2017年05月08日

オタクィーーーンイングリッシュ! 〜シュールすぎて、ついていけないくらいくだらない〜

テレ玉で2017年4月9日にスタートした「オタクィーーーンイングリッシュ!」

この番組は
「オタク文化を題材に、
日本人も外国人も楽しくゆるく学べる教養バラエティ!!」
とのこと。

30分見てみたが、「学べる」点はどうでもよく、とにかくくだらなかった。
なかでも「翻訳朗読=ホン薬ロー毒」は秀逸。
「ウゴウゴルーガ」っぽい感じがした。
中山莉子の寝顔から思わず吹き出すところもよかった。
twitter上では「りったんの神寝顔」ってあった。

今後もゆるく見続けたい、くだらない番組だ。
posted by ようすけざん at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

香川照之の昆虫すごいぜ! 〜大科学実験スタッフが協力してたのか!〜

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」の第2弾モンシロチョウが5月5日こどもの日にOAされた。
今回も前回のトノサマバッタ同様、香川照之の熱さ溢れる番組となった。

の記事が面白い。
この記事を読んでさすが、Eテレと思ったのは

人気シリーズ「大科学実験」のディレクターの知恵を借りました。
そんな風に、Eテレがこれまで積み重ねてきた理科番組や実験番組のノウハウをフル活用してできた番組です。

という点。クレーンを使うなんてどこかで見たな?と思ったら「大科学実験」だった。

第2弾放送にあたって、香川照之さんのコメント(全文)


Q.続編の実現をどう受け止めていますか?
僕はただ、本当に好きなことをやらせていただけただけなんですが、僕の周りでは、もはや、

香川照之と言えばこれ(カマキリのポーズ)になっていまして、大きな反響を感じています。
それを受けての第2弾ですが、とにかく、番組でまた普通に虫とりが出来るな、という喜びがすべてですね(笑)。それが一番です。

Q.モンシロチョウ回の見どころは?
(成虫になってから)10日しか生きられないはかなさもそうですが、胴体を触った時の、あのピクピクという感覚、あれは実際に触らないと分からないので、実際に昆虫を捕獲して、羽を触って、胴体を触った時に、ああ、ものすごく生きているなぁと。僕にとっては、今回、それがすごく新鮮でした。

モンシロチョウは春が来て最初に現れる昆虫です。だから、モンシロチョウを見たら、さぁ昆虫の季節がやってきたぞ、と。僕にとってはプレイボール! という感じですね。虫を捕る子どもが減っていますけれども、ぜひ、ご家族でこの番組を見て、みんなで昆虫をとってもらえたらうれしいです。

モンシロチョウは比較的捕獲するのは簡単ですが、その先にはもっと捕まえるのが難しいチョウもたくさんいて奥深い。まずは、モンシロチョウからハマッてみてください(笑)


ちなみに、今回の娘カマキリは前回の山内芹那に代わり新谷あやか。
昆虫が苦手だけど、という設定での登場は良いし、
表情・リアクションともになかなかかわいくて好感が持てたなぁ。

このかぶりものもなかなか似合っている。

だけど、モンシロチョウの羽ばたき実験時の「クレーンを使うの?」的な発言がいただけなかった。
なぜか。
それは前回のトノサマバッタ編でもクレーンは使っていたので、今回も使っておかしくないということ。
つまり新谷あやかは前回のVTRを見ていなかったから、そういう発言をしたということになる。
スタッフに「トノサマバッタ編見るな」と、言われるはずはないので見てほしかったなと思う。
そもそも、マネージャーが見せるべきなのだと思う。
posted by ようすけざん at 16:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ボキャブライダー on TV 〜助けて!ボキャブライダー!〜

Eテレで2017年4月から始まった「ボキャブライダー on TV」

直前スペシャルを見たのだが、
20分は長く、結構グダグダで見ていてしんどかった。
寺脇康文と国仲涼子のなんだか中途半端な演技もちょっと笑えないくらい。

ただ、通常放送が5分なので、半ば葵わかな目当てに見ている。

この番組NHKラジオ第2でも月〜金曜まで毎日5分放送。
こちらは、葵わかなとマックスウェル・パワーズのみ。

葵わかなは10月から「わろてんか」の主演。
一気に来たって感じだな。
posted by ようすけざん at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

おとなの基礎英語 〜田丸真紀という絶妙キャスティング〜

「おとなの基礎英語」もseason6に。
生徒役は高橋真麻→福田彩乃→田丸真紀と3年連続で交代。
まぁ、福田彩乃に関しては変わって当然だと思うのだが。

「しごとの基礎英語」はseason4まで篠山輝信1人で来ているだけに
どういうことなのか、とても気になってしまう。

ということで、田丸真紀バージョン。なかなか安定している1週間だった。
出演者は
岡野真也(おかのまや)
栄木明日香(えいきあすか)
の2人。

season5の宮沢氷魚の発音がとっても聞きづらくてつらかったので
今seasonは期待。
posted by ようすけざん at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

NHK for School 〜驚異のコンテンツ数〜

NHKのサイトの中に、Eテレを中心とした教育番組のアーカイブ
「NHK for School」の存在をつい最近知った。

驚異のコンテンツ数。
番組だけでなく、ゲームやクイズもあって下手な教材より有効。
もっと早く知りたかった〜
続きを読む
ラベル:NHK for School
posted by ようすけざん at 21:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

香川照之の昆虫すごいぜ! 〜Eテレすごいぜ!〜

TBS「櫻井・有吉THE夜会」で「僕はEテレで昆虫番組をやりたい!」と語った
香川照之の夢をかなえた番組。

「香川照之の昆虫すごいぜ!」

これが突っ走っているんだけど、香川照之の純粋な昆虫愛が感じられて楽しい時間だった。
いい大人が童心にかえる姿があんなにも美しいとは。

そして、何がいいって
単なるバラエティではなくきっちりEテレの番組として成立していること。

トノサマバッタのジャンプの高さが、平均でおよそ55センチメートル。
飛ぶのは知っていたけど、そんなに飛ぶとは。
トノサマバッタすごい。

あとこの「ものすごい図鑑」がものすごい。
トノサマバッタの体の節々までよくわかる。これは必見。
posted by ようすけざん at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

おはよう朝日です 〜川添佳穂アナウンサーが魅力的〜

関西出張に行って絶対に見る番組のひとつが「おはよう朝日です」

番組自体は、1979年4月放送スタートなので約40年続く番組である。
司会は変わっており、6代目メインは現在岩本計介ABCアナウンサー。

ちなみに2代前の4代目は宮根誠司で、
1990年4月2日〜2010年3月26日まで
20年間この番組メインを務めた。
(5代目は、「アタック25」の司会も務めた浦川泰幸ABCアナウンサー。

この番組で注目すべきは、川添佳穂ABCアナウンサー。
約12年間サブキャスターを務めた喜多ゆかりABCアナウンサーの後任。

とにかく明るい。ちょっとぽっちゃりな感じもよい。
喜多ゆかり仕込みとでもいうべき反応で、見ていて楽しい。

川添佳穂は明治大学出身で2011年の”ミス明治”
そして、BSフジで2012年2月から「BSフジNEWS」の学生キャスターも担当していたらしい。

「おはよう朝日」ですの良さは、画面から十二分に伝わってくるチームワークの良さ。
関西出張がいつも楽しみだ。
posted by ようすけざん at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

しごとの基礎英語 〜ホラン千秋の仕切り上手〜

「おとなの基礎英語」よりはるかにレベルの高い「しごとの基礎英語」

自分のレベル的には高い番組なのだが、
不思議と「オトキソ」より「ジョブキソ」ほうが楽しい。

それも、篠山輝信とホラン千秋、ルーシー、大西泰斗のチームワークが良い。
見ている人にも楽しんで篠山輝信が学んでいる様子が伝わってくる。
ここが大きいと思っている。

あとは、いつの間にか仕切り上手になっているホラン千秋の存在が大きい。
posted by ようすけざん at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

おとなの基礎英語 〜なぜ福田彩乃に・・・〜

「おとなの基礎英語」の新作が2016年4月から始まった。
今回シリーズは、season5。

気に入っていた高橋真麻と太田エイミーが降板。
高橋真麻は1年のみ、何かあったのだろうか。

そしてseason5は、なぜかなぜか福田彩乃。
う〜ん、あまり好きな人ではないので、見るのがちょっとつらい。

この1か月我慢してみているのだが、どうもしっくりこない。

「しごとの基礎英語」メンバーのチームワークとは正反対にあって
自分の英語レベルはともかく、「しごとの基礎英語」を見てしまっている。
posted by ようすけざん at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

おとなの基礎英語 〜太田エイミーが美しい〜

仕事で英語に携わる機会は少ないのだが、
ちょっと勉強しようと思って見始めた、Eテレ「おとなの基礎英語」

お〜、高橋真麻と一緒に学ぶのかぁ。
高橋真麻の一般視聴者視点がとっても良い。
私が思った疑問をそれとなく聞いてくれるのがうれしい。

それよりも何よりもネイティブ担当として出演している太田エイミーが美しい。
これは番組を継続してみていくためには重要なポイントかもしれない。

ちなみに、
半年が1セットで4月〜9月が新作で、10月から3月は再放送とのこと。
テキストを買い間違えないようにしないと。
posted by ようすけざん at 21:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報番組全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする