2019年03月30日

前略 めぐみちゃんへ ~横田夫妻、最後の戦い~

偶然見たのだが、涙が止まらなかった。

1977年に拉致されてから41年。
2002年の拉致被害者5人の帰国から16年。

これだけでの月日が過ぎても
横田めぐみさんは今日まで姿を現していない。

月日はただ流れるわけではなく、人の老いとともに流れ行く。

去年4月から入院生活が続き、テレビでその姿を見なくなった横田滋さんは現在86歳。入院直前まで番組のカメラはその姿を追い続けていた。集会でなかなか言葉が出ずに詰まってしまう場面、会見で絞り出すようにめぐみさんの名を呼ぶ場面、靴の脱ぎ履きも含め日常生活の全てを早紀江さんがサポートする場面など、あのいつも誰に対しても笑顔を絶やさず精力的に活動してきた滋さんに忍び寄る「老い」を取材。滋さんは今も、めぐみさんから拉致の前日にプレゼントされたくしや、めぐみさんの写真を病室に置いて、めぐみさんの帰りを待っているという。(番組HPより)

横田滋さんは86歳。
亡くなった拉致被害者家族も少なくない。

なぜ解決できないのか、は分からない。
でも解決できていない事実は誰もが知っている。

今回、一番つらかったシーンは、自分の娘の帰国は叶わなかった
2002年の拉致被害者5人帰国時の羽田空港での横田滋さんの行動。

タラップから帰国した拉致被害者を囲む、被害者の会の人々。
その中で横田滋さんは自分の娘が帰ってこなかったことを悲しんでいる様子を見せることなく
帰国者の家族の写真をいろいろなところで撮っていた。
悲しむより、他者の幸せを喜ぶ。
そのような横田滋さんの人柄を表す行動であった。

そう、”最後の戦い”だ。
あえてこのようにつけたのだろう。

もう横田夫妻に残された時間は少ない。

ゴールデン・プライム帯でのオンエアではなかったが、
フジテレビは15:30~17:30の2時間を使って”最後の戦い”のサポートをした。

日本としてもこの”最後の戦い”に報えるような努力を積極的にしてほしい。
言うことしかできず悔しい。
posted by ようすけざん at 18:45| 東京 ☁| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

ヤメ暴-漂流する暴力団離脱者たち- ~漂流が過ぎる~

CBC制作の「ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~」を見た。

「暴力団対策法」により暴力団員をやめた人のその後が
気になったことがきっかけでディレクターが取材を始めた番組。

1992年3月に「暴力団対策法」が施行され、
63,800人いた構成員は16,800人まで減少。
つまり、全国にいる”ヤメ暴”は約45,000人という実態がある。

また、現在国が把握している”ヤメ暴”は過去10年で約23,000人。
その中で就職したのは182人という状況。


今回取り上げられたのは、香川県善通寺市にある建設会社「西山組」の会長西山俊一さん。
西村会長は、山口組系列の暴力団の組長になったものの
32歳の時に上部組織の解散を期にカタギの世界に入った。
その後、共に足を洗った仲間たちと「西山組」を立ち上げていた。

その西山さんのもとには全国の”ヤメ暴”の人たちから手紙が届いている。

それは、その「西山組」が”ヤメ暴”の自立支援を行っているからである。
現在、20~60代の10人が一緒に暮らし、30人以上が巣立っていった。
給料は月20数万円程度(週休2日制)で、寮費などを差し引かれたものを従業員に支給
と、きちんとした体制を整えた企業だからである。


ただ前述したように、就職できない”ヤメ暴”がほとんどである。
違法な形で、楽して稼げることを覚えてしまうと、
なかなか体を動かして苦労して稼ぐことが億劫になってしまう。

今回取り上げた”ヤメ暴”も、
建設の仕事について、当初は仕事を覚えて独立すると言っていたものの、
荷物を残したまま、無断で退職し失踪してしまった。
その後荷物を送り返してほしいと願い出た住所は、暴力団事務所であった。

昨日書いた「詐欺の子」でも感じたことだが、
詐欺で簡単に稼げることに慣れてしまう恐ろしさである。


やっぱり自分は働けないから、悪いことして稼がなくては。
そっちの方が楽だし・・・

そんな気持ちが透けて見えるインタビューもあった。


西山さんは
「暴力団について法律などでヤメさせたが、
ヤメた人が彷徨っている状態を、国はどう考えているのか尋ねたい」
とおっしゃる。

確かにそうだ。

国は「良かれ」と思って、闇から抜け出せるようにしたのかもしれない。
ただ実際は、

闇から抜け出せたように見えて、
抜きれていなくて、
また戻ってしまっている

そんな状況だったのだ。
また戻っている実態への対策が急務である。

とにかく西山俊一さんの熱い思いが伝わってくる時間であった。
一人でも社会復帰できることをただ祈るだけである。
posted by ようすけざん at 22:04| 東京 🌁| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

罠師 -片桐邦雄・ジビエの極意- ~こだわりの肉が通販でも購入できる!!~

平成30年度日本民間放送連盟賞テレビ部門 グランプリを受賞したのが


2019年1月5日にTBSで放送された。


ジビエとは、

野ウサギ、シカ、イノシシなど狩猟で捕獲された食肉

のこと。

片桐邦雄は、秋冬は野山を巡り、シカやイノシシを捕えている。
そしてその捉えた動物たちを食として提供すること
中心に描いた作品である。

片桐邦雄は、鉄砲で殺傷するのではなく、手作りの罠を仕掛け、
素手で生け捕ることにこだわりを持っている。

日々罠を仕掛けた場所に獣がかかっていないかを巡っている様子、
野生のイノシシの仕留め方
そのイノシシのさばき方などなど。

とにかくすべての行動に衝撃を受けた。

特に、罠にかかった野生イノシシを生きたまま車に乗せる姿は
息が止まるほどの映像だった。

その片桐邦雄が経営しているお店が



ぜひ一度は行ってみたい。
場所は、
天竜浜名湖鉄道 天竜浜名湖線「二俣本町」駅より徒歩7分

東京から行くなら、東海道新幹線で東京から掛川まで行き、
そこから天竜浜名湖線で掛川から二俣本町へ。

東海道新幹線の乗車時間は約1時間40分で、運賃・自由席特急券は7,340円。
天竜浜名湖線の乗車時間は約1時間で、運賃は700円。
往復16,080円。

何か近くまで行くことがあれば絶対行きたい店である。

我慢できない場合は、通販も展開している。


と様々。
だが残念ながら、売り切れがほとんど。

ブログは

ホームページに掲載されている番組内容は以下の通り。

秋から冬にかけての狩猟期間中、日々、片桐邦雄さんは100㎞近く野山を巡ります。シカやイノシシの気配を落ち葉や泥の痕跡から探り、「ウツ」と呼ぶ獣道に罠を仕掛け、ひたすら野生のけものと対決する毎日です。

45年に及ぶ罠師の経験は、片桐さんに研ぎ澄まされた感性とストイックな生活を与えました。感覚が研ぎ澄まされた野生のけものは、「ウツ」の異変や罠を一瞬で見抜きます。そのけものと対峙するためには、己の気配を消す。酒やタバコはやらず、整髪料やクリームはもとより入浴剤の使用も御法度です。仕事着はシーズン中、一度も洗わず、罠には餌を撒かず…。餌を食べた瞬間から野生は「家畜」になると考えるからです。

イノシシは、成獣になると80㎏以上に及びます。罠にかかり前足が拘束されていても飛びついたり暴れたりするため、捕獲は命がけの戦いです。まず走力や踏ん張りを無くし、視界をテープでふさぎます。銃を使わず罠猟で生け捕りにするのも、捕えた獲物に目隠しをして恐怖心を和らげるのも、すべては大事な命をより良い状態で頂くためなのです。

捕えた獲物を解体するときは、片桐さんが「罠師」から「料理人」に変わるときでもあります。獲物のストレスを最小限にするため、鑓の一突きで命を絶ち、食材に変えていきます。けもの肉は命を絶たれた瞬間から酸化が始まり腐敗の道を辿ります。素早く血抜きをし、全ての部位を処理することで「余すことなく美味しく食すること」ができるのです。これこそが、獲物への最大の感謝だと片桐さんは信じます。 番組は、自然への敬意と鮮やかな技、ジビエ料理の極意に迫ります。ひとり野山に入り、けものと対等な視線で命をやりとりする片桐さんの生き方が、都市で暮らす私たちが忘れかけた「いただきます」の意味を思い出させてくれるでしょう。
posted by ようすけざん at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

矢方美紀 26歳の乳がんダイアリー ~美しい笑顔をこれからも見続けたい~

2018年10月26日深夜に偶然見た「矢方美紀 26歳の乳がんダイアリー」。

テレビを見ていてチャネルを合わせたわけではなく、
偶然テレビをつけたら放送していたのが

申し訳ないけれどもこの番組を見るまで知らなかった。

矢方美紀(やかた みき)1992年6月29日大分県生まれ
SKE48チームSの元メンバーで、リーダーを務めていた。
8年間、SKE48のメンバーとして活躍していた。


2018年10月26日のブログに掲載されていた。
治療してる中でも変わらず
私は楽しいことも辛いことも
たくさんある事を知りました。
そんな人もいること、
いろんな方がいること
少しだけでも知って頂けたら幸いです

これを読んだだけで熱くなってしまった。

矢方美紀は2018年4月13日のブログ ”*お知らせ* ” で

【前略】
去年の12月、私の身体にずっと気になる箇所があり、周りの方にも色々と相談をして・・・
病院に行ってみたところ、「改めて詳しく検査を受けてください!」と言われ
その検査の結果で、乳がんだと判明しました。
その後、他にも異常はないか色々な検査を受けて
先日手術を受け、左乳房全摘出とリンパ節切除を行いました。

【中略】

これからも沢山乗り越える事はあるかと思いますが、それ以上にやりたい事が沢山あります!
今までのように前向きに進んで行きますので
今後もよろしくお願い致します。

乳がんが判明し、左乳房全摘出手術を行ったことを告白した。

矢方美紀 26歳の乳がんダイアリー」は、この半年の矢方美紀の生活の記録である。

動画は、
をはじめとして、

のような体の状況や

のようにつらい時も、
矢方美紀は表情を見せてくれていた。

そして、
と。
治療が終わったわけではないが、おつかれさまです。

矢方美紀の笑顔は美しい。
SKE時代と比べれば、笑顔の回数は格段に減ってしまったかもしれない。
その笑顔の回数が戻り、SKE時代を超える笑顔を見たい。

初めて知った方だが、とても惹かれる方だった。
偶然見た番組で知ることができて良かった。
posted by ようすけざん at 13:38| 東京 🌁| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

島は学び舎“教育の橋”をかけた離島から ~少子化の中での高校魅力化の課題~

少子高齢化を突き進む日本。

「2018年問題」は大学を基準にした考え方で、
高等学校は2015年、中学校は2012年にはその問題が到来していたことになる。

校数は下記の通り、減少の一途をたどる。
 21222324252627282930
高校5,1835,1165,0605,0224,9814,9634,9394,9254,9074,897
中学校10,86410,73510,75110,69910,62810,55710,48410,40410,32510,270
小学校22,25822,00021,72121,46021,13120,85220,60120,31320,09519,892
幼稚園13,51613,39213,29913,17013,04312,90511,67411,25210,87810,474
※文部科学省学校基本調査。平成30年度は文部科学省学校基本調査速報。

この10年で、
高校:286校
中学校:594校
小学校:2,366校
幼稚園:3,042園
が全国で減少した。

その状況中、
第27回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品として制作されたのが
島は学び舎“教育の橋”をかけた離島から
制作はテレビ新広島。

全国募集を開始している高校は近年増加している。
島根県県立隠岐島前高校がその走りで、成功を収めている。
今では、「地域みらい留学」というホームページで全国募集の高校を調べることもできる。


posted by ようすけざん at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

未解決事件 File.07 警察庁長官狙撃事件 ~骨太な調査報道に感服~

NHKが2011年に放送を開始した「未解決事件


に続き、今回はFile.07 警察庁長官狙撃事件

事件の概要は以下の通り、

1995年(平成7年)3月30日 午前8時31分頃、
警察庁に出勤途中の國松孝次警察庁長官に対し、何者かが殺意を持って後方から拳銃4発を発射。
背部・腹部等への射傷による損傷に伴う出血性ショックにより瀕死の重傷を負わせた。

今回の「未解決事件 File.07 警察庁長官狙撃事件」で國松孝次警察庁長官の撃たれた後の写真があまりに衝撃的だった。
奇跡的に生き延びたとは言い過ぎではなく、奇跡だ。


今回の制作への意気込みは

今回のドキュメンタリーでは、捜査線上に浮上した
「オウム真理教の犯行説」「暴力団説」「北朝鮮説」、
そして「中村泰説」など、さまざまに検証を行いました。

その結果、番組で構成したのは、
わたしたちが取材し、一次資料や証言を得ることで、
裏付けが出来た事実に限りました。
こんな、取材者として当たり前の行為を、改めて突き付けられた日々でした。

愚直な調査報道をぜひ見てください。

この文章を見るだけで十分に感じる。
そして、その意気込み通りの充実した作品で、あっという間の49分間。

一次資料や証言
これらがいかに今ないがしろにされているか。
ワイドショーではこれらが忘れ去られ、憶測だけの議論が展開されものばかり。
未解決事件 File.07 警察庁長官狙撃事件」を見て、それに慣れてしまっていることに恥ずかしさを感じた。


この話題が文藝春秋でも2018年5月号で

として取り上げられ、この記事でも中村泰無期懲役囚犯人説を唱えている。

オウム真理教を犯人としたかった公安一課のプライドの結果だったのだろうか。

中村泰無期懲役囚の証言通り、隠されたものは山林から出てくるのか。
徳川埋蔵金さながらではあるが、今後の追加情報に期待したい。
posted by ようすけざん at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

病院ラジオ ~サンドウィッチマンだからできる企画~

2018年8月9日にNHKで放送されたサンドウィッチマン出演の「病院ラジオ」。



内容は知らず、タイトルとサンドウィッチマンに魅力を感じ、見てみた。

病院にラジオ局があったら、どんな思いが聞けるだろう。サンドウィッチマンの2人が、
大阪の国立病院に出向き、2日間限定で、手作りの出張ラジオ局を開設。
患者や家族から、病気と向き合うなかで、普段なかなか言えない本音を聞き出していく。
病気になって気づいた人生の喜びや悲しみ。その思いを、リクエストした曲にのせて届けていく。
ラジオを通じてさまざまな思いが交錯する、新しい形の感動ドキュメンタリー。

という内容。

結論から言うと素晴らしい番組だった。

舞台は、大阪府吹田市にある国立循環器病研究センター
photo

国立循環器病研究センターの中庭にテントを張り、2日間限定のネットラジオ局を立ち上げた。
ラジオを聴けるのは病院内のみ、という設定。

この国立循環器病研究センターは、循環器を専門とする日本最先端の医療機関であり、
入院している患者の病態は決して軽い方ではない。

その患者の家族や本人から話を聞くというのはなかなかハード。
そして、その患者本人も病院のどこかで話を聞いているというのだからなおさらである。

そこは、さすがサンドウィッチマン
サンドウィッチマンの相手の話を聞くことの巧みさで、
単なるお涙頂戴ドキュメントにならなかった。

どういうことか、それはサンドウィッチマンが聞き役に徹して、
頷き、感心し、相手の言葉を引き出していく。
だから、無理やり相手の話を聞き出した感じがないということだ。
もちろん事前にヒアリングしている分はあるだろう。
ただ、それでもここまではなかなかできない。

そもそもサンドウィッチマンはしゃべることが仕事だ。
その二人が聞き上手というのは意外かもしれないが、
どの番組でも重宝される存在となっていることから聞き上手なのは頷ける。

この「病院ラジオ」で
最も印象的だったのは、ラストのサンドウィッチマンのコメント

(富澤)病院って、痛いとかつらいとか悲しいとか、
    冷たい感情のある場所だと思ってたけど、いろんな人と話すと、
    こう、感謝だったり優しさだったり。

(伊達)あったかいな。あったかい話が多かったなぁ~

(富澤)もしかしたら、一番あったかい感情がある場所なのかな

と、確かに温かい気持ちになりました。

2018年8月19日(日) 午前9時00分~
病院ラジオ」再放送するそうです。
ぜひ。
posted by ようすけざん at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

テレメンタリ―2018「貧貧支援」 ~生活困窮者をどのように救うのか~

テレメンタリ―」は、1992年からテレビ朝日系列の全国24社が共同で制作するドキュメンタリー。
週替わりでテレビ朝日系列の各局が制作を担当し、独自の視点で制作している。

テレビ朝日の放送時間は以下の通り

1992年1月~1995年3月:日曜午前7:00~
1997年4月~2016年4月:火曜午前3:10~
2016年4月~:日曜午前4:30~

こういったドキュメンタリー番組が続いていることだけでもありがたいが、
とても気楽に見られる時間ではない。

今回見たのは、テレメンタリ―2018貧貧支援」(HTB制作)
超高齢化が進むのと同時に、貧富の格差が大きくなっている日本では
この問題が今後大きくなるのではないかと考えられる。

今年1月、札幌市東区で共同住宅が全焼し、入居者16人のうち11人が焼死した。共同住宅は民間による運営。
火事のあと、福祉関連の法律では「位置付けられない」下宿であることが分かった。
住んでいたのは、ホームレスや身寄りがない高齢者、そして事故などで働けなくなった人たち。
いわゆる「生活困窮者」だ。
法的位置付けがないため、札幌市は「生活困窮者に共同住宅を紹介したことはない」としている。
しかし、取材を進めると、役場や警察は共同住宅を頼りにしていることが分かった。
有料老人ホームは安くない。市が運営する養護老人ホームは面接が必要で、待機する人が列をなす。
家賃3万数千円の共同住宅は、制度が救いきれない、生活困窮者の最後の受け皿だったのだ。
共同住宅の入居者を支えているのも、自ら厳しい暮らしを続けている人たちだった。
火事があった共同住宅を運営していた「なんもさサポート」の代表・藤本典良さん(68)は、かつてホームレスだった。
藤本さんは「通常の生活ができない人たちが頼ってくる。
『うちは入れません』というわけにはいかない」と、支援する側の責任を話す。
北広島市で共同住宅を運営する「ほっとらんど」の代表・盛誠逸さんは入居者と同じタイプの狭い部屋で暮らし、
月10万円の給料で生活に困った人たちのために日々走り回っている。
行政が差し伸べる「指」の間からこぼれ落ちた困窮者。それを支えるために額に汗する人たち。
日本の福祉はこれでいいのか?

身寄りのない方がどのように生活していくかは、
大きく分けると4つのパターンになる。

①有料老人ホーム → ご存知の通り、価格が高すぎる。
②行政運営の施設 → 人気があり順番待ち。そう簡単には入れない。
③共同住宅 → 家賃は安いが、設備が整っていない。
④ホームレス → 誰もなりたくない。誰もさせたくない。

この「貧貧支援」では、結局③しか選べなかった人たちが入った施設で、
火災が起き、11人が亡くなる最悪の結果の場面から描いた。

その要因として

”法的位置付けがないため、札幌市は「生活困窮者に共同住宅を紹介したことはない」としている。
しかし、取材を進めると、役場や警察は共同住宅を頼りにしていることが分かった。”

という内容が衝撃的だった。

誰もが正解がない道に入ってしまった。

ギャンブルで貧困になった人もいれば、
病気や怪我で貧困になった人もいる。行政もどこまで支援すればいいのか。

日本国憲法第25条1項で
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
とある。

この内容にはもちろん一切具体的な内容がないわけで、
どこまでが”健康で文化的な最低限度の生活”なのかの、
基準は人によってまちまちということになってしまう。

改めてこの生存権を考えさせられた。
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

アスリート・ドキュメント WILL ~小野卓志を救った一言~

オリンピックに参加するということは、天国と地獄の境目にいる。
出場することで天国気分というわけにはいかない。
それが、柔道であればなおさら。

「アスリート・ドキュメント WILL」の第3回目は柔道家の小野卓志。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/23050_201401222358.html

33歳3女児の父として現役を続けかつ日本代表で活躍し続ける小野卓志。
私も36歳3女児の父として勇気づけられた。

81、90、100キロ級の3階級で世界選手権に出場しているアスリート。
そして今でも、両膝を痛めながら満身創痍で戦い続けている。

北京五輪初戦敗退後、後ろ指指されていると思っていたが
コンビニ店員に言われた一言で救われたと言っていた。

この番組のナビゲーターでもある、大橋未歩もちょっとした一言が嬉しかったといっている。
http://ablog.tv-tokyo.co.jp/oohashi/2014/01/will-1.html

そう、人は優しいのだ。
でも、優しさが多くの場面でかけてきているのではないか。
もっともっと人に優しくなりたい。
もっともっと人に優しくなろう。そう思った。

あ~この番組を見ると、応援する人が増えるなぁ
posted by ようすけざん at 23:55| 東京 ☀| Comment(526) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

アスリート・ドキュメント WILL ~船木和喜が現役でいるかっこよさ~

テレビ東京で「アスリート・ドキュメント WILL」が始まった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/23050_201401082358.html
これが素晴らしい番組で、なぜ深夜で?というクオリティ。

第1回目が、長野オリンピック金メダリスト船木和喜。
驚いたことに、今でも現役を続行してジャンプしているということ。
原田雅彦が解説で登場するのを見て、勝手に引退しているものと思ってた。

引退どころか、勤めていたデサントを退社し、自ら会社を立ち上げていた。
http://www.fitsports.jp/

長野オリンピックの栄光は、いつまでも語り継がれる。
いつみても、泣けてしまう団体の映像。
ただ、船木和喜の競技人生は今でも続いている。

ソルトレイクオリンピックの敗因をルール変更としなかった
気持ちに心が熱くなった。
「ヨーロッパのスポーツだから」と。

世界に発したい言葉があるから、メダルを目指すことをやめない。
かっこいい。
船木和喜はメダルを取った時に、なんて言うんだろう。
その言葉聞きたくなり、船木和喜を改めて応援したくなった。

素晴らしいドキュメンタリーであった。
毎週この番組が見られることは幸せだ。

テレビ東京やるな!
posted by ようすけざん at 01:06| 東京 ☀| Comment(318) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー全般 | 更新情報をチェックする