2018年06月17日

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃 労働力激減 そのとき何が」 ~美作市の苦悩~

2050年代、人口1億を切る日本。現役世代はピーク時に比べ3500万人減少、人類史上例のない「棺桶型」の人口ピラミッドになる。誰が社会を支えるのか?期待されるのが高齢者だ。労働者に占める高齢者の割合は既に12.4%で世界一だが、さまざまな業務が舞い込む。もうひとつの柱が外国人。しかし、若い労働力を求めて世界規模の争奪戦が起きている。この先、どんな未来が待ち受けているのか。模索する現場をルポする。


老老介護の実態と
アジア人が多く日本で働いていることは日々の生活で実感している。

その中で、この番組を見て衝撃的だったのは、
ベトナムに海外向けの人材派遣会社があるということ。

約30の国と地域がベトナム人を狙っているというのだ。

日本には約5万7千人。
台湾には年間6万7千人がベトナムから来ているという。

なぜ、台湾がそれほど多いのか。

ベトナム人技能実習生として、日本・台湾に来た場合、

日本には最長5年。転職原則不可。
台湾には最長12年(家庭介護14年)。転職可能。

この待遇の違いが大きいようだ。

また、
日本では、日本語の技術を問うが、
台湾では、語学どころか、技術も問わないらしい。

これでは日本よりも台湾に行きたい、という人がいても不思議ではない。

台湾の少子高齢化は、日本よりも10年後に来るといわれていて、
その先をさらに見越した対策という。
台湾の打ち手の方が早かった、ということだ。

ただ語学はともかく、技術を問わなくてよいという疑問が出てきてしまう。
番組内でも台湾人の入所者が技術の低いベトナム人を嫌がっている様子が見られた。
これは難しい。

もちとん、日本語を教えるには多額の費用と時間がかかる。
それを技能実習生に負担してもらうわけにはいかない。
それを行政が負担するのか。
これも難しい。

そして、日本ではベトナム人技能実習生への賃金未払い・暴力などの問題も起きている。
これはあってはならないこと。

日本が変わらなくてはいけないことは間違いない。
台湾のような抜本的な受け入れが必要なのかもしれない。
ラベル:NHKスペシャル
posted by ようすけざん at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

NHKスペシャル「#失踪」 ~20代までの年間失踪者3万人以上の実態~

2018年4月7日に放送されたNHKスペシャル#失踪 若者行方不明3万人

今、突然“失踪”する若者が相次いでいる。警察庁によると、1年間に全国で行方不明となる「20代までの若年層」は3万人を超えている。取材班はSNSを介して失踪した若者たちへの接触を試み、その過程を記録する。去年には、座間の遺体遺棄事件で、9人の若者の命が奪われるなど、いつ何時、犯罪に巻き込まれるか分からない若者たち。見ず知らずの人間と接点をもっていく新たな“失踪社会”の実態を追跡する。

以前あるイベントで、BONDプロジェクト橘ジュンさんの話を聞いて
衝撃を受けた記憶が戻ってきた。
”10代20代の生きづらさを抱える女の子のための女性による支援。”
そのような支援をしなくてはならない現状があるのだと。

長野県の居酒屋のようなサポートもあるだろう。
何かが起きた時に、元の場所に戻ることがどれくらい難しいことなのか、
それは当事者でなければ分からない。

いじめにあってもその学校に戻るべきという風潮から、
転校や別の道を選ぶ選択肢が増えたことは、このような考えが浸透してきたからだと思う。

居場所で人は輝き方が違うことは間違いない。
どこの場所に行っても輝かないということはないだろう。
だから、いろいろな居場所にあたるということが必要なのだろ思う。

とにかく、命を粗末にしないでほしい。
そう、悪い人ばかりではない。

posted by ようすけざん at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

NHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」 ~さすがNHK!~

NHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」が放送された。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110507.html
本放送での評判を見て、再放送で見た。

もしNHKスペシャル「巨大津波“いのち”をどう守るのか」を
ご覧になっていない方がいらっしゃれば
http://www.youtube.com/watch?v=HO3SHsLAXF0
からご覧下さい。
言葉で書いてしまうとあまりに稚拙で・・・簡単に感想を・・・

とにかく衝撃的な映像が続いた。
冒頭で、船が大津波を超えるシーン。
親子が、大津波に耐え、瓦屋根に逃げるシーン。
上流から流れ、橋にしがみついた男性を助けるシーン。
地震で起きた交通事故を処理していた警察官に向かう津波のシーン。
名取市に押し寄せた想定外の津波のシーン。
いずれも、衝撃的で涙はでず、驚くばかり。

奇跡的に生還した方たちへのインタビューもリアルで見入ってしまった。

そして、番組ラストの印象的な言葉。

沿岸部で大きな地震に遭遇したらとにかく逃げろ高台に、海から遠くへ
すぐに津波が来なくても、警報が解除するまでは安心するな。
100回の警報で99回は空振りかもしれない。
それでも逃げろ。それが生死を分けるのだ。


響いた・・・
私は東京都内の内陸地域にいるので、津波が来ることはないだろう。
でも、いつどのような天災に遭遇するか分からない。

日本は海に囲まれた国。
つまり、また自信があれば大津奈美が来る可能性があるのだ。
その時のためにも、役立てたい。
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
posted by ようすけざん at 23:01| 東京 ☀| Comment(550) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

NHKスペシャル「好きなものだけ食べたい」 ~偏食は恐ろしいけど・・・玉葱だけは・・・~

現代の食卓は荒れているらしい。
今、子どもの間に、「好きなモノだけ食べたい」症候群が広がっている。
「写真記録調査」手法で、子どもを持つ首都圏の家庭を対象に行った6000食の調査では、家族が食卓を囲んでいても子どもは全く別々のモノを食べる「バラバラ食」、子どもが好きな時間に食事をとる「だらだら食」、子どもが好きなモノだけよりどりみどり食べる「単品羅列型食」など、「好きなモノだけ食べる」傾向が顕著になっている。一方で、子どもの運動能力が低下したり、糖尿病・高脂血症など子どもの生活習慣病が増加しているという報告もある。(NHKHPより
我家は妻の実家から、お米や新鮮な野菜が送られてくることもあり
家庭内では非常にしっかりとした食事をしている。
でも、生玉葱だけは食べられないんだけど。

とにかく食生活が崩れているという話を至るところで聞く。
そりゃ、ファーストフードの充実やコンビニ飯の充実。
それに安い。
安くて早くておいしいってくれば、
そりゃ健康なんて2の次になっちゃうのでしょう。

分からないでもない。
あまりにも健康に悪いものもを日々食べてしまっている。

この番組を見ながら、子供のことも心配だし、自分のことが心配になった。
塩分・糖分・コレステロール・・・

衝撃的だったのは、
「生活習慣病を防ぐための食と生活を改善するための特別な入院プログラム」
に参加した男の子が
「俺は高血圧だから、脳梗塞で死んじゃうんだから。」
って、軽々しく言っていた点。
殴ってやればいいのに。
親にその言葉聞かせてやればいいのに。

だって、嫌いなもの食べないで死ぬって言ってるなんて。

命とはそんなに軽いもんじゃないんだ。
彼にはそこから伝えてあげなくちゃいけない。
君が死ぬのは勝手だけど、親は悲しむだろう。
そういうことが、分かっていないんだよ。
学校はそういうこと教えなくっちゃ!!


絶対に子供を糖尿病にさせたくない。当たり前のことだ。
でも、そういうことを心がけていない親が多いということだ。

高校時代の友人が1型ではあるが、糖尿病で日々注射を打っていた。
この光景は今でも離れない。

ちなみに、1型と2型では大きな違いがあるので間違えないでほしい。
1型糖尿病
1型糖尿病は、インスリンの供給異常による糖尿病。
インスリン分泌能が不足することによって耐糖能が低下する。
根本の原因は現在解明されていない。この場合重症の糖尿病となり、
常にインスリンを注射する必要がある。常に外部からのインスリンを
必要とする事をインスリン依存といい、1型糖尿病はインスリン依存性
糖尿病になりやすい。

2型糖尿病
2型糖尿病は、インスリンの消費の異常による糖尿病。インスリン抵抗性が
高まる事による糖尿病。遺伝的因子と生活習慣(高インスリン血症)を背景
として、組織のインスリンへの反応性が悪くなる生活習慣病。
糖尿病全体の9割を占める。結果として発生した高血糖はインスリン分泌
細胞の死滅を招き、インスリン分泌低下と高血糖の悪循環を介して病状を
進行させる。
という違いがある。

2型糖尿病にならないように、
自分も含めて日々精進していかなくてはならない。

でも、ひとつ言いたい事・・・
「好きなものだけを食べても運動すればいいのでは??」
だって、テレビに出てくる子はみんな”太っちょ”だったから。
そんな気がする。
子供は多少の好き嫌いがあっても仕方ない。
でも、運動しろ!!
ゲームとか携帯で遊んでないで。

ちょっと話が曲がったか・・・
banner_01.gifbnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ
posted by ようすけざん at 01:57| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

NHKスペシャル「笑いがビジネスを変える」 ~面白くない人がいくら研究しても・・・~

日曜日の夜ってそれにしてもつまらない番組ばかり。
特に、20:00~22:00は致命的だなぁ。
全く見たい番組がない。


そんな中、見たのが『NHKスペシャル「笑いがビジネスを変える」』
タイトルは非常におもしろそう!!

ってことで見てみましたが、
”つまらない人が作った、つまらない番組”
した。

このブログでも再三に渡っていっている、”笑い”は難しいのだ。
それは、テレビの視聴者を笑わすこともそうだけど
普段の生活の中でも、他人を笑わすことも難しい。
特に、上下関係があったり、お堅い会社だったりすれば尚更だ。

この番組で取り上げられた”笑力研究会”。
誰だよ。この人たちは・・・
まず、この人たちがどう考えてもつまらない。
笑いのセンスを1秒、1ミリも感じられない。

伊東四朗に真面目にお笑いとは??
って聞いちゃう時点で寒すぎるよ。

それに落語聴いてメモるってさぁ。
演者に対して失礼だし、隣の席に座ってる人も嫌だと思うよ。
だから、人を笑わせられないんだよ。

伊東四朗が言ってたでしょ!!
間が大切なんですよ。間が!!

その間を見ましょうよ。
その間を感じずにメモに一生懸命なんて、
笑いを冒涜してる!!

と言いたくもなる。

きっとこの番組の制作者はつまらん人なんだろう。

保険会社のコールセンターの取組みはおもしろいが、
『笑い』
というテーマで取り上げるにはあまりにも強引

ノースウエスト航空の例も強引。

なんだか、企業の福利厚生の仕組みを充実せよってことか??
と思わせる内容だった。

それにしても、
こんなに質が超低い番組を
日曜21:00に放送してしまう
NHKのチェック機能の低さには
唖然とし、愕然とした。


でもでも、ノースウエスト航空の取り組みは面白い。
自分の会社も以前はその方向性が強かったんだけどなぁ・・・
posted by ようすけざん at 01:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

NHKスペシャル「子どもの事故は半減できる」 ~過保護か、そうでないかが微妙なところ~

エスカレーターからの転落死。風呂の残り湯で遊んでいて溺死・・・。
日本では、こうした「不慮の事故」による死亡率が先進国平均の1.7倍。
14歳以下の死亡原因の第一位を、50年近く占めている。(NHK HPより)
ほんと些細な親の注意力不足が引き金なんだろうが、
物理的な問題も多く抱えていることが分かった。

危険な遊具を撤去するのは簡単だ。

でも、危険を予知し、それを回避する能力をつけることは
子供の成長にとっては絶対に欠かせないことなのだ。

だから、危険な遊具のどこが危険なのか?
その危険部位を危険で無くす為にはどのようにするべきなのか?

を把握し、そのための改善を行うことが必要なのだ。

この番組では実際に螺旋階段のすべり台を取り上げていた。

子供は大人が想像できない視点でものを見る。
そして、想像できない使い方をする。

それは、子供の動きを本当に見てみなければ分からない。
大人がいくら考えたところで到底分かるはずのないことなのだ。

何でもそうだ。
事実の把握から始めることが必要である。
posted by ようすけざん at 20:14| 東京 ☀| Comment(214) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

NHKスペシャル「タクシードライバーは眠れない」 ~規制緩和・過酷な競争~

第60回文化庁芸術祭優秀賞受賞した、NHKスペシャルの再放送。

東京ではなく大阪が舞台。
昨年大阪に行った時に確かに驚いた。
5,000円を超える料金は5割引
「ええーっ!!5割引きって!!」
とてつもないことになっているなというのは、その割引率を見れば明らかだ。

簡単に現状のタクシー業界をまとめるとこうなる。

2002年の改正道路運送法施行で、
「新規参入」「増車」「価格」の自由化で多様なサービスが生まれるはずだった。


しかし、実際は・・・

体力のあるタクシー会社が、売上を独占するために台数を増やした。

しかし、タクシー利用者は不景気の影響もあり減少もしくは横ばい。

台数は増えたが、利用者は増えていないため、
1台あたりの売上は必然と少なくなる。

ということは、タクシー乗務員の給与はそれに比例するように
減少の一途。

ただし、体力のあるタクシー会社は台数を激増させたため、
会社自体の売上はそれほど減少していない。


つまり、会社自体は痛んでいないのだ。
なんのための規制緩和だったのか・・・


朝早くから次の日の朝まで働いて、車に乗り続けて
年収300万を切るって・・・考えられない事態だ。
そりゃ、家に車を持ち帰りたいと思うし、白タクのように客引きもしたくなるし、
寝ないで働かなくちゃって思うよ。

この番組では2つの大阪のタクシー会社が取り上げられた。

2つの会社ともに見ているだけで腹が立つ。
結局は、自分のことしか考えていないのだ。


なんか、最大手の会社の方が悪くないように描かれているが、そんなことはない。
NHKよ、なんでそんな描き方をするんだか・・・


働いていて社長の車見たら、刺し違えるよ~
まじ、これ大袈裟じゃなくて。
なんだ、あの車!!何千万するんだっつーの!!


車買い取らせているほうだって、それが法律で禁止されても、
会社の損害はないんだもんなぁ。
悪知恵とは、ほんとすごすぎるものだ!!

提案としては、価格を上げてみるというのはどうだろうか。

タクシーに乗るということは、贅沢だ。この認識は多くの人にあると思う。
だから、高くてもいいのだ。

ただ、高いなりのサービスが必要。
座り心地が最高の車だったり、乗車したらドリンクが出てきたり、
おしぼりでてきたり、ゲームが出来たり、メールやインターネットができたり、


ハイヤーまでいかない、逆説のサービス誰かやってみませんか??
俺がやれという感じですが・・・
posted by ようすけざん at 00:19| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) |  NHKスペシャル | 更新情報をチェックする