プロフェッショナル 仕事の流儀 ~こだわりのデザイン~

石岡瑛子って、聞いたことあったけどどのような人か全く知らなかった。 1939年7月12日生まれの71歳。 アカデミー賞とグラミー賞を受賞している日本人はいないのではないだろうか。 今回の「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見て感じたこと。 http://www.nhk.or.jp/professional/2011/0214/index…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~松本人志の笑いの作り方~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」がレギュラー枠で復活。 そのスペシャルとして登場したのが、ダウンダウンの松本人志。 http://www.nhk.or.jp/professional/2010/1016/index.html 「素人に圧倒的な差をつけて力を見せつけることじゃないですかね、と思います。」 これが松本人志が考える”プロフェ…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~ダイヤグラムは手作り?!~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」は見始めるとはまる。 プロフェッショナル 仕事の流儀 ~井上雄彦の苦悩~(2009年12月21日) プロフェッショナル 仕事の流儀 ~藤原茂さんの人間くささ~(2009年12月17日) プロフェッショナル 仕事の流儀 ~心残さず、生ききる~(2008年10月1日) プロフェッショナル 仕事の流儀 ~堤幸彦の…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~井上雄彦の苦悩~

井上雄彦と言えば、「スラムダンク」。 週刊少年ジャンプの黄金時代である「1990年42号 - 1996年27号」に 連載されていた作品である。 そう、ちょうど私が中学・高校の頃で週刊少年ジャンプを 1週たりとも欠かしていなかった時代の作品である。 漫画家の素顔を見られるのは、週刊少年ジャンプの新年合併号くらい。 鳥山明ってこうい…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~藤原茂さんの人間くささ~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」http://www.nhk.or.jp/professional/ なかなかオンタイムで見ることはないのだが、偶然再放送に出会う。 プロフェッショナル 仕事の流儀 ~心残さず、生ききる~(2008年10月1日) プロフェッショナル 仕事の流儀 ~堤幸彦の世界~(2008年5月20日) プロフェッショナ…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~心残さず、生ききる~

このブログで「プロフェッショナル 仕事の流儀」については プロフェッショナル 仕事の流儀 ~堤幸彦の世界~(2008年5月20日) プロフェッショナル 仕事の流儀 ~大瀧雅良とは?!~(2007年3月31日) プロフェッショナル・仕事の流儀 ~プロジェクトXのようにはいかないか・・・~(2006年5月11日) と3回書いている。 今回…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~堤幸彦の世界~

このブログで「プロフェッショナル 仕事の流儀」について、過去に プロフェッショナル仕事の流儀 ~大瀧雅良とは?!~(2007年3月31日) プロフェッショナル・仕事の流儀 ~プロジェクトXのようにはいかないか・・・~(2006年5月11日) と2回書いている。 今回も偶然深夜の再放送を見ることができた。 取り上げていた人物は、堤幸彦。…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~大瀧雅良とは?!~

「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送を深夜にやっていた。 偶然見たのが、2006年6月1日にOAされた 清水市立商業高等学校教諭の大瀧雅良の回であった。  いやいや勉強になりました。 こういう先生が必要だと思うのですよ。 っていうか、私が小中学生の頃はいたわけですよ。 生徒や生徒の親に迎合しない教師が。  自…

続きを読む

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~プロジェクトXのようにはいかないか・・・~

「プロジェクトX」の後番組として始まった 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 この番組、要するに人物に視点をあてたドキュメントである。 ていうことは、決して新しい切り口の番組ではない。 10回目の放送では、映画プロデューサーでスタジオジブリ代表取締役の 鈴木敏夫氏が取り上げられた。 とにかく仕事を楽しんでいる。 そりゃそうだよ…

続きを読む