2018年07月08日

2018年7月クールドラマ一覧

作品主演脚本期待
CX月21 絶対零度 沢村一樹  ★★
TX月22 ラストチャンス 仲村トオル  ★★★
CX火21 健康で文化的な最低限度の生活 吉岡里帆 矢島弘一 ★★★★
TBS火22 義母と娘のブルース 綾瀬はるか 森下佳子 ★★★★
EX水21 刑事7人 東山紀之 寺田敏雄 ★
NTV水22 高嶺の花 石原さとみ 野島伸司 ★★★★
EX木20 遺留捜査 上川隆也 大石哲也・真部千晶 ★
EX木21 ハゲタカ 綾野剛 古家和尚 ★★★
CX木22 グッド・ドクター 山﨑賢人 徳永友一・大北はるか ★★
NTV木24 探偵が早すぎる 滝藤賢一・広瀬アリス 宇田学 ★★★
TX木25 恋のツキ 徳永えり 高田亮・ペヤンヌマキ・大江崇允 ★★★★
TX金20 警視庁ゼロ係 小泉孝太郎・松下由樹 吉本昌弘・船橋勧・徳尾浩司・政池洋佑 ★★
NHK金22 透明なゆりかご 清原果耶 安達奈緒子 ★★★
TBS金22 チア☆ダン 土屋太鳳  ★★
EX金23 dele(ディーリー) 山田孝之菅田将暉  ★★★★★
TX金24 GIVER 復讐の贈与者 吉沢亮 継田淳・小峯裕之 ★★★
TX金25 インベスターZ 清水尋也
 土橋章宏・八代丈寛 
 ★★★
NTV土22 サバイバルウェディング 波瑠 衛藤凛 ★★★★
EX土23 ヒモメン 窪田正孝 森ハヤシ ★★★★
TBS日21 この世界の片隅に 松本穂香 岡田惠和 ★★★★★
NTV
日22
 ゼロ 一獲千金ゲーム 加藤シゲアキ 小原信治 ★★
posted by ようすけざん at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

2018年4月クールドラマ評価

作品主演脚本評価平均視聴率
CX月21 コンフィデンスマンJP 長澤まさみ 古沢良太 ★★★★8.9%
TX月22 ヘッドハンター 江口洋介 林宏司 ★★★-
CX火21 シグナル 坂口健太郎 尾崎将也 ★★7.8%
TBS火22 花のち晴れ 杉咲花 吉田恵里香 ★8.3%
EX水21 特捜9 井ノ原快彦
 深沢正樹・岡崎由紀子・真部千晶・瀧川晃代・徳永富彦
 --
NTV水22 正義のセ 吉高由里子 松田裕子 ★★9.8%
EX木20 警視庁 捜査一課長 内藤剛志
 安井国穂・田辺満・谷口純一郎
 --
EX木21 未解決の女 波瑠 大森美香 ★★★★13.0%
CX木22 モンテ・クリスト伯 ディーン・フジオカ 黒岩勉 -6.2%
NTV木24 ラブリラン 中村アン 永田優子・大林利江子 --
TX木25 スモーキング 石橋凌 根本ノンジ・粟島瑞丸・守口悠介 ★★★★-
TX金20 執事 西園寺の名推理 上川隆也 田中眞一・大石哲也・真部千晶 --
NHK金22 デイジー・ラック 佐々木希 横田理恵・山岡潤平 ★-
TBS金22 あなたには帰る家がある 中谷美紀 大島里美 ★8.5%
EX金23 家政夫のミタゾノ 松岡昌宏 八津弘幸 -6.7%
TX金24 孤独のグルメSeason7 松重豊 - ★★★-
TX金25 宮本から君へ 池松壮亮 真利子哲也 ★★★★★-
NTV土22 Missデビル 菜々緒 山浦雅大 --
TBS日21 ブラックペアン 二宮和也 丑尾健太郎 ★★14.3%
NTV
日22
 崖っぷちホテル 岩田剛典 土田英生 -7.5%
posted by ようすけざん at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

宮本から君へ ~松山ケンイチと星田英利がいるからいい~

テレビ東京2018年4月クールドラマ25

華村あすかが登場していた序盤よりも、
帝皇製薬へのプレゼンの話の方が面白い。

そして、宮本(池松壮亮)がひとりで猪突猛進でぐちゃぐちゃにしていた時は
やかましい感じがして、ちょっと飽きていた。

これが、第8話くらいからの神保(松山ケンイチ)と小田課長(星田英利)と結託して
どうにか帝皇製薬の仕事を取ろうとする展開になってからが面白い。

部長に黙って仕事を進めても、すぐにばれるあたりとかが、リアリティがある。

宮本が自分のところに来たら扱い難しそうだなとか、
結果ダメなんだろうな、と分かっていても応援してしまう。

これって、TBS日曜劇場に近いアプローチだと思う。
安達(高橋和也)が印刷会社に感情論で依頼をする姿は、日曜劇場そのもの。

さぁ、宮本は帝皇製薬の仕事を取れるのだろうか。

来週が最終回かと思いきや、少なくともあと2話はありそう。
テレビ東京は12話体制を他局に比べ引いていて、嬉しい。
posted by ようすけざん at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

コンフィデンスマンJP ~さすがの古沢良太脚本だったが~



全10話すべて見たが、

前半は、波に乗れていない感じがあったが終盤は爽快だった。
期待が高すぎたか。
いやいやでも、近年見ない切り口で楽しめた。

長澤まさみが楽しそうに演じているのが何より。
はっちゃける長澤まさみの魅力を感じた作品となった。

映画化も決定し、続編も期待できる内容だった。
ダー子・リチャード・ぼくちゃんの過去が分かったような分からなかったような、
このあたりは映画・続編の伏線になっているかもしれない。

参考まで、世帯視聴率は平均8.9%。
第1話:9.4%
第2話:7.7%
第3話:9.1%
第4話:9.2%
第5話:9.3%
第6話:8.2%
第7話:8.9%
第8話:8.3%
第9話:9.5%
第10話:9.2%

タイムシフト視聴率は
第1話:8.3%
第2話:6.7%
第3話:6.7%
第4話:7.2%
第5話:7.4%
第6話:6.9%
第7話:6.8%
第8話:7.0%

総合視聴率は
第1話:16.7%
第2話:13.9%
第3話:15.1%
第4話:15.3%
第5話:15.8%
第6話:14.4%
第7話:14.6%
第8話:14.3%

と全体的に安定していた視聴率であった。

を2018年6月17日(日)23時59分締切で募集中。ぜひ!
posted by ようすけざん at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

やれたかも委員会 ~究極の恋愛ドラマ、かもしれない~

MBS制作の「やれたかも委員会」が面白い。


演出が山口雅俊というだけで魅力的なのだ。

山口雅俊とは、元フジテレビのプロデューサー。

フジテレビ時代は、
ナニワ金融道(1996~2005年)
ギフト(1997年)
きらきらひかる(1998~2000年)
タブロイド(1998年)
アフリカの夜(1999年)
危険な関係(1999年)
太陽は沈まない(2000年)
カバチタレ!(2001年)
ロング・ラブレター〜漂流教室〜(2002年)
ランチの女王(2002年)
ビギナー(2003年)
不機嫌なジーン(2005年)

独立後も、
エジソンの母(2008年)
闇金ウシジマくん(2010~2016年)
とヒット作に関わった。

なかでも、「ギフト」「きらきらひかる」「ランチの女王」
「ビギナー」「不機嫌なジーン」は大好きな作品だ。
特に「きらきらひかる」は名作だ。

その山口雅俊が挑んでいるのが、「やれたかも委員会」。
主演は、佐藤二朗。山田孝之、白石麻衣が共演。

なかなか深い。
単に”やれたか””やれないか”の下世話な作品かと思ったら、そんなことはない。
山口雅俊作品でそんな浅いわけではないことに見る前に気付かなかったこちらが悪い。

純愛ドラマと言っていいだろう。
”やれたか””やれないか”は、うまくいった恋愛の結果の一つで、
その過程を描くという視点がとても面白い。

佐藤二朗、山田孝之、白石麻衣のポジションも明確で良い。

これからも、山口雅俊作品に注目である。
posted by ようすけざん at 22:01| 東京 🌁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

サバイバル・ウェディング ~波瑠が連続主演~

日本テレビ2018年7月クールの土曜ドラマは


波瑠が本当に波に乗っている。
日本テレビ×波瑠だったので、てっきり金子茂樹脚本家と期待したが
今回は衛藤凛脚本。

えっ、衛藤凛?!
すぐに大塚愛主演の「東京フレンズ」の脚本を書いたのが衛藤凛を思い浮かべた。
そして「のだめカンタービレ」の脚本が次に出てきた。

調べてみるとそれ以降は表舞台には出てきていないようだ。
連続ドラマで言うと、2006年10月クール以来。
実に、12年ぶりの連続ドラマ脚本となる。

また衛藤凛は、初めての日本テレビでの脚本となる。
吉と出るか凶とでるか。

それにしても、なぜ「のだめカンタービレ」があそこまでヒットしたにも関わらず
衛藤凛が12年も脚本を書いていないのか。
もちろん、「のだめカンタービレ」は原作自体の面白さは圧倒的だが
壮大な原作をうまく連続ドラマにまとめた脚本家衛藤凛の力も大きかった。

それだけに12年の時を超えた復帰作に期待を寄せざるを得ない。

そこに波に乗りまくっている波瑠主演だ。
日本テレビの期待も大きい。

それも、日本テレビ系の2018年4月クール連続ドラマが軒並み低迷している。
いずれも平均視聴率が2018年6月1日現在で一桁台。
特に「正義のセ」は安全パイで確実な視聴率を取りに来たが、
一桁の回が多く、これは誤算だっただろう。

前クールでも
anone」(平均6.2%)
もみ消して冬」(平均9.8%)
トドメの接吻」(平均7.0%)
と不調が続いている日本テレビ連続ドラマ。

視聴率3冠が続いているとはいえ、連続ドラマが足を引っ張ると
以前のように一時期のように週2枠になる可能性も否めない。
それはドラマファンにとっては避けたい。

だからこそ、「サバイバル・ウェディング
そして、衛藤凛に期待したい。
posted by ようすけざん at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

dele(ディーリー) ~山田孝之・菅田将暉主演ドラマはどんな作品か~

2018年7月クールのテレビ朝日金曜ナイトドラマ枠は

発表されているのは

instagram:yamdasuda

の情報のみ。
ただ、山田孝之菅田将暉が出るというだけ見たいと思うのは
魅力的な俳優だからということは間違いない。

更なる情報解禁が楽しみである。
posted by ようすけざん at 00:58| 東京 ☁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる ~「学校の先生が保護者に見てほしいドラマ」だろう~



最終回素晴らしかった。

日本PTA全国協議会が実施している
「保護者が子どもに“見せたくない”テレビ番組」
「保護者が子どもに“見せたい”番組」
というのは聞いたことがある。

「学校の先生が保護者に見てほしい番組」
というランキング作ったらいいのにと思った。

いじめは”対岸の火事”ではない、ということ。
たまたまいじめられた子がいじめられた、自分の子どもでもおかしくなかった。
そう言われても自分事にならない保護者も多いだろう。

学校の先生の大変さを少しでも理解できる作品だったのではないだろうか。

それにしても井上順と小堺一機が一緒にいるのがなんだか不思議だった。

やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」の続編を期待したい。
posted by ようすけざん at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

半分、青い。 ~北川悦吏子の良い所がたくさん出ていて満足~

NHKの朝の連続テレビ小説第98作目「半分、青い。
ご存知の通り、脚本は北川悦吏子、主演は永野芽郁

永野芽郁がすばらしく純粋に演じていて、かわいすぎる。
僕たちがやりました」の蓮子役も相当魅力的だったけど
今回の鈴愛役が今のところ大きく上回っている。


そして、北川悦吏子の脚本は、小道具の使い方、
ちょっとした言葉遊び、うまい。
本当にうまい。
全盛期のパワーが戻ってきている。

朝ドラという場を
楽しんで作っていることが画面いっぱいから伝わってくる。

申し訳ないのだけど、正直期待していなかった北川悦吏子脚本。
残り3分の2どのような展開になるか今から楽しみである。

そして、永野芽郁にもう一度注目だ。
posted by ようすけざん at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

おっさんずラブ ~内田理央がかわいそうすぎる~

今回、内田理央田中圭に思いっきりフラれるわけなんだけど、
こんな悲しい振られ方があっただろうか。

田中圭主演「おっさんずラブ」が最高に面白い。
ほんと面白すぎる。
面白いとしか言いようがない。

吉田鋼太郎と眞島秀和と林遣都と田中圭の恋模様に
内田理央と大塚寧々が絡んでくるドラマってどんな作品だよ。

もっと注目されてもいい作品だ。
posted by ようすけざん at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | 2018年1・4・7・10月クール ドラマ | 更新情報をチェックする