どんまい! ~相武紗季初主演!!~

う~ん、クオリティ低いなぁ~ 中学生日記を見ているような感じさえする・・・ 相武紗季の元気さを全面に出したいのは良く分かるが、 初主演は作品に恵まれなかったなぁ。 惜しい!! なんだか、表情とか演出させられすぎているのではないか? と思うくらい、表情が引きつっている気がする。 タイトルバックの表情なんて、その際たる感じ。 この作…

続きを読む

1リットルの涙 ~沢尻エリカの成長日記でもある~

今週も号泣の回でした。泪目族です・・・ いや~錦戸亮いいねぇ。 「がんばっていきまっしょい」に続き好演!!今後の活躍が楽しみな俳優だ。 「お前らズルいよ。  あいつの前ではいい人の振りして、親切にして。  あいつが何度ごめんねって言っても、平気平気って繰り返して。  あいつがいない時にこんな話して、  本当は迷惑でした、なんて、 …

続きを読む

あいのうた ~立場逆転の今後の展開は・・・~

今週はエンドロールの後に思いっきり泣かされちゃいました。 あの菅野美穂の表情いいな~ でも、あえて言うなら優二が洋子に病気のことを告白する場面。 ここは一発撮りにしてほしかった。 なんか、二人の集中力が優二アップの時に切れているのではないか?? 複数のカメラで一発撮りできるシーンだと思える。 カット割があまりにも粗すぎて、パッパッ変…

続きを読む

1リットルの涙 ~友達って・・・~

私のドラマベスト10に入る作品の一つに「イグアナの娘」(1996年)がある。 その中の名台詞 「友達がいればできる・・・大抵のことは」 佐藤仁美が菅野美穂に行った言葉だ。 友達がいかに大切か、学生ながらに再認識しつつ、号泣した覚えがある。 どういう場面でこの台詞が使われて、その後話がどのように展開したのかについては、 書かないが、ぜひ見…

続きを読む

2005年10月クール 主題歌&挿入歌ランキング

05年10月クールのドラマも早くも中盤戦。 ドラマとマッチしている主題歌及び挿入歌ランキングを発表してみます。 今クールは甲乙つけ難いです。 1位「粉雪」レミオロメン(1リットルの涙) いきなり主題歌ではないですが、主題歌以上のインパクトあり!! ドラマも終盤が向かうにつれ、どんどん重くなっていく状況をこの曲がどのように 使われるか…

続きを読む

あいのうた ~物語は”哀”の物語へ~

このドラマ本当にテンポが速いなぁ。 6話で、一気に”あい”ではなく”洋子”だと告白した上で 片岡への告白、そして相思相愛関係まで持っていってしまった。 幸せな状況もここまでというところだろうか・・・ 次週いよいよ片岡が通院していることはおろか、命がそれほど 長くないというところまでが描かれることになりそうだ。 和久井映見が今回も…

続きを読む

1リットルの涙 ~同情って悪いことかなぁ?~

過去六回でもっとも心に響いたな~ 思い出すだけで、泣けてくる。 なんだか、電車に乗っていても思い出して目真っ赤にしてしまった。 それにしても、成海璃子よくやったな~ホントいい演技するよ~ 前回は亜湖が亜也のことを親の愛情から理解し、 今回は弘樹が亜也のことを亜湖と親の愛情から理解した。 亜也の病気が進行してしまう中、つながり…

続きを読む

ブラザー☆ビート ~仙川だぁ!!~

TBS「ガッコの先生」でも使われたりしていた京王線仙川駅。 以前住んでいたこともあり、なんか嬉しい。 っていうか、伊藤Pが好きなのか、小松江里子が好きなのか? 演出が両作品で全く違うだけに、なぜ仙川か興味があるなぁ。 それは良くて・・・ 今週はいただけないドラマになっちゃったなぁ。 だってさぁ。デートのときに、お金確認しない訳な…

続きを読む

あいのうた ~普通のドラマで泣かないところで泣きそうになる~

「好きになってるじゃん・・・ わたし・・・」 良い台詞だなぁ。認めたくないけど、認めざるをえない。 それにしても、菅野美穂の表情としゃべる間が素晴らしい。 腕まくらされているのに気付いたときの表情と、 片岡が目覚めそうになったときに慌てて目をつぶった表情、よかったなぁ。 恋をしたときの表情、というよりも、 恋をしていることに気づいた…

続きを読む

1リットルの涙 ~主題歌&挿入歌がいい!!~

重い方向に向かっている「1リットルの涙」 このドラマを盛り上げているのが、主題歌と挿入歌。 主題歌は、”K”の「Only Human」 Kは「H2」の主題歌「over...」でデビューした韓国出身の歌手。 「over...」もなか良かったし、これから注目すべき歌手の一人 挿入歌は、”レミオロメン”の「粉雪」「3月9日」 ”レミオロメ…

続きを読む