方言が一言もない瑠璃の島

だ~れも方言を使わないっていうことは、おいといて、 落ち着いて見られる作品。 それにしても、この枠も方向性が落ち着かないなぁ。 「ごくせん」のあとでしょ。ギャップが激しすぎじゃないか?? 内容は、連ドラクラッシャーの竹野内豊(「ヤンキー母校に帰る」 「理想の結婚」で実証済み)が相変わらず活躍していることを除けば、 いい役者が揃ってい…

続きを読む

敵対的買収して、恋におちたら

っていうか、「恋におちたら」って、何このタイトル?? 金妻か?小林明子か?2番が英語の歌詞か? ライブドア問題があったとはいえ、内容とアンマッチ過ぎるタイトル。 でも、内容は二重丸。これは典型なフジテレビお得意のサクセスストーリー。 「お金がない」の現代版といったところか? 19日OAはなかなかの秀作であった。 島男が熱い、というか…

続きを読む

アタックナンバー1

それにしても、ベタなドラマだ。 「サクセスストーリー」の典型で、見てて分かりやすい。 何より上戸彩の明るさが、ドラマ全体を明るくしている。 高校生役を高校生がやらずに、ベテラン??役者が多く演じていることが いいのかもしれない。 そして、先日マイナスポイントと指摘した バレーボールの試合シーンを今回は極力排除していた。大正解だ。 …

続きを読む

かっこ悪いキムタク

16日OAの「エンジン」はかっこ悪いキムタクが見られた。 なんかあんなバツの悪いキムタクは久しぶりに見た。 「エンジン」の見所は、実は子供とのふれあいではなく キムタクのかっこ悪さをどのようなに見せるか、なのかもしれない。 今までのキムタクはなんか、きどってて、優秀で、なんて役が多かった。 食傷気味のキャラクターを打開するための技なの…

続きを読む

あいくるしくなさすぎ

5月15日OAの「あいくるしい」で、お母さんが亡くなった。 予想では最終回で・・・と思っていたので、中盤での展開は意外だった。 もしかしたら視聴率低迷の為に、作り上げた展開だと思ったが そうでもないらしい。 それは、幌の涙。まだ流れていない。最終回に持ってくるのであれば、 今回のOAで、泣くしかない。 しかし、今回泣かなかったところ…

続きを読む

アタックナンバー1 ~月曜ドラマランドか?~

テレビ朝日「アタックNO1」「エースを狙え」に続く”上戸彩スポーツシリーズ”第2弾。 とにかく高校生とは見えない演技者が続出中。 特に宮地真緒ときたら、どこのオカマだ大阪弁しゃべってるのかと思った。 話は強引で、バレーシーンは稚拙なので見るに絶えない部分もあるが、 月曜ドラマランド風だと思えば、なかなかおもしろい。 役者の台詞のわざと…

続きを読む

エンジンがかかってきました

「あいくるしい」の反面、期待以上の出来は「エンジン」 ”結局は脚本なんだよなぁ~ ドラマは”と改めて思ってしまう。 当り障りがない内容に味付けをしていく、これが脚本家の仕事。 おでんのちくわぶを使って、上野樹里に「ゼロじゃないんだ」と言わせたのには脱帽。 井上由美子、恐るべし。 この作品の何がいいって、キムタクのドラマになりすぎていな…

続きを読む

あいくるしくない

4月スタートドラマも中盤戦に入ってきた。 粒ぞろいな作品の中で、期待を大きく裏切ったのが「あいくるしい」 「未成年」以降は、厳しい作品が多かった。 タイトルも設定も良いし、ポスターもいい!! しかも、石丸プロデューサー作品ということであれば、閉塞感のある 野島作品を打開してくれるのでは!!と ほんと久しぶりに期待していたのになぁ。 …

続きを読む