流星の絆 ~クドカン×東野圭吾は成立するか?~

東野圭吾作品に宮藤官九郎という組み合わせの妙は、磯山晶プロデューサーならでは。 「白夜行」のように硬派一直線路線ではなく、緩急入り混じった展開にした。 これは、なかなか興味深い。 原作ものをそのまま映像化するのではなく、映像だから出来ること、 テレビの脚本家だから書けることに改定していくことは、 多くのドラマ制作者が見習うべきだ。 …

続きを読む

イノセント・ラヴ ~堀北真希と北川悠仁には荷が重い?!~

2008年10月クールの月9は「イノセント・ラヴ」。 「ラスト・フレンズ」のスタッフが集結した作品として話題となったが、 それほど話題になることなのだろうか??と思うネタである。 とにかく、堀北真希には不幸が似合ってしまう。 そこが魅力に感じられるのは、ナイスキャスティングということだろう。 ただ、北川悠仁はがんばっているのだが、なに…

続きを読む

ギラギラ ~祝!佐々木蔵之介初主演!!~

小劇団惑星ピスタチオの佐々木蔵之介が、 いつの間にかゴールデンタイムのドラマの主演を演じることに。 今となっては、少し遅いのではないかというイメージすらある。 その初主演作は「ギラギラ」。 ホストの世界を描く作品である。 どうしても、ホスト・ホステスを描いたドラマは近づきがたいのだが、 佐々木蔵之介主演とあれば見なくてはならないと思…

続きを読む

ブラッディ・マンデイ ~恋空の汚点を消せるか?~

「三浦春馬、がんばってるじゃ~ん!!」っていうことと 「SP」意識しすぎ??っていうことが、印象に残った初回2時間スペシャル。 テンポがとにかくよいし、CMを入れるタイミングが絶妙で、CMの多さが気にならない 作品となっていて、非常に今後が楽しみな作品である。 それにしても、吉瀬美智子がエロイ。 「ライアーゲーム」でブレイクしたイメー…

続きを読む

風のガーデン ~緒形拳の遺作~

緒形拳の遺作となった「風のガーデン」。 クランクアップは既にしており、緒形拳の雄姿を最後まで見ることが出来る。 「風のガーデン」は、落ちついている。 他のドラマにはない、この落ち着きさ加減はなんなのだろうか。 富良野という土地がそうさせているのかもしれない。 それにしても、中井貴一の娘役が黒木メイサなのにはなんだか違和感を感じる。…

続きを読む

Room Of King ~鈴木杏≒黒沢かずこ??~

あまり期待せずに見た「Room Of King」 導入部分なので内容はまだまだこれからなのだが・・・ とにかく、びっくりしたのが鈴木杏の巨大化だ。 内容以上にインパクトがあったことは間違いない、鈴木杏の増強っぷり。 どうしてしまったのだろうか、鈴木杏。 確かにやせているタイプではないが、それにしてもちょっとひどい。 その鈴木杏の…

続きを読む

ROOKIES スペシャル ~だからテレビは馬鹿にされる!~

いやいや~好きだった「ROOKIES」が一気に嫌いになったよ。なぜなら「ROOKIES スペシャル」は単なる総集編でしかなかったから。 せっかくいい作品を作ったのにこれで台無し。 確かに、テレビ欄には 「あの男たちが帰って来た!いざ最後の夏へ そして、今明かされる野球部最後の夜の真実まだ夢は終わらない ~遥かなる甲子園への道~甦る感動…

続きを読む

2008年7月クールのドラマについて思うこと

ドラマを見始めて20年以上。単純に20×4クールで80クール見ていることになるのだが、 2008年7月クールは完走したドラマがなかった。 これは、80クールの中でも初めてのことだ。 仕事がバタバタしていたので・・・というのは過去にもあったことで理由にはならない。 やっぱり見たいものがなかったということなのだ。 初回見たのは、 「…

続きを読む

恋空 初回

期待をはるかに超える作品となった「ROOKIES」の後番組は「恋空」。 http://www.tbs.co.jp/koi-zora/cast/ 新垣結衣と三浦春馬で映画化しヒットした作品で、もともとは携帯小説でブームを 起こした作品である。 とにかくひどい作品なのだ。 キャストは、何を狙ったかほぼ無名で揃えてきた。 水沢エレナ、瀬戸…

続きを読む

ラスト・フレンズ 最終回

「ラスト・フレンズ」の最終回なのだが・・・・・・ 本当に残念な結果になってしまった。 なぜにこんなに急いで描ききらなくてはいけなかったのだろうか。 最終回だけ別の脚本家が書いたのではないか?と勘ぐりたくなるほどひどかった。 最悪なのは、瑛太と上野樹里がバイクで事故を起こすシーンである。 あのシーン必要だったのだろうか? 長澤まさみに…

続きを読む