砂時計 ~結婚しちゃうのですか・・・~

おばあちゃんが、またも良いところで出てきました。 杏の次は、大吾を助けたおばあちゃん、やはり偉大です。   それにしても、杏、佐倉にあっさり落ちてしまいました。 大吾と藤という、煮えきれない男を相手にしていたせいか、 ぐぐっと引っ張る佐倉に惹かれるのは必然なのだろう。 っていうか、早い!!   そして、海外勤務っ…

続きを読む

 砂時計Comment (315)

砂時計 ~恐るべし!スターダストプロモーション~

砂時計のキャストを調べてみると 大人の杏の佐藤めぐみ 大人の大吾の竹財輝之助、中高時代の大吾の佐野和真そして、主題歌を歌う柴咲コウ と、いいところを押さえているスターダストプロモーション。さすが!!である。   それにしても、佐藤めぐみうまくなった。 空港で大吾と別れるシーンなんて、ベタだけどいい。 役が育てるっていうことは…

続きを読む

 砂時計Comment (1)

砂時計 ~佐藤めぐみはブレイクするか?!~

いよいよ大人の大吾と杏の物語が始まった。 大人の杏は佐藤めぐみ。 彼女のデビューは、「3年B組金八先生」第6シリーズ。 要するに、上戸彩のシリーズ。その、赤嶺繭子役。 このシリーズにはその他、中尾明慶、斎藤祥太、本仮屋ユイカが生き残っている。その後「花より男子」の三条桜子役でブレイクするかと思いきや 完全に井上真央に食われ、ブレイクに…

続きを読む

 砂時計Comment (12)

砂時計 ~成人式での出会いとは・・・~

杏も、大吾も無事に成人式を迎えた。 大学や短大に入ると、今までになかったような経験をして成人式を迎える。 それが実は、成人式の前に迎える大人の第一歩なのかも。   久しぶりに会った杏と大吾の表情は初々しくて、すっごく新鮮でかわいかった。 少し大人になったからこそなのかもしれないなぁ。 そして別れた時の杏の表情はこの上なくかわい…

続きを読む

 砂時計Comment (13)

砂時計 ~ベタさにハマる!!~

去年「吾輩は主婦である」を途中で断念して以来の「愛の劇場」 「砂時計」は、「Betsucomi」で2003年5月号から2006年7月号まで連載された漫画が原作である。 主人公杏の12歳から26歳までの14年間を、砂時計をからませ描いている。   役者は若手を起用し、演技に難はあれども丁寧に描いている。 この番組のプロデューサーも…

続きを読む

 砂時計Comment (1)