恋におちたら ~恋におちたりするの、いつ??~

強引なタイトル過ぎて、このドラマ将来記憶に残らないんだろうな~ そもそもラブストーリでもないのに、「恋におちたら」って・・・ 恥ずかしいって。 まぁ、タイトルは良しとして、話は予想通りの展開。 でもなぁ、高柳が飛び降りそうになるなんて、いかがなものかなぁ。 それだけ、ショックということが伝えたいということなのだろうが あまりにも安易…

続きを読む

あいくるしい 第2部だったんのだ・・・

「あいくるしい」は、先週の「美空ひばりドラマ」特番があり1週お休み。 そのドラマが20%を超えてしまったのは、「あいくるしい」にとって 不運としか思えない。(その枠取れるんじゃん、って暗に示したようなもの) ということで、仕切りなおしのため、5日の昼間にはダイジェストを延々とOA。 そこで驚いたのが「1部ダイジェスト&2部の見所」って …

続きを読む

恋におちたら ~急展開!!~

島男がさらに非情な経営者の道を進んだ。 ただ、どうしてもくさなぎが仕事ができるとは思えないし、なんかいい人 的なイメージが払拭できない。一生懸命厳しい表情を作っていたが・・・ この作品の演出もこの話は良く出来ていた。 まず、レストランでの二人の会談のカメラワークとBGM。 嵐の前の静けさの中、既に動き出している二人の気持ちを上手く表現…

続きを読む

エンジン ~パッシングにやられた~

7話は話が大きく動いた。 大輔、今までそんなにうまいと思わなかったけど、心の奥底の気持ちまで表現 できてい素晴らしい!!坂道を下ってバスに戻ってくるシーンの表情は 涙無しには見られなかった。 今話の演出は秀逸。 ①親と大輔見るシーンのサードミラーの使い方。 ②大輔が坂道を登っていき見えなくなる・・・その時の次郎の表情とカメラワーク。…

続きを読む

瑠璃の島 ~照明さんって~

瑠璃の島も終盤戦。 照明さんが死ぬとはなぁ~ 作品のレベル下げたよ、完全に。 死なせる必要はない。 単なるお涙ちょうだい的に死なせてしまったのであれば、悔やまれる。 沖縄での台風の大変さは十分に伝わってきたが、それにしても・・・だ。 今後、島をより良くしていくのに必要な人物であり、 役者の力量を見ても小日向文世がいることで、ドラマ自体に…

続きを読む

タイガー&ドラゴン

今クール期待度ナンバーワンだったこの作品。 期待に応えてくれています!! しかし、さすが磯山P作品の視聴率は・・・です。(なんでだろ~) それにしても脚本がよく出来ている。 落語を知らない人でも十分に楽しめる。 なぜ、楽しめるか。これは簡単。 話にセオリーが出来ているからだ。 ①毎回物語のキーになる人がオープニングでしゃべる。…

続きを読む

鈴木島男

急展開を見せた「恋に落ちたら」。 とはいえ、話の展開は次回以降につながる嵐の前の静けさ的なものだった。 「エンジン」も、そうだから残り3分の1のための伏線張りといったところか。 一気に島男のキャラが変わったので、”くさなぎ”もキャラが作りづらかったのではないか? 確かに今回の話を2話でやると間延びする。ただし、1話だと詰めすぎ感があった…

続きを読む

アタックナンバー1 ~矢田亜希子に負けるな~

いよいよインターハイ。 予想通りバレーシーンが増加で、見苦しくテンポが落ちる。 運動オンチの集まりかい!!と突っ込みどころ満載。 それにしても、「ゴリ」いないの気付かないのが遅すぎ。 でも、「こずえ」と「ゴリ」掛け合いは見ていて楽しい。 へんな間はあるが、一生懸命楽しくやっている感は伝わってくる。 元気があればなんでもできる、って感…

続きを読む

エンジンも小休止

今回の話は、来週以降の話のためのネタ振りでしかなかった。 「エンジン」のいいところは、ありきたりな話を二郎風(キムタク風)にアレンジして 見せてくれるところだ。 それが今回はありきたりのまま、なんの工夫もない話になってしまった。 超普通。 そのために、国生さゆりの”月曜ドラマランド演技”が目立った。 大学生の演技もひどいしなぁ~ …

続きを読む

あいくるしくないってば

なんだかんだいって見ている「あいくるしい」 こうなれば、最後までお付き合いして、どんな「あいくるしい」を表現するのか 見てみたいという興味のみ。 なぜ数字が悪いのか?仮説を立ててみた。 話を詰め込みすぎているのではないか? 話が「ひとつ屋根の下」のように整理できてなさすぎだ。 ①豪のボクシング ②みちるの恋 ③夕子と竜一の過去 …

続きを読む