結婚
そして鈴木伸之との再会まで描く
ということが、ボリューミーなのは確か。

それでも気持ちのつながりが雑になってしまったのは残念。

金子文紀作品は安定していると思っているだけに
(木更津キャッツアイの映画版は安定していなかったけど・・・)
もしかしたら3クール連続での演出でお疲れではないかと心配。

「逃げるは恥だが役に立つ」「カルテット」と3クールともにすべて火曜ドラマ。
TBSがこの枠にかける意気込みがわかる。

東出昌大の「冬彦さん」的なキャラクターでの大化けの可能性もあり今後が見逃せない。
ただ、一人たりとも感情移入できないのであっさり脱落の可能性もある作品。
posted by ようすけざん at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

フランケンシュタインの恋 〜大森寿美男脚本がどこで化けるか〜

2017年4月クールの日本テレビ日曜ドラマは
大森寿美男脚本、綾野剛主演「フランケンシュタインの恋」
http://www.ntv.co.jp/frankenstein_koi/

2017年4月クールプライムタイムの日本テレビの連続ドラマは
土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」 金子茂樹脚本
日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」 大森寿美男脚本
水曜ドラマ「母になる」 水橋文美江脚本
とすべてオリジナル。
しかも3人とも絶対に見たい脚本家ばかり。
日テレの力の入れようが分かる。

そして、「フランケンシュタインの恋」
1話導入としては、さすが大森寿美男脚本ぐっと引き込まれた。
二階堂ふみがちょっと苦手な私も、とっても魅力的に見えて
逆に「おっ、二階堂ふみいいじゃん」と思えるくらい。

そして、新井浩文、光石研、柄本明といった
バイプレイヤーの使い方のうまさも光った。

RADWIMPS「棒人間」も良すぎて、
全編引き込まれてみてしまった。

次回以降も楽しみである。
posted by ようすけざん at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年4月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする