2006年07月30日

雨と夢のあとに 〜天才福田麻由子は舞台でも天才だった!!〜

 「クローズ・ユア・アイズ」以来実に6年ぶりに「演劇集団キャラメルボックス」の作品を観た。
6年前とは団員の顔ぶれも大きく変わっていて、当時若手有望株でいくつかの作品に

主演していた中村亮子と小川江利子の姿はもうなかった。

(ちなみに中村亮子はT&Gで働いているようです。)
 
今作品は、福田麻由子をはじめキャスティングで見せた部分が大きい。

10話のドラマを2時間弱にまとめるということは、スピーディさが生まれる部分
こころの動きを丁寧に描くことが難しくなってくる。
その心の動きを表現できたのは、キャストの力が一番だろう。
 
それにしても、中盤からは涙が止まりませんでしたよ。
とにかく、福田麻由子がうまい!!
体の動きの硬さが若干あれど、12歳ですよ。
ドラマとは違って、生のお客さんがすぐそばにいる状況だし、
 一秒たりとも気が抜けない状況での、あの演技とあの表情。

いやいや、将来どんな女優になるのか本当に楽しみ。
彼女の笑顔は本当に幸せになります。
 
それから、岡田達也。
38歳なんですね〜 もうベテラン。
雨と完全に親子になっていて、演技での親子ではなく、本当の親子にしか見えなかった

といっても過言ではなかった。
 
久松信美、楠見薫を夫婦役としたところもすばらしい。
ドラマ版にも負けない熱演。
 
それにしても驚いたのは、岡内美喜子。
きれいなんだけど、伸びない女優というイメージだったのだが・・・

すばらしい暁子さんでした。
とにかく、6年という歳月がここまで人を成長させるか!!と驚いた。
中村亮子、小川江利子退団後の若手女優の重圧を背負いながらも
ここまできたのには相当の努力があったのだと思う。
同じ年なのになんだか、娘の成長を見ているようだった。
雨に対するあの優しい表情、心惹かれました。
 
6年ぶりに見に来た芝居には

大森美紀子、西川浩幸、石川寛美、上川隆也
坂口理恵、菅野良一、前田綾、細見大輔
が出ていなかったけれども、

私が好きだった「演劇集団キャラメルボックス」でした。

6000円というチケット代はあまりに高い気がするが、
この作品に関しては十分にその価値がある作品だった。
ぜひ、ご覧下さい!!