2007年03月13日

1リットルの涙SP 〜主役は成海璃子へ〜

2005年10月クールで好評だった「1リットルの涙」が

スペシャル版として帰ってくるらしい。
もし、亜也が生きている時の話をもう一度やると言い出すなら
怒り心頭だったがそういうわけではないらしい。

女優、沢尻エリカ(20)の初主演ドラマで、一昨年10月期にフジテレビ系で放送された「1リットルの涙」が4月5日(後9・0)にスペシャルドラマとして復活することが8日、分かった。
 初回視聴率こそ13.5%(ビデオリサーチ関東地区調べ)とふるわなかったが、15歳のときに脊髄小脳変性症を発病し25歳で亡くなるまで、ひたむきに生きた実在の主人公、木藤亜也さんを沢尻が好演。徐々にお茶の間で感動が広がり、最終回は20.5%を記録した。
 とくに、10代の視聴率が26.3%と群を抜き、1年半経った現在も、番組の公式HPには10代からの書き込みが寄せられ、同局のHPの週間アクセスランキングの最新データ(2月26日〜3月4日)で29位にランクインするほどで、沢尻は「ドラマという形で伝えられた亜也が、今でも皆さんの中で生き続けているのはすごいことです」と感激している。
 スペ版は亜也の死から半年後の設定。看護師をめざす妹の亜湖(成海璃子)、神経内科の医師となった亜也のクラスメート、遥斗(錦戸亮)を中心にした物語だが、生前の亜也のシーンを新しく撮影する予定で、沢尻もスペシャル版の撮影に参加。ファンにはうれしいプレゼントになりそうだ。(SANSPO.COM)

良作を汚すことになるか、二匹目のどじょうがいるのか?
もうこれは、完全に成海璃子の腕にかかっているといっても過言ではない。
あえて挑むフジテレビスタッフの悲壮さが伝わってくる。
何もこの作品の続編を作らなくてもいいのではないか。

 

それにしても今でも思い出す最終回の超がっかりシーン・・・
http://yosukezan.seesaa.net/article/10926390.html
(2005年12月22日「1リットルの涙 最終回」)
っていうか、私は「東京タワー」で昨日書いたことと同じことを
1年以上前にも書いていました。
「分かっていることをわざわざ描くな!!」と。


あえて、その後を描くことのメリットは何なのか?
頼むから、木藤亜也さんが悲しむような展開だけはやめてほしい。

posted by ようすけざん at 00:43| 東京 ☀| Comment(57) | TrackBack(0) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

2005年10月クール ドラマ総評

遅くなりましたが、10月期ドラマの総評。
7月クールに続いて、小粒ないい作品がちらほらなクールでした。

【作品賞】
◎1リットルの涙
「花より男子」と「あいのうた」を抑えての最優秀作品。
久しぶりに号泣してしまいました。
ラストはもったいない作品でしたが、亜也さんと沢尻エリカに勇気付けられました。


○花より男子
井上真央が完全にブレイク。
テンポの良さが何よりも楽しく、痛快だった。
ドラマのTBS復権のきっかけを思わせる作品だった。

○あいのうた
「ラストプレゼント」に続く日テレの快作。
演出の粗さもいくつか見られたが、キャスティングと脚本が成功の要因。

【主演男優賞】
◎該当者なし
ここはなし。男性主役ドラマがないといってもいいくらいなクール。

○玉置浩二(あいのうた)
主演というよりも、名脇役的な印象でした。
これからも、ちょくちょくドラマに参戦してほしい。

【主演女優賞】
◎井上真央(花より男子)
今クール最大の収穫。
「キッズ・ウォー」後伸び悩んでいたが、その殻を見事脱却。
今後が楽しみな女優。


○沢尻エリカ(1リットルの涙)
井上真央同様に、今クールの収穫の1人。垢抜けていくと同時に
難しい役を難なく乗り切った姿は、将来の主役候補だ。
今年波にのれるかが、勝負!!

【助演男優賞】
◎錦戸亮(1リットルの涙)
「がんばっていきまっしょい」に続いて、ヒロインをあたたかく見守る役。
今回は、亜也を支えながらも自分の気持ちの揺れ動きも演じる切っていた。
すごくうまいという訳ではないが、素朴な感じがなぜか泣かせる。
ジャニーズということを忘れてしまいそうなほどだ。


○陣内孝則(1リットルの涙)
オーバーな演技が賛否両論であったが、家族を支える父親としては素晴らしかった。
暗くなり過ぎる作品のバランスをうまくとっていた。

【助演女優賞】
◎和久井映見(あいのうた)
文句なし!!
第二次和久井映見ブレイクを予感させる好演。
使いやすいから今年は引っ張りだこでしょう!!


○薬師丸ひろ子(1リットルの涙)
陣内孝則に対して、しっかりと亜也を力強く守った母を好演。
母親の強さがあったからこそ、亜也もがんばれたことを実感。

【優秀新人賞】
◎沢尻エリカ(1リットルの涙)
文句なし!!
「パッチギ!」である程度の評価は得ていたものの、ドラマとしては新人として評価。


○堀北真希(野ブタ。をプロデュース)
どんどん魅力的な女性になっていったと同時に、垢抜けさも抜群だった。

【優秀脚本賞】
◎岡田惠和(あいのうた)
日テレとどうからめるか不安な部分もあったが、問題なし。
キャストを非常に少なくした点と、人を殺さないことを貫いた点と、
そして小技を効かせまくった点と、菅野美穂をうまくアテ書いた点を評価。


○江頭美智留・大島里美・横田理恵(1リットルの涙)
原作モノを、登場人物を増やしたにも関わらずうまく表現した。
どの話を誰が書いたかまでは分からないが、まとまりも良かった。

【優秀演出賞】
◎村上正典・木下高男(1リットルの涙)
本当に最終回のラストシーンと挿入歌のボリュームのでかさ以外は、
見やすくて、うまくキャストの感情表現のサポートをしていた。


○石井康晴・山室大輔・片山修(花より男子)
凝っていて、随所に遊びも見えて楽しく見られた。

【優秀カップル賞】
◎沢尻エリカ&錦戸亮(1リットルの涙)
二人のデートは本当に微笑ましかった。幸せさが伝わってきた。

○玉山鉄二&国仲涼子(ブラザー☆ビート)
国仲涼子の一途さがかわいかったので。

【優秀楽曲賞】
◎『Only Human』K(1リットルの涙)
曲だけで、全部持ってかれたといってもおかしくない。
エンドロール後ろに流れる亜也さんの画像ともリンクし、思い出すだけで涙腺がゆるむ・・・
でも、ぶっちゃけて顔は見ないで聞いたほうが良い。

○「粉雪」レミオロメン(1リットルの涙)
ほんといい場面で使われてました。いい曲だなぁ。
前にも書いたけど、俺的には”スピッツ”を聞いているようで懐かしい。

以上が、2005年10月クール総評でした。


posted by ようすけざん at 23:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

1リットルの涙 最終回

駆け足な最終回だったなぁ〜
ここまできっちりと描いたことを考えるとかなりもったいない感じがした。
それにしても、ノンフィクションに近いつくりをしてきたのに、あのラストはないよ。
花持って亜也に力付けられた人が集まるって。
伝えたいことは非常によく分かるのだが、もう少し捻らないといけなかっただろう。

また5年後に亜也が亡くなる場面を描くことはなかったのではないかと思う。
なぜなら、亜也さんが亡くなってしまうことは変えがたい事実であり、
多くの視聴者が認識しているからである。
そこをあえて描く必要はないと考える。

それにしても、沢尻エリカの熱演は今期の主演女優候補ナンバーワン。
回を追うごとに力量が試される役柄で期待以上の演技をみせた。
「セカチュー」の綾瀬はるかが演技力の低さを熱意でカバーしたことを考えると
綾瀬はるか以上の評価ができる。
来年は主演級の作品が作られるだろう。「パッチギ」もいいらしいし。

錦戸亮は「がんばっていきまっしょい」に続く好演。
ジャニーズぽくない、素朴な感じが良いのかな〜
原作にはない役柄ということを考えると、ドラマの亜矢は彼に非常に助けられたが、
実際の亜矢さんはどうしていたのだろう?
これは原作を読むしかない!

そして、成海璃子。
彼女も「瑠璃の島」の1クールの中で成長を遂げたように、
今回も気持ちの動きを上手く表現していた。
来年は彼女の主演作品が見られるだろう。
学生ものがみたいなぁ。金八とか。

評価は☆☆☆☆☆☆☆☆★(8.5つ)
@沢尻エリカが、長澤まさみ・綾瀬はるかに続いて思いっきりのいい演技が出来るか??

これに関しては、上記にも書いたが二人を上回ったと言っても過言ではない。
本当に拍手ものだ!!

A藤木直人が足をひっぱらないか??
ここも今までの中で最も良い演技を見せた。
成宮寛貴同様主役向きではないんだろうなぁ〜

フジとしては、久しぶりの良作だった。

posted by ようすけざん at 10:20| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(5) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ブラザー☆ビート 〜えなりと角野の絡みがなくて残念〜

またまたお約束の数々が展開された「ブラザー☆ビート」
そんな中でも遊び心がちりばめられていた。

@春恵が、えなりかずきが来たことを達也の携帯に電話したときの着メロが
『渡る世間は鬼ばかり』だった。

A純平が、知里の母親が実家に帰ったことを知って、
「今流行りの『熟年離婚』っていうやつ?」
裏番組だけど先週終わったからね。でも、数字的には負けちゃったもんなぁ〜

B知里の実家のお菓子の名前が「栗道明寺」
翌日最終回の「花より男子」の『道明寺』にかけたのでは??

父親がこのドラマのキーポイントだったんだなぁ。
当初は、母と兄弟とのホームドラマかと思っていたが、そんな薄っぺらいものではなかった。
父親の話題は良く出てきたが、ここまできちんと引っ張るキャラだった。
母親と3人の息子とそして父親の戦いだったんだ。
それにしても、息子たちは少なからず父親の影響を受けていて、なんだか微笑ましい。

来週最終回。
先週予想した
玉山鉄ニが、国仲涼子と。
速見もこみちが、浅見れいなと。
中尾明慶が、岩佐真悠子と。
そして、田中美佐子も、生瀬勝久と・・・

4人の花嫁が現実となるか??

posted by ようすけざん at 02:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

1リットルの涙 〜好きなのに・・・〜

『色んなことを学んで、色んな人と出会って、
 あなたはこれからも、ずっとずっと生きていく。
 あなたの未来は、無限に広がっている。
 でも、私は違います。
 私に残された未来は、 
 なんとかして生きる、それだけ。
 たったそのことだけ。
 この差はどうしようもありません。
 毎日、自分と戦っています。
 悩んで、苦しんで・・・
 その気持ちを押さえ込むので、精一杯です。』
『正直に言います。
 麻生くんといると、つらいです
 あんなこともしたい、こんなこともしたい
 もしも健康だったら出来るのにと、思ってしまうんです。
 麻生くんといると、叶わない大きな夢を描いてしまうんです。
 もちろん、麻生君のせいじゃありません。
 でも、羨ましくて、情けなくて、
 どうしても、今の自分が、みじめになってしまうんです。
 そんなんじゃ、前を向いて生きていけないから、
 いろいろしてくれて、ありがとう。
 こんな私のこと、好きって言ってくれて、ありがとう。
 何も返せないで、ごめんなさい。
 もう、会えません。』(どらまのーと「1リットルの涙 第10話」)
好きなのに・・・会えないって・・・
こんなにつらいことはない。
その中でも、亜也が時たま見せる笑顔はすばらしくいい笑顔。
余計に悲しくなる。

ただ、回を重ねるごとに、その笑顔も少なくなった。
さらに余計悲しくなる。


トイレに行けなくなり・・・電話もかけられない・・・
歩くこともできなくなり・・・しゃべられなくなり・・・
人に何かしてあげることはできず、誰かに何かをしてもらわないと生きていけない・・・
本当につらい。

それにしてもこのドラマ、時間の進行がちょっとわかりづらい。
あえてそのようにしているのかは分からないが、
亜也と遥斗がどれくらいの時間会っていないのかとか
もっと分かりやすくしてほしいな。
「久しぶり」の「久しぶり」がどれくらい久しぶりなのかが分からないし。

来週は最終回。
どう描くのか?
ここまで重い作品にどうピリオドを打つのか??
見所だ!!


posted by ようすけざん at 20:02| 東京 ☀| Comment(215) | TrackBack(2) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

今夜ひとりのベッドで 〜主題歌だけがヒット・・・「家族A」以来の快挙か〜

期待していると言いながら、このブログで一回も書いたことのない作品
「今夜ひとりのベットで」
なんと、視聴率が4.8%と超低空飛行。
見たことあるのだろが、とらえどころがないというのが本音。
出演者は小粒ぞろいで悪くはないと思うんだけど、見所がない。
つまり、「あの番組見た〜」で広がる話題がないんだよな。
とは言え、ポルノグラフティの主題歌はテンポもよくって、印象に残る。
曲だけじゃな〜

視聴率が悪いことを知ってから、書くのは本望ではないので、この辺で・・・

木曜22時枠のこの低視聴率ぶりは、あの伝説のドラマ「家族A」以来ではないか?
フジテレビ「29歳のクリスマス」とう強敵にあっさりと敗れ去り、
2〜3回ほど短縮したのを覚えている。

94年10月クールであり、11年前のこととなる。
ただし、「大奥」の視聴率は、「29歳のクリスマス」よりも5〜10%も低く、
敗因は裏番組と言う訳ではなく、この作品自体にありそうだ。

ちなみに、「29歳のクリスマス」以外の94年10月クールの作品と言えば、
「若者のすべて」「私の運命」「妹よ」といった、
今見ても十分に楽しめるであろう作品が並んでいる。
「私の運命」は、2クールの作品として注目されていた。

この後の枠は、高橋克典が初の教師役に挑む「ガチバカ!」
体育会系的な「ドラゴン桜」をイメージさせるが実際は??



posted by ようすけざん at 22:58| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ブラザー☆ビート 〜結婚式は3兄弟同時に・・・〜

玉山鉄ニが、国仲涼子と。
速見もこみちが、浅見れいなと。
中尾明慶が、岩佐真悠子と。
そして、田中美佐子も、生瀬勝久と・・・

なんていうオチもありえるのでは??

という、ベタな最終回を目前にしながら一番父親から遠いと思っていた
陸がクリーニング屋を継ぐことに。
ここで、とても気になってしまった。
クリーニングは洗えばいいというものではないということだ!!
友人の実家が「クリーニング屋」をやっていたのだが、実はそう簡単に習得できる技術ではない。
それにクリーニングの技術は格段に上がっており、新しい機材を入れないと厳しいらしい。
私の友人が、家を継ぐことをやめたので、新しい機械を導入することを止め、廃業した。
そんな現実が近くにあった為、うそ臭く思えてしまった・・・

とはいえ、最初で書いたような展開を気にせずに入られない。
きれいな、4人の花嫁。
きっと亡くなったお父さんも草葉の陰で喜んでいるだろう。
なかなか良い結末なのでは??

posted by ようすけざん at 23:46| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

1リットルの涙 〜役者泣かせの主題歌〜

「粉雪」がいいんだけど・・・いいんだけどさ・・・
ボリューム、でかすぎじゃない?

台詞死んじゃうんだよ、日本語の歌がボーカル入りで流れると。
良い歌だけど、そこに頼るのはいかがなものか。
役者を信用していないよね。
二人が若々しくて、良い演技しているのにもったいない。

今週の発見は、まどか先生が“浜丘麻矢”だったこと。
実はエンドロールが流れるまで、全く気付かなかったんだけど、
見返してみたら、浜丘麻矢だった。
まだ、女優やってたんだぁ〜
「嘘つきは夫婦のはじまり」「みにくいアヒルの子」と良い演技してたんだよな。
もう22歳。大学卒業して、女優業復帰という感じなのだろうか??

話は内容に戻って・・・
亜湖が無事に東校に合格するとは思ってたけど、ラストでのシーンは良かった。
そこで父親が行った「さすが俺の娘」
これって、前にも出てきたんだよね。良い台詞だ。

そして今回一番響いたのは、
「人は過去に生きるものにあらず、
今できることをやればいいのです」

です。
今できること・・・そうです。
過去のことは起きたこと、今、そしてこれからを考えていくべきなんだと、
改めて思った。

そして、さらに話は悲しい方向へ。
力強く拳を握る亜也さんの写真を見るだけで悲しい・・・

posted by ようすけざん at 12:38| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

どんまい! 〜相武紗季初主演!!〜

う〜ん、クオリティ低いなぁ〜
中学生日記を見ているような感じさえする・・・
相武紗季の元気さを全面に出したいのは良く分かるが、
初主演は作品に恵まれなかったなぁ。
惜しい!!
なんだか、表情とか演出させられすぎているのではないか?
と思うくらい、表情が引きつっている気がする。
タイトルバックの表情なんて、その際たる感じ。

この作品が「よるドラ」最終作になるらしい。
あまり見る機会のない枠だった。
枠の特性が何なのかが明確でなかったのが、撤退の要因だろう。

とはいえ、相武紗季がんばれ〜

posted by ようすけざん at 03:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

1リットルの涙 〜沢尻エリカの成長日記でもある〜

今週も号泣の回でした。泪目族です・・・
いや〜錦戸亮いいねぇ。
「がんばっていきまっしょい」に続き好演!!今後の活躍が楽しみな俳優だ。

「お前らズルいよ。
 あいつの前ではいい人の振りして、親切にして。
 あいつが何度ごめんねって言っても、平気平気って繰り返して。
 あいつがいない時にこんな話して、
 本当は迷惑でした、なんて、
 ずるいよ。」
「嫌だったらもともと親切になんかすんなよ!
 面倒だ、困ってる、疲れる、ってあいつの前で言えよ!
 そしたらきっとあいつわかったよ。
 助けてもらわないで済む方法だって考えたよ。」
(どらま・のーと 1リットルの涙 第8話)
中途半端な優しさは罪なのだ。
でも、クラスメイトの気持ちは十二分に分かる。

そして、亜也はクラスメイトに別れを告げる・・・
「知ってる人もいると思いますけど・・・
 私の病気は治りません。
 治療法がないみたいです。
 いつか、歩くことも、立つことも、話すことも出来なくなると、
 お医者さんに言われました。
 この一年で、当たり前に出来ていたことが、 
 一つ一つ出来なくなっていきました。
 夢の中では、友達としゃべりながら歩いたり、
 バスケをしながら、思いっきり走ったり出来るのに、
 目が覚めると、もう自由には動かない身体がそこにあるんです。
 毎日が変わってしまいました。
 転ばないために、どう歩いたらいいのか。
 どうすればお弁当を早く食べれるのか。
 どうすれば、人の視線を気にしないでいいのか。
 一つ一つ頭の中で考えなきゃ、生きていけません。
 高校に行って、大学に行って、仕事をして、
 そんな風に思い描いていた未来が、
 ・・・ゼロになっちゃいました。
 生きていく道がみつからなくて、
 小さな希望の光も見えなくて、
 病気になったせいで、私の人生は壊れてしまったって、
 何度も思いました。でも・・・
 でも・・・悲しいけどこれが現実です。
 どんなに泣いても、病気からは逃げられないし、
 過去に戻りたくても、時間は戻せないし。
 だったら、自分で、今の自分を、好きになってあげなくっちゃって、
 そう思いました。
 だって、この身体になってから、初めて気付いたことが、
 沢山あるから。
 そばにいてくれるだけで、家族ってありがたいんだなーとか、
 さりげなく支えてくれる、友達の手が、
 すごく温かかったりとか、
 健康なことが、それだけで、すごく幸せなこととか、
 病気になったからって、失うばかりじゃありませんでした。
 この身体の私が・・・私だって。
 障害っていう、重荷を背負っている、私が、
 今の私なんだって。
 胸を張って生きていこうと思いました。
 だから・・・養護学校に行くことは、自分で決めました。
 みんなとは、生きる場所が違うけど、
 これからは、自分で選んだ道の中に、一歩一歩、光を見つけたいから・・・
 そう笑って言えるようになるまでに、
 私には・・・少なくても1リットルの涙が必要でした。
 だからもう私は、この学校を離れても、
 何かが終わってしまうだなんて絶対に思いません。
 みんな、今まで、親切にしてくれて、本当にありがとう・・・。」
(どらま・のーと 1リットルの涙 第8話)

沢尻エリカうまくなったよ〜 間の取り方絶妙だよ
どういう気持ちでこの台詞を言っているのか・・・伝わってきた。
そして、笑顔。
本当は、一番つらい亜也が、クラスメイトに見せた笑顔は最高の笑顔だった。

その後の、「3月9日」
合唱コンクールとの伏線は、たまらなかった。
単なるがんばれという言葉でなくて、
「気付いたことは一人じゃないってこと
 瞳を閉じればあなたが まぶたの裏にいることで
 どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私もそうでありたい」
なんだか奇麗事のような詞ではあるが、亜也には心から伝わったに違いない。

そしてラストの言葉・・・
『終業式まであと4日。
 みんなが私の為に千羽鶴を折ってくれているようだ。
 一生懸命折ってくれている姿を
 まぶたの裏に焼き付けておこう。
 たとえ別れても、決して忘れないために。
 でも・・・「亜也ちゃん、行かないで」と言って欲しかった。』
えっ、って思った。そうだよね・・・ 行きたくないんだよね。
亜也の本心を分かってあげたいけど・・・難しい・・・

posted by ようすけざん at 14:28| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(4) | 2005年10月クール ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする