ぼくの妹 ~コメディが吉だったのでは?!~

中途半端な展開でしかない「ぼくの妹」。 脚本に一貫性がなく、予想通りの1話MAX。 オダギリジョーも、長澤まさみも全くといっていいほど活きていない。 っていうか、誰でもいいんじゃないだろうか?! とにかく残念な内容となってしまった。 長澤まさみは共演者の魅力に騙されて、出演してしまうのか? 脚本力作品力を見抜く事務所の力のなさを…

続きを読む

婚カツ! ~月9初の視聴率1桁!!!~

「婚カツ!」http://wwwz.fujitv.co.jp/kon-katsu/index.htmlの 2009年5月4日放送分の第3話の視聴率が 9.4% であった。 月9が始まって以来初の視聴率1桁となった。 それほどつまらないとも思えないんだけどなぁ。 「婚カツ!」より、ダメダメな作品はたくさんあったのに、なんでここで・・・…

続きを読む

アイシテル-海容- ~田中美佐子の効用~

「アイシテル」のキャスティングはなかなか良い。 特に田中美佐子のポジションは田中美佐子が一番向いているのではというくらい ベストキャスティング。 それから、小沢家のメンバーも良い。 父親の佐野史郎、母親の板谷由夏、姉の川島海荷、そして息子役の佐藤詩音。 息子をなくした家族3人の絆の強さは、涙なくしては見られない。 板谷由夏の母親は絶…

続きを読む

臨場 ~内野聖陽の独特演技は魅力~

TBSが木曜日21時から水曜21時にドラマ枠を移動したために TBSとテレビ朝日が水曜日21時枠とぶつかることに。 といっても、今まで木曜日21時枠でもぶつかっていたのだが・・・ それにしても、相棒シリーズで好調なテレビ朝日水曜21時枠に移動した TBSの戦略が見えない。 2009年4月クールは「夫婦道」の裏が「臨場」。横山秀夫原…

続きを読む

スマイル ~新垣結衣の笑顔はこの上ない~

いや~新垣結衣の笑顔ときたら、もうたまらない。 声が出せないから、表情で必死に伝えようとするからなおさらだ。 ドラマの展開はかなり早く、松本潤の無罪は立証されたのだが・・・ またしても、事件が起きる。 それにしても、警察のお粗末さに助けられる作品が多い気がする。 なんだか、作品自体の質が下がるので、できるだけこらえてほしい。 「…

続きを読む

アイシテル-海容- ~川島海荷ブレイク間違いなし!~

いや~本当に見ているのがつらくなる。 その中で、川島海荷が注目だ。かわしまうみか、と読む。 1994年3月3日生まれの15歳。 かなり魅力的な女優さんになるのではないだろうか。 と思って、川島海荷のブログを見ると、まぁいまどきの子。 http://ameblo.jp/kawashima-umika/ カルピスウォーターのCM…

続きを読む

ぼくの妹 ~ともさかりえぇぇぇぇぇ!~

TBS日曜劇場2009年4月クールは「ぼくの妹」 http://www.tbs.co.jp/bokunoimouto/ ぼくの妹 ~オダギリジョーのストレート演技に注目か!?~(2009年3月11日)でも 書いたのだが、注目はオダギリジョー。 実際1時間強見ていると、1時間はいたって普通。 オダギリジョーと長澤まさみの兄弟関係もな…

続きを読む

スマイル ~新垣結衣の悲しい過去とは?~

2009年4月クールの期待作のひとつ「スマイル」。 http://www.tbs.co.jp/smile09/ 松本潤も好きだし、新垣結衣も好きだし、言うことなし。 そして、オリジナル脚本ということに関しても十分魅力的なのである。 いや~久々に見たフィリピン人という設定。 東南アジアの人物がドラマに登場することは近年あまりなかった…

続きを読む

アイシテル-海容- ~問題作?!~

見るつもりはなかった「アイシテル-海容-」 http://www.ntv.co.jp/aishiteru/ 10歳の子供が7歳の子供を殺すという衝撃的な内容。 ちなみに、海容とは 「海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと。」 自分の子供を殺されて、いくら広い寛容な心でも許すことができるのだろうか・・・ なぜ…

続きを読む

夫婦道 ~目指せ渡鬼??~

2007年4月クールに放送された”ただごとドラマ”「夫婦道」の続編 「夫婦道」http://www.tbs.co.jp/fufudo09/が 27年ぶりに復活したTBS水曜劇場第1弾として放送。 「渡る世間は鬼ばかり」ばりに、結婚したはずの娘たちが戻ってきた。 そこからはじまる第2弾の「夫婦道」である。 このドラマおそらく収録は既…

続きを読む