2017年02月05日

おはよう朝日です 〜川添佳穂アナウンサーが魅力的〜

関西出張に行って絶対に見る番組のひとつが「おはよう朝日です」

番組自体は、1979年4月放送スタートなので約40年続く番組である。
司会は変わっており、6代目メインは現在岩本計介ABCアナウンサー。

ちなみに2代前の4代目は宮根誠司で、
1990年4月2日〜2010年3月26日まで
20年間この番組メインを務めた。
(5代目は、「アタック25」の司会も務めた浦川泰幸ABCアナウンサー。

この番組で注目すべきは、川添佳穂ABCアナウンサー。
約12年間サブキャスターを務めた喜多ゆかりABCアナウンサーの後任。

とにかく明るい。ちょっとぽっちゃりな感じもよい。
喜多ゆかり仕込みとでもいうべき反応で、見ていて楽しい。

川添佳穂は明治大学出身で2011年の”ミス明治”
そして、BSフジで2012年2月から「BSフジNEWS」の学生キャスターも担当していたらしい。

「おはよう朝日」ですの良さは、画面から十二分に伝わってくるチームワークの良さ。
関西出張がいつも楽しみだ。
posted by ようすけざん at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

しごとの基礎英語 〜ホラン千秋の仕切り上手〜

「おとなの基礎英語」よりはるかにレベルの高い「しごとの基礎英語」

自分のレベル的には高い番組なのだが、
不思議と「オトキソ」より「ジョブキソ」ほうが楽しい。

それも、篠山輝信とホラン千秋、ルーシー、大西泰斗のチームワークが良い。
見ている人にも楽しんで篠山輝信が学んでいる様子が伝わってくる。
ここが大きいと思っている。

あとは、いつの間にか仕切り上手になっているホラン千秋の存在が大きい。
posted by ようすけざん at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

おとなの基礎英語 〜なぜ福田彩乃に・・・〜

「おとなの基礎英語」の新作が2016年4月から始まった。
今回シリーズは、season5。

気に入っていた高橋真麻と太田エイミーが降板。
高橋真麻は1年のみ、何かあったのだろうか。

そしてseason5は、なぜかなぜか福田彩乃。
う〜ん、あまり好きな人ではないので、見るのがちょっとつらい。

この1か月我慢してみているのだが、どうもしっくりこない。

「しごとの基礎英語」メンバーのチームワークとは正反対にあって
自分の英語レベルはともかく、「しごとの基礎英語」を見てしまっている。
posted by ようすけざん at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

おとなの基礎英語 〜太田エイミーが美しい〜

仕事で英語に携わる機会は少ないのだが、
ちょっと勉強しようと思って見始めた、Eテレ「おとなの基礎英語」

お〜、高橋真麻と一緒に学ぶのかぁ。
高橋真麻の一般視聴者視点がとっても良い。
私が思った疑問をそれとなく聞いてくれるのがうれしい。

それよりも何よりもネイティブ担当として出演している太田エイミーが美しい。
これは番組を継続してみていくためには重要なポイントかもしれない。

ちなみに、
半年が1セットで4月〜9月が新作で、10月から3月は再放送とのこと。
テキストを買い間違えないようにしないと。
posted by ようすけざん at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

あさチャン 〜”めざまし””ZIP”と同じ路線でどうする〜

「朝ズバッ!」の後番組「あさチャン」
飛ぶ鳥を落とす勢いの夏目三久がMC。

夏目三久うんぬんではなく、内容がとにかく残念な番組である。
「朝ズバッ!」は、”8時またぎ”のコーナーで政治ネタなど比較的取り上げていた。

テレビ朝日が「やじうま」から「グッドモーニング」に変更した際に
社会ネタから手を引き、エンタメ系にシフトした。
これで「朝ズバッ!」以外の3局はエンタメ中心の番組となった。

だからこそ「朝ズバッ!」は差別化できていた。
かつ、編成も8:30までで差別化できていた。

それが、今回「めざましテレビ」「ZIP!」に真っ向勝負を挑む内容であった。
これは正直驚いた。全くもって意味不明である。
ということで、我が家は平日朝出社前に見る番組が無くなった・・・

早々に番組内容のテコ入れを求める。
posted by ようすけざん at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

いっぷく 〜マスパンを毎日見られる嬉しさだけ・・・〜

「はなまるマーケット」の後番組として始まった「いっぷく」

見どころは、国分太一ではなく、好調「ひるおび」から転身した枡田絵理奈。

と思ったら、伏兵がはこちゃんこと岩下尚史。
朝8時からちょっと複雑キャラクター。吉と出るか凶と出るか。

コーナー自体は、「はなまるマーケット」をほぼ踏襲。これでは厳しそう。

それにしても、なぜTBSは各局横並びにのってしまったのだろうか。
8:30〜の方が絶対に良かった。
早めるなら「あさイチ」にぶつけて8:15〜であるべきだった。

とにかくマスパンこと枡田絵理奈にはがんばってほしい。
毎朝見られるのは嬉しいことだ。
posted by ようすけざん at 01:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

やじうまテレビ! 〜松尾由美子がいまさらブレイク!〜

我が家で朝見ている番組は基本「やじうまテレビ!」
http://www.tv-asahi.co.jp/yajimaru/

「ZIP!」と「めざましテレビ」の軽さには耐えられず、
「朝ズバッ!」のみのもんたについていけず、
行きついたのが「やじうまテレビ!」

その女性の司会が松尾由美子。
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/personal/women/matsuo/index.html
正直最近までノーマーク。
きれいで好感が持てる。
出しゃばりが多い、テレビ朝日のアナウンサーにしては珍しいキャラクター。

8:00前の一言「良い一日を!」が我が家ではブーム。
ちなみに、金曜日は「良い週末を!」
時間切れで言えないこともあり、そんな日はちょっと残念。
posted by ようすけざん at 03:16| 東京 🌁| Comment(411) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

きらっといきる 〜障害者プロレスの本気度〜

話題となっている「きらっといきる」で取り上げられたのが「障害者プロレス」
http://www.nhk.or.jp/kira/program/past/details/495_no.html

「きらっといきる」では、これまでも、東日本大震災の被災地の、障害者の現状をお伝えしてきました。
5月27日の放送では、仙台市にお住まいの田中慎也(たなか しんや)さんに、被災地の状況をレポートしていただきました。
田中さんは、仙台の障害者プロレス団体「ODAZUNA(おだづなー)」に所属するプロレスラーです。番組出演時は、震災の影響で、プロレスの活動は休止していました。


あれから4か月――。9月25日、仙台で、障害者プロレスの震災復興試合が行われました。
主催したのは、ODAZUNA。津波で練習道具を全て失うなどの逆境をはねのけ、今回の試合にこぎつけました。
彼らの願いは一つ。「被災地の人たちに勇気を届けたい」。
汗まみれのレスラーとその仲間たちが、再起への熱い思いを胸に、リングに集結。
この震災復興試合に、番組の司会者・玉木幸則(たまき ゆきのり)と、カンニング竹山さんが応援にかけつけました。

いや〜これがなかなか面白い。
仙台の障害者プロレス団体「ODAZUNA(おだづなー)」 http://ameblo.jp/odazunda/
のメンバーの面々がとにかく個性豊か。

是非いろいろな人に見てほしい。
NHKすごい番組作っているな、本当に。

2011年12月2日・12月9日には
バリバラスペシャル「笑っていいかも!?」
http://www.nhk.or.jp/kira/post/info_111202sp.html
が放送されるのも見逃せない!!
posted by ようすけざん at 02:04| 東京 ☀| Comment(225) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

大科学実験 〜Eテレが今一番活き活きしている!〜

Eテレで2010年3月31日から2011年1月26日まで放送されていた
科学実験番組「大科学実験 discover science」。
http://www.daikagaku.jp/

この番組は、NHK、NHKエデュケーショナル、アル・ジャジーラ子どもチャンネルの共同制作。
「やってみなくちゃわからない」がテーマ。

今回2011年7月18日にNHK総合でスペシャル番組として総集編が放送された。
いや〜素晴らしい番組だった〜
家族4人で集中してみてしまった。

面白かったのは、
「音の速さを見てみよう」
http://www.daikagaku.jp/content/vol001/

「高速で止まるボール!?」
http://www.daikagaku.jp/content/vol005/

「ボールは戻ってくる?」
http://www.daikagaku.jp/content/vol018/

壮大すぎて、すごい。
テレビでしかできないことをやっていることがすばらしい。

現在再放送中なので、すべて見てみよう。
久々に超お勧め番組である!!
posted by ようすけざん at 01:11| 東京 ☁| Comment(514) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

ディープピープル 〜瞬間の判断で命を救う〜

2011年4月から始まった「ディープピープル」
http://www.nhk.or.jp/deeppeople/index.html
がめちゃくちゃ面白い。

5月23日は"フライトドクター”
http://www.nhk.or.jp/deeppeople/log/case0523/index.html


松本尚
日本医科大学千葉北総病院勤務。搭乗歴10年に及ぶ業界のパイオニア。
6000回以上フライトしてきたチームをたばねる。

小林誠人
公立豊岡病院勤務。チームの年間出動件数は日本一。
JR福知山線脱線事故では医療者の指揮も執った。

山隼人
国立病院機構長崎医療センター勤務。
200キロ以上離れた離島など、地理的に困難な地域でヘリを活用。

の3人。

松本尚は「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられたことがある。
http://www.nhk.or.jp/professional/2009/0908/index.html
また、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」では、医療監修も行っている。

とにかく刻一刻を争う命の現場で働く3人である。
そのような刻一刻の時でもそれぞれの色があって興味深かった。
限られた人数しか乗れないドクターヘリに家族を乗せるのか?という点でも異なっていた。

高齢化が進む日本では、離島や過疎エリアではドクターヘリの出動機会が増えることになるのだろうか。
後継者を育てるという点も興味深い。

ひとりでも多くの命を救ってくださっていることに感謝する。
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
posted by ようすけざん at 00:59| 東京 ☀| Comment(369) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする