ホタルノヒカリ 最終回

『ホタルノヒカリ』は綾瀬はるかの代表作になったのではないだろうか。 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年、TBS) 廣瀬亜紀役 『あいくるしい』(2005年、TBS) 真柴みちる役 『白夜行』(2006年、TBS) 唐沢雪穂役 『たったひとつの恋』(2006年、日本テレビ)月丘菜緒役 とヒロインは続いたものの、初めての主演作品。 …

続きを読む

牛に願いをLove&Farm 最終回

最後までパッとしなかった「牛に願いをLove&Farm」 原因はやっぱり脚本だよなぁ。あまりにパッとしなさすぎる。 最終回のために引っ張った大杉蓮が、最終回開始後すぐに あんなピンピンしていては騙された以上に、 所詮こんな引っ張りかたしか出来なかったんだろうな、と同情してしまう。 っていうか、このドラマって何のドラマなんだっけ??…

続きを読む

女帝 ~関西と関東の視聴率格差縮まる~

話題沸騰の「女帝」の第9回の視聴率が 14.0% と過去最高を記録。 同じ週の他のドラマと比較すると 「花ざかりの君たちへ」17.8% 「山田太郎ものがたり」16.3% 「ホタルノヒカリ」14.7% 「ライフ」14.2% に次いで第5位の記録となった。 つまり、 「ファースト・キス」13.8% を若干ではあるが上回ったこと…

続きを読む

山田太郎ものがたり ~最終回につながるエアギター!~

「世界陸上」で1週お休みしたあとの第9話。 そして、来週最終回なんだぁ。もうちょっと見たいな~ 9月14日最終回なんて早いよなぁ。 これって、視聴率取れなかったときのリスクヘッジなんだろう。 「山田太郎ものがたり」第9話。 元の家に戻ることはもちろん想定できることなのだが、 本当に太郎の兄弟が戻ってもいいと思っているかの気持ちが伝わ…

続きを読む

女帝 ~デビット伊東と泉谷しげるの恐演?!~

薫は彩香でなく、直人を刺してしまうわけだが、 刺されどころ??が良かったのか、血の出具合が恐ろしく少ない。 グサっという音の割には、刃物についた血液はべちゃっていう感じ。 彩香の撃たれたシーンもそうだけど、もう少し演出に気を使うだけで 全然違う作品の質になると思うんだけどな~ 詰めが甘いというか、あえてそうしているとしか思えない。 …

続きを読む

ホタルノヒカリ ~綾瀬はるかと藤木直人は迷コンビ?!~

見るのをやめていなかった「ホタルノヒカリ」 綾瀬はるかと藤木直人のコンビがなんだか愛おしく見えてきた。 「こんなことなら、チューしておけばよかった」 「しとけばよかったな」 の掛け合いはお互いの気持ちの絶妙な心の動きは見えた。 ちょっとがんばる蛍さん、っていうフレーズもなかなかおもしろい。 なんだかかわいくなかった綾瀬はるか…

続きを読む

牛に願いをLove&Farm ~普通の恋愛ドラマが見たかった~

設定だけはおもしろいんだけど・・・というドラマが多い。 作りこんでいくと、3~4話くらいで急な行き詰まりを見せる。 そうなると、キャラクターが今までと違う気持ちや意識を持たされる。 視聴率も低迷するので、話をさらに奇抜にしたり、 最悪の場合短縮することに、話が完全にまとまらなくなる。 結局、第1話と全く違う作品になってしまう。 これが、…

続きを読む

ライフ ~真矢みき魅力的!!~

それにしても、サブタイトルがいただけなさ過ぎる。 『話題沸騰闘いは新たな舞台へ!!形勢逆転を目指せ!!』 だって、自分たちで『話題沸騰』って、恥ずかしくないのだろうか。 そして、なんかドラゴンボールチック。!!マークが多いからだろうか? ということで、「ライフ」は本格的に逆襲が始まった。 逆襲というより自滅なのだが。 歩たち3人…

続きを読む

ライフ ~私、今闘っているの!!~

やっと闘ってくれたよ~やっぱり気持ちがいい。 「私、今闘っているの!」っていう台詞力強くて、 やっと8話にして聞きたかった台詞を聞いたよ。 それから、愛海の父親と戦う歩と羽鳥のシーンも 緊迫感があって良かったなぁ。 一方的に何かをされいるのを見るくらいつまらないものはない。 だからこそこの展開を求めていたのだ!! ヒロが飛び降…

続きを読む

山田太郎ものがたり ~世界陸上は汚点に?!~

「山田太郎ものがたり」も、 盛り上がっていないのに無理矢理盛り上げている「世界陸上」の 餌食となり、2007年8月31日OAは休止となっている。 そのため、第8話は第9話に引っ張るために続きものとなっている。 いままで「山田太郎ものがたり」についてはキャストを褒めてきたが、 今回は脚本のマギーについて。 そう、脚本をマギーが書いてい…

続きを読む