2020年09月15日

コワイ童話「親ゆび姫」  ~宮藤官九郎初脚本。栗山千明・高橋一生の「南くんの恋人」ホラー版~

1999年4月19日~10月4日まで
TBS月曜24時50分~25時20分に放送された「コワイ童話」。


最終作品の宮藤官九郎脚本 栗山千明主演「親ゆび姫」を見た。
メインは栗山千明と高橋一生。

【ストーリー】地味で内気な高校生の冴子(栗山千明)は、同級生の君島(高橋一生)に好意を抱いているが打ち明ける勇気がない。彼女はある日、佐久間(山本密)という不思議な男と出会い片思いの相手がいると告白する。するとその男は、赤い液体の入った瓶を差し出した。その液体は、人間を小さくする魔法の薬だったが…。

「南くんの恋人」とは逆で、男性が小さくなるパターンとして見始めたのだが、
踏んで小さくなった恋のライバルを殺してしまうシーンなど想像すらしていなくて怖かった、本当に。
高校教諭役の役者が若くて痩せていて一瞬誰だかわからず
皆川猿時と知った時が一番怖かったのだが。

まぁ、小さくなる薬を性善説ではなく、性悪説で使うとこうなるよな、
という人間の黒いところを、皆川猿時と矢沢心のやり取りの笑いを挟みながら
メリハリをつけてきっちり描くところは、さすが宮藤官九郎。

それにしてもゴミ箱に捨てられてしまったシーンは思い出したくないけど忘れられないな。
コンプライアンス的に今は地上波では絶対に見られないだろう。


「コワイ童話」の全作品は以下の通り

①「シンデレラ」
脚本:武田百合子
主演:内山理名
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、大室清、矢口久雄
演出:吉田秋生

②「人魚姫」
脚本:井上もも
主演:小雪
プロデューサー:磯山晶、大室清、矢口久雄
演出:福澤克雄、磯山晶

③「不思議の国のアリス」
脚本:後藤ひろひと
主演:佐々木蔵之介
プロデューサー:鈴木早苗、大室清
演出:石井康晴、平田さおり

④「みにくいアヒルの子」
脚本:小原信治
主演:山口もえ
チーフプロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
プロデュース:森下和清、千葉行利、植田博樹
演出:伊與田英徳

⑤「ラプンツェル」
脚本:小野沢美暁
主演:直瀬遥歩
プロデューサー:伊佐野英樹、森下和清、千葉行利
演出:藤尾隆、平野俊一

⑥「親ゆび姫」
脚本:宮藤官九郎
主演:栗山千明
プロデューサー:磯山晶、森下和清、千葉行利
演出:金子文紀、今井夏木、浅野敦也
【中古】コワイ童話「人魚姫」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「みにくいアヒルの子」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「シンデレラ」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「ラプンツェル」 [VHS] - Come to Store
posted by ようすけざん at 00:56| 東京 🌁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

コワイ童話「ラプンツェル」  ~柴咲コウ・大森南朋が出演していた直瀬遥歩主演作品~

1999年4月19日~10月4日まで
TBS月曜24時50分~25時20分に放送された「コワイ童話」。

その中の小野沢美暁脚本 直瀬遥歩主演「ラプンツェル」を見た。

【ストーリー】
根本結衣(直瀬遥歩)は一人暮らしをしている女子大生。ある日、結衣は友人・加奈子(戸田麻衣子)とドライブ中、車に衝撃を感じた。結衣は、窓にはりつく男の無残な姿を目にするが、車外に出ても誰もいない。その晩、帰宅した結衣の前に死んだ幼なじみ・修一の幻影が現れた。さらに、結衣宛てに“人殺し”と書かれたFAXが届くなど、脅える結衣に奇妙な出来事が起こり始める。

直瀬遥歩って誰?
私も思い出せなかったが、2000年にはすでに引退しているようだ。

雰囲気が、堀北真希、南沢奈央に似ている感じがするのは当然で
二人と直瀬遥歩の事務所は同じスウィートパワー
ちなみに内山理名もスウィートパワー

直瀬遥歩のイメージは20歳で止まっているので、
堀北真希、南沢奈央よりも年下のイメージがあるが
堀北真希よりも直瀬遥歩の方が8歳上。

決して直瀬遥歩の演技が巧みということではないが、
どこかなんだか魅力を感じたのは事実。この先の直瀬遥歩が見たかった。

コワイ童話「ラプンツェル」には、柴咲コウが脇役で登場する。

上記のビジュアルで直瀬遥歩の後ろにいるのが柴咲コウである。
表情がとにかくコワくて、かなり印象的だった。
ただここまでの重要な役ではなく、柴咲コウで引っ張ってこようという意図のビジュアルだ。

そして、大森南朋も登場する。若い。
「私の家政夫ナギサさん」でおじさんと呼ばれるのは
この作品の21年後ということになる。

作品自体の見ごたえというよりも、出演者を懐かしむ作品であった。


「コワイ童話」の全作品は以下の通り

①「シンデレラ」
脚本:武田百合子
主演:内山理名
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、大室清、矢口久雄
演出:吉田秋生

②「人魚姫」
脚本:井上もも
主演:小雪
プロデューサー:磯山晶、大室清、矢口久雄
演出:福澤克雄、磯山晶

③「不思議の国のアリス」
脚本:後藤ひろひと
主演:佐々木蔵之介
プロデューサー:鈴木早苗、大室清
演出:石井康晴、平田さおり

④「みにくいアヒルの子」
脚本:小原信治
主演:山口もえ
チーフプロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
プロデュース:森下和清、千葉行利、植田博樹
演出:伊與田英徳

⑤「ラプンツェル」
脚本:小野沢美暁
主演:直瀬遥歩
プロデューサー:伊佐野英樹、森下和清、千葉行利
演出:藤尾隆、平野俊一

⑥「親ゆび姫」
脚本:宮藤官九郎
主演:栗山千明
プロデューサー:磯山晶、森下和清、千葉行利
演出:金子文紀、今井夏木、浅野敦也
【中古】コワイ童話「人魚姫」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「みにくいアヒルの子」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「シンデレラ」 [VHS] - Come to Store【中古】コワイ童話「ラプンツェル」 [VHS] - Come to Store
posted by ようすけざん at 22:02| 東京 🌁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

パパとなっちゃん ~オープニングと「あなたに会えてよかった」が最高~

TBSで1991年4月19日~金曜21時に放送されていた
山元清多脚本 田村正和主演「パパとなっちゃん
名曲「あなたに会えてよかった」がこの「パパとなっちゃん」の主題歌で
それを歌ったのは、なっちゃんこと志村夏実役の小泉今日子。

パパとなっちゃん DVD-BOX [DVD] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店パパとなっちゃん【TBSオンデマンド】 第1話 ひとり娘夏実誕生【動画配信】 - 楽天SHOWTIME【中古】 【8cm】あなたに会えてよかった /小泉今日子 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

とにかく「あなたに会えてよかった」の曲の入りが好きで、
発売から30年近く経った今でもベスト10に入る名曲。

パパとなっちゃん」のオープニングは
その「あなたに会えてよかった」が流れながら、
未就学児のころからゆっくりと成長していくなっちゃん。

最後は、父親と腕を組んで歩く。いいオープニングだ。
全く年を取らない志村五郎(演:田村正和)が気にならなくはないが。

田村正和のTBS作品は大きく4つに分かれる。

【子ども絡みシリーズ】
うちの子にかぎって…第1シリーズ(1984年)
うちの子にかぎって…第2シリーズ(1985年)
子供が見てるでしょ!(1985年)
パパはニュースキャスター(1987年)
パパは年中苦労する(1988年)

【カミさんシリーズ】
カミさんの悪口(1993年)
カミさんの悪口2(1995年)
カミさんなんかこわくない(1998年)

【企画先行】
男たちによろしく(1987年)
協奏曲(1996年)
美しい人(1999年)

【お父さんシリーズ】
オヤジぃ。(2000年)
おとうさん(2002年)
夫婦。(2004年)
誰よりもママを愛す(2006年)

パパとなっちゃん」は、子どもと絡むシリーズの最終作でもあり
後の【お父さんシリーズ】の入り口ともいえる作品である。
今でも最終回で小泉今日子の感謝の言葉に、
ソファに寝ながら背を向けて田村正和が鼻水を流しながらが
聞いているシーンが印象的で忘れられない。

それにしても小泉今日子の大学2年生役が初々しくとにかくかわいらしい。
こういうホームドラマもたまにはみたい、
そんな気持ちを強くさせる「パパとなっちゃん」だ。
posted by ようすけざん at 22:58| 東京 🌁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

想い出づくり。 ~山田太一脚本が素晴らしく、古手川祐子・田中裕子・森昌子が美しい~

1981年9月18日から12月25日に
TBS金曜ドラマ枠で放送された山田太一脚本
古手川祐子・田中裕子・森昌子主演「想い出づくり。
想い出づくり。【TBSオンデマンド】 第1話 女ともだちのスタート。【動画配信】 - 楽天SHOWTIME

「北の国から」と同時刻に放送していた作品。
後にあまりにも「北の国から」が有名になってしまったので
想い出づくり。」よりも「北の国から」の方が視聴率が高かったような印象がある。

放送日想い出づくり。北の国から
9月18日18.1-
9月25日15.6-
10月9日14.216.4
10月16日11.911.2
10月23日15.89.3
10月30日15.111.1
11月6日14.610.3
11月13日13.513.5
11月20日15.013.2
11月27日16.314.3
12月4日14.913.5
12月11日14.416.0
12月18日15.413.8
12月25日17.613.2
1月8日-13.5
1月15日-13.2
1月22日-15.1
1月29日-14.4
2月5日-18.6
2月12日-16.2
2月19日-17.0
2月26日-17.5
3月5日-15.7
3月12日-17.8
3月19日-19.6
3月26日-21.0

放送回が重なった12回を調べてみると、
「北の国から」が「想い出づくり。」を上回ったのは2度だけ(1度の同率)で
9度は「想い出づくり。」が上回っていた。
「北の国から」の視聴率が上昇するのは翌年2月以降だった。

想い出づくり。」本当に面白い。
古手川祐子・田中裕子・森昌子が、結婚前の20代前半の女性の姿を等身大で演じている。
”適齢期前の”と、今では聞かなくなったというか、
もはやセクハラともいえるような言葉となってしまった。

古手川祐子は小田急ロマンスカーの社内販売員
森昌子はロッテオリオンズ応援のチアガール
時代を感じる役柄でもある。

そして、柴田恭兵がかっこよすぎるのだ。当時30歳。
「あぶない刑事」で大下勇次を演じるのはこの5年後である。

柴田恭兵が古手川祐子・田中裕子・森昌子を騙すところから始まる
想い出づくり。」14回楽しみにしたい。
posted by ようすけざん at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

コワイ童話「シンデレラ」  ~内山理名の絶頂期を楽しむ~

1999年4月19日~10月4日まで
TBS月曜24時50分~25時20分に放送された「コワイ童話」。

4話完結で

①「シンデレラ」
脚本:武田百合子
主演:内山理名
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、大室清、矢口久雄
演出:吉田秋生

②「人魚姫」
脚本:井上もも
主演:小雪
プロデューサー:磯山晶、大室清、矢口久雄
演出:福澤克雄、磯山晶

③「不思議の国のアリス」
脚本:後藤ひろひと
主演:佐々木蔵之介
プロデューサー:鈴木早苗、大室清
演出:石井康晴、平田さおり

④「みにくいアヒルの子」
脚本:小原信治
主演:山口もえ
チーフプロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
プロデュース:森下和清、千葉行利、植田博樹
演出:伊與田英徳

⑤「ラプンツェル」
脚本:小野沢美暁
主演:直瀬遥歩
プロデューサー:伊佐野英樹、森下和清、千葉行利
演出:藤尾隆、平野俊一

⑥「親ゆび姫」
脚本:宮藤官九郎
主演:栗山千明
プロデューサー:磯山晶、森下和清、千葉行利
演出:金子文紀、今井夏木、浅野敦也

の6作が放送された。
「親ゆび姫」は、宮藤官九郎のテレビドラマ初単独執筆作。

21年前の作品だがスタッフ陣を見ると
植田博樹・伊與田英徳・磯山晶・福澤克雄・伊佐野英樹
丹羽多聞アンドリウ・金子文紀・今井夏木・平野俊一
吉田秋生・石井康晴・鈴木早苗
と、その後のTBSドラマを支えたメンバーが携わっているのが印象的。
そして今でも活躍しているメンバーが多く携わっていた。

第1作「シンデレラ」の主演内山理名は、当時17歳で連続ドラマ初主演。
同じ時期に金曜ドラマ「L×I×V×E」にも出演していた。
「L×I×V×E」は今もう一度見たい作品の一つである。

内山理名と言えば、2003年7月クールのTBS日曜劇場 堂本剛主演「元カレ」。
「元カレ」では、”今カノ”を演じたのだが、
あまりにもあまりにで、残念だったこと今でも覚えている。

ただその後、

大奥〜華の乱〜(2005年10月:フジテレビ)
嫌われ松子の一生(2006年10月:TBS)
生徒諸君!(2007年4月:テレビ朝日)

で主演を務め、2017年にも

マチ工場のオンナ(2017年10月:NHK)

10年ぶりに主演を務めた。
ただ変わらずあまりにもあまりなのは、変わらなかった。

その一方、初々しさで乗り越えられる「シンデレラ」は純粋に楽しめた。
若手スタッフの制作という点もまた初々しい。
TBSは、もう一度深夜にこのような若手をメインにした作品を制作してほしい。
posted by ようすけざん at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

愛はどうだ ~久々の姫子クイズはマッチ棒問題!~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」の
第7話は「全部・・・好きです」
タイトルの通り「どこが好き」と聞かれて「全部」と答える展開が続く第7話。

かなえ(演:つみきみほ)と修一(演:緒形拳)の

修一 :あいつ(矢沢誠)のどこがいいんだ
かなえ:なんとなくお父さんに似ているところかな
修一 :あんな奴俺に似ているか?
かなえ:軽い、単純、思い込んだら一直線、ガキで強情、
    そして何より顔がいい。
修一 :(笑顔になる)
かなえ:今のはヨイショ。

の「愛はどうだ」らしい、やり取り。
なかなか他のドラマで見られないよな。貴重だ。

ラストシーン、なかなか良かった。
追いかけてこなかったと思っていた本村喜一(演:伊原剛志)が
雨の中、三崎家の外で「結婚しよう」と叫ぶ。
外に行くことを悩むあやめ(演:清水美砂)にドアを開け外へ促す修一。
その姿を見て微笑む、かなえとさなえ(演:渋谷琴乃)。
さなえの修一を見る顔が本当にうまい!!


第7話では、久々に姫子クイズが出された。

12本のマッチ棒で作った三角形があります。
このうち5本を動かして、
元の図形の1/3の面積にしてください。
ただし、マッチ棒は全てつながっていること!
姫子♡
posted by ようすけざん at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

愛はどうだ ~かなえが襖を閉めるふりをしたラストシーンが好き~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」の
第6話は「父親って何なんだ」

さなえ(演:渋谷琴乃)が海外留学に行きたいことを
言い出せずにいることが分かる第6話。

渋谷 琴乃(しぶや ことの)
生年月日:1975年6月9日(45歳)
出生地:東京都
血液型:A型

1998年:俳優の渡辺航と結婚

ブログは残念ながら2015年6月9日「40回目」を最後に更新されていない。


また、所属事務所(サンミュージック)ホームページには
アドレスは残っているものの、情報は消されていた。
引退してしまったということだろうか。

2015年6月9日「40回目」の記事の中で、二人の息子さんがいて、
それぞれ中学校と高校に入学していることが書かれていた。
大きなお子さんがいるのだな。
また女優としての活躍を見たいところだ。

話は、「愛はどうだ」に戻って。

ラストでかなえ(演:つみきみほ)が部屋で寝ている修一(演:緒形拳)に
矢沢誠(演:福山雅治)と付き合っていることを伝える。
返事を聞かずに襖を閉めるかなえ。
襖が閉まった音を聞いて、寝たふりをしていた修一が起きる。
後ろにはかなえが。
その時のかなえの表情がいい。

こういうちょっとしたシーンで親子関係がわかる。
本当にうまいなぁ。
posted by ようすけざん at 19:56| 東京 ☁| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

愛はどうだ ~エンドロールで名前と映像があっているのが好き~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」の
第5話は「もう泣くな」

「愛はどうだ」の主題歌、辛島美登里「あなたは知らない」
【中古】 あなたは知らない/See You Aga /辛島美登里 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
が流れるエンディングは、
今となってはほとんど見ることができなくなった演出がされている。

それはキャスト名とバックの映像がリンクしているということ。
しかもその映像は当該回の印象的なシーン。
これが好き。
何かそれぞれのキャラクターに自然と愛着がわいてくるんだよな。

最近は視聴率が低くなるタイミングと考えられ
ストーリーの中でキャストロールが流れること
また、主題歌が流れることがほとんど。
この演出が行われているのはNHKの一部の作品くらい。

たまにはこういうエンディングも良い。

第5話では、大橋真澄(演:伊東ゆかり)と修一(演:緒形拳)が
テニススクールに行き、その後三崎家へ。

大橋真澄が「娘さんが3人もいると、心配だね」と
さなえ(演:渋谷琴乃)に聞くと、
「一番心配なのは父です」

こんどはかなえに大橋真澄が
「3人も娘さんがいると、手間がかかるね」と聞くと
「一番手間がかかるのは父です」

という、一連の流れが好き。
父親よりもしっかりしている娘たちが微笑ましい。

矢沢誠(演:福山雅治)とかなえ(演:つみきみほ)も急接近。
あやめ(演:清水美砂)と本村喜一(演:伊原剛志)の関係も良いけど
矢沢誠とかなえの関係はなんだかわかりやすく可愛いらしい。

さなえの将来も心配になってきた。
次回は折り返しの第6話、今から楽しみだ。
posted by ようすけざん at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

愛はどうだ ~緒形拳と渋谷琴乃の掛け合いが絶妙~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」の
第4話は「何ビビってんだ 」

第3話までは、プロデューサーの遠藤環が演出も兼ねていた。
ここ最近はプロデューサー兼演出というの見た記憶がないな。
第4・5話は山崎恒成が演出。

第4話では、
かなえ(演:つみきみほ)と矢沢誠(演:福山雅治)が三崎家で出会うことになる。
なかなかお似合いの二人で、さなえ(演:渋谷琴乃)が
二人の気持ちにすぐに気づくところが面白い。

愛はどうだ」の魅力の一つは、緒形拳と渋谷琴乃のやりとり。
テンポがとにかく絶妙でいい。親子というより友だちのよう。
緒形拳と羽野晶紀とのやりとりもそれに近い。

愛はどうだ」を見進めていると、三姉妹のキャラクター設定が素晴らしいなと感じる。

象徴的シーンが第3話にあった。

つみきみほと社長との関係があったことで
清水美砂が緒形拳にプロポーズされたことを報告できないでいた。
そこを、渋谷琴乃が軽い感じで清水美砂がプロポーズされたことを緒形拳に伝えてしまう。
その渋谷琴乃の優しさを、理解していたつみきみほが部屋でフォローする。

この一連の流れだけでそれぞれのキャラクター設定がわかる。
第4話では、緒形拳が自室に入った後乱れたスリッパを、
何事もなく清水美砂が直すとか、ちょっとしたことでキャラクターを表現している。
これはキャスト・脚本・演出のこだわり。
見ていて感心してしまう。


終盤、本村喜一(演:伊原剛志)を追いかける緒形拳が
「娘を、あやめを、よろしくお願いいたします。」
というシーンはグッとくる。
そこでおとなしく収まるのかと思いきや、うまくいかないのが「愛はどうだ」。

すぐそこから結局「お願いします」と入ったものの
心配になってしまう緒形拳の気持ちの揺れ動きが激しい。

ラストで、対峙する3姉妹と父親。
このカットは台詞がないのだが、4人それぞれが言いたいことが伝わってきた。

まだ4話で半分も来ていないが、面白すぎる。
posted by ようすけざん at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

愛はどうだ ~緒形拳の卓袱台返しでなく、オフィスデスク返し~

遠藤察男脚本 緒形拳主演「愛はどうだ」の
第3話は「娘はやらん!  」
三崎家の最寄りが京王井の頭線の東松原駅だとわかった回。


第2話で出された姫子のクイズ

「ここに同じ大きさのリンゴが7つあります。
これを8人の子供に平等に分けたいのです
が、できるだけ切る回数を少なくするため
には、どのように切り分ければ良いのでしょうか?
姫子♡」

の答えは

12回

なかなか難しい。

第3話の質問は

「小さなグラス3つと大きなグラス2つ。
小さなグラスにはウイスキーがたっぷり入っている。
そしえウイスキー3杯分と同量の水がある。
グラス5つを使って、2杯同じ濃さの水割りを作るには
どうしたらよいでしょうか。」

この回答は、第3話内でさなえ(演:渋谷琴乃)が解いてしまう。
これ以降しばらく姫子のクイズは出てこない。

第3話は印象的なシーンが多かった。
かなえ(演:つみきみほ)を裏切った社長の部屋に緒形拳が乗り込み
社長のデスクをひっくり返すシーン。
どんだけ軽いのか!と思いつつも、後にも先にも見たことない。

もう一つは、本村喜一(演:伊原剛志)が三崎家に挨拶に来るのだが
かなえ、さなえが飲ませすぎて、扱いにくくなる過程。
飲ませようとするかなえ、さなえが可愛すぎる。

そして最後は、酔っぱらった本村喜一を柔道技で投げる緒形拳。
このシーンも、他のドラマでは見たことないな。

何より本村喜一投げた後、緒形拳は腰が痛くなり腰をおさえながら第3話が終了、
という展開はさすが。

娘たち(清水美砂・つみきみほ・渋谷琴乃)を好きすぎて
心配してしまう父親(緒形拳)

この後の展開が楽しみだ。もちろん見たことはあるのだが。
posted by ようすけざん at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | 2004年以前の作品 | 更新情報をチェックする