2008年12月20日

報道特捜プロジェクト 最終回

1993年から15年続いた「報道特捜プロジェクト」が打ち切られた。
マスコミという権力を最大限活かしていた番組だっただけに非常に残念だ。

日本テレビ自体が赤字であり、この番組が取材費が多大にかかることを想定すると
企業として考えた場合の打ち切りやすい番組なのだろう。
最近の夜のニュースショーの企画もののレベルの低さは致命的で、
取材費に必ずしも比例するとは言えないが、ある程度は確保しておくべきである。

日本テレビの業績が回復した暁には即復活してほしい番組である。

だって、まだまだマスコミの力で解決できる問題は多くあるはずだから。
posted by ようすけざん at 22:16| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

報道特捜プロジェクト ~まさかの打ち切りは、圧力か?!~

「報道特捜プロジェクト」が打ち切られることが、
2008年11月15日OAの最後に発表された。
視聴率を聞いたことないので、何が原因かは分からないが非常に残念である。
近年は、朝霞のゴミ処理についてや、今回取り上げられた美容外科医含めた裁判になって
しまっていることも要因なのかもしれない・・・

ただし、報道番組が増えている中での打ち切りには、
何か裏の力が働いているように感じてならない。
思い切ってゴールデンで、というわけにはスポンサーの関係上なかなかうまくはいかないだろうし。
いや~とにかく残念でならない。
この番組こそが、マスコミという4つ目の権力を有効に活かしていた唯一の番組だったのに・・・

最終回が単なる総集編にならないことだけを祈りたい。
posted by ようすけざん at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

報道特捜プロジェクト ~獣医の大罪がなぜ処罰できない~

2008年10月の「報道特捜プロジェクト」では「多摩センター動物病院」の問題が
大きく取り上げられた。
この問題の詳細は、「多摩センター動物病院 被害者の会【公式サイト】」
http://doggynavi.com/index.php
をご覧いただければと思う。

それにしてもひどいのだ。
私はペットを飼ったことがないので、ペットが死ぬことの悲しさは分からない。
ただ、ペットを家族同様として考えている人がいることを考えるといたたまれない。

そもそも農林水産省が管轄しているというのもよく分からないのだが、
とにかく対応がお粗末過ぎる。人じゃないからないいのか!?と言いたくなる。
あっ、厚生労働省は、人だとしてもどうでもいいか・・・
なんだこの国の役所は。
公務員は「国民全体への奉仕者であって、一部への奉仕者ではない」のだ。
国民全体に奉仕しているのだろうか?

とにかくこの悪徳獣医の鳥吉英伸の免許を剥奪することが急務である。

話題は変わって、「ヤマビル」の大発生も興味深かった。
溝川に入るといるのが、ヒル。本当に子供のころ最も苦手とするものだった。
だった、痛くも痒くもないのに血だけ吸われている・・・
なんだこの生き物は・・・考えるだけで気持ち悪い。
それが山に登るといるらしいとは、もう二度と山に登ることはないな。
posted by ようすけざん at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

報道特捜プロジェクト ~社会保険庁の虚偽を告発せよ~

2008年4月の「報道特捜プロジェクト」で注目すべき点は、
社会保険庁の虚偽報告の告発である。
犯罪を犯した職員の上司が処分前に退職していたはずなのだが・・・
実は在籍しており、在籍しているどころか出世しているというから驚きだ。

舛添厚生労働大臣もどうにかならないのだろうか。
口だけ番長だよな~本当に。
「告発する!!」って言っていた時の威勢はどこに言ったのか??
都合が悪くなると、画面の前にも出てこない。
国務大臣の資格なしである。

証拠を持つ日本テレビが告発すべきではないだろうか。
マスコミはこういうときにこそ、権力を発揮してほしい。
posted by ようすけざん at 07:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

報道特捜プロジェクト ~自転車乗車中の携帯電話は取り締まれ~

2008年3月の「報道特捜プロジェクト」は
「危険な暴走自転車」「烏に餌をやる夫婦」「消された年金」の3点。

「暴走自転車」の取り締まりは即刻行うべき。
携帯電話とヘッドホンをしての乗車はさせない。
中には、漫画を読みながらっていう人もいる。
とにかく注意力が散漫になるようなことは、させてはならない。
細かくルールを決める必要がある。
これは、真剣に取り組まないと大変なことになる。
自転車便の悪質運転も同様である。
大事故が起きてから取り締まるのではなく、先手を打ってほしい。

「消された年金」については、あきれて何もいえない。
”消えた”のだ、”消された”のだ、もうどうでもいいからなんとかしてくれ~
結局うやむやのまま、うやむやにされて、うやむやに税金なり保険料を
払い続けなくてはいけないのか・・・
悪い人は悪いと裁くことすらできないことが悔しい。そう、いつも思う。

posted by ようすけざん at 03:40| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

報道特捜プロジェクト ~須賀川市立第一中学校いじめ事件はゴールデンで!~

2007年最後の「報道特捜プロジェクト」は、3本中2本が再放送という
ちょっと物足りない内容。
「須賀川市立第一中学校いじめ事件」は、多くの人に知ってほしいが
新作で挑んでほしいものだ。
報道特捜プロジェクト ~須賀川市立第一中学イジメの実態は?~(2007年1月20日)

どちらかと言えば、ゴールデンのスペシャルでは、イマイではなく
「須賀川市立第一中学校いじめ事件」を取り上げてほしい。
知らない人に知ってもらって、加害者に謝罪をさせるまでの状況を
うませることはできないだろうか・・・

新作の「不適切救急車出動要請問題」は興味深かった。
これはもう罰金しかないだろう。
積極的に罰則をもうけない限り防げないのも悲しいのだが、
現状の対策としては致し方ない。
早急な対応が求められる。これは横浜市に限らず全国で展開していくべき対策だ。
posted by ようすけざん at 01:10| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

報道特捜プロジェクト ~不良留学生を日本に入れるな!~

2007年11月の「報道特捜プロジェクト」は
「障害者用駐車場占拠」「都内にある土砂崩れ地域」「大学の留学生受け入れ問題」
の3点であった。

 

中でももっとも興味深かったのは、「大学の留学生受け入れ問題」である。
私立大学の多くは定員割れを起こしている。
これは、18歳人口の減少ということが言われているが、それはひとつの原因であって
多くは私立大学そのものの経営に問題があると思っている。
「報道特捜プロジェクト」で取り上げあられたのは、別府大学。
http://www.beppu-u.ac.jp/

別府大学は、学生確保と資金調達を効率的に行うための施策として
外国人の留学生を受け入れることを選択した。
それも、学力試験どころか面接もなく書類のみのほぼスルー状態で
入学を許可していたらしい。
そして、入学したが学校には登校せずにバイト生活、そして日本の物価の高さに
絶えられず犯罪を侵してしまう・・・そして尊い命をも奪った。

別府大(大分県別府市)の元留学生5人が2002年1月18日未明、同県山香町日指の建設会社会長吉野諭さん=当時(73)=宅に強盗目的で侵入。妻恵美子さん(75)を包丁で刺すなどして1カ月の重傷を負わせ、助けに入った吉野さんも刺して死なせた。 同県警は同年2月、中国人2人と韓国人1人の計3人を逮捕。大分地裁は4月15日、強盗殺人などの罪に問われた3人の殺意を認めず強盗致死罪などを適用、無期懲役―懲役14年(求刑死刑―懲役15年)を言い渡した。主犯格とされる中国人2人は帰国して逃亡中で、吉野さんを刺した実行犯は特定されていない。韓国人被告と検察側は控訴中。
私立大学は商売なのだからといったらそれまでだが、あまりにもな施策である。
留学生を受け入れることで、国から助成金をもらうことがで、経営資金とする。
要するに、税金を使って犯罪者を入国させているということだ。
文部科学省何とかしろよ~

何のために留学生を受け入れるのか?
受け入れた留学生をどうしたいのか?
そういう明確なビジョンがない大学には留学生を入学させてはならない。
posted by ようすけざん at 21:53| 東京 ☀| Comment(73) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

報道特捜プロジェクト ~自転車無灯火の大罪~

2007年9月の「報道特捜プロジェクト」は、
「無灯火自転車」と「悪質な電話詐欺」と「介護の不当請求詐欺」の3件。
どれももちろん許せない。

私が一番気になったのは「無灯火自転車」である。
これ本当に危険で、法律上でも道路交通法違反になるものなのだ。
そしてそもそも多くの人が勘違いしているのだが、
自転車がライトをつけなくてはならない理由は、
「自転車の運転手が見えやすい為」ではなく、
「自転車がいることを、他人に知らせる為」なのである。


つまり、「自転車がいることを他人知らせないと危険」ですよ~
という法律があるということなのだ。
つまりつまり、「他人にしらせないということは、轢かれちゃいますよ~」
と、珍しく国からこんな忠告をもらっているのです。

それを、自分は周りが見えるからとライトをつけない人が多数いる。
自殺行為なんだけどなぁ。

番組で良い提案してました「千代田区のタバコ禁止条例」のような形で
取り締まればよいのでは?と。
河上和雄が批判していましたが、良い仕組みであり、浸透しやすく
警察官も声のかけがいがあるって言うものです。
どこかの区からやってみてはいかがでしょうか?
posted by ようすけざん at 16:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

報道特捜プロジェクト ~円天に騙されるな!!~

今月の報道特捜プロジェクトは
(1)宇都宮市のシロサギ問題
(2)L&G(エルアンドジー)巨額詐欺疑惑問題
(3)子どもの食品アレルギー問題
の3点。

特に興味深かったのは(2)のL&G(エルアンドジー)巨額詐欺疑惑問題。
「甘い話には毒がある」のこれ以上ない典型例である。
手口はこんな感じ
1:お金をL&Gに預ける
2:預けた金額と同等の「円天」が支給される
※その「円天」で、「円天市場」で買い物が出来る
3:翌年さらに預けた金額と同等の「円天」が支給される
4:解約の際は、預けた金額がそのまま戻ってくる

要するに、
1000万円預けると
1000万円分のポイントがもらえて
翌年にはさらに1000万円分のポイントがもらえて
解約する時は1000万円が戻ってくるっていうこと。

ありえると思いますか????

ありえるはずがないのです。
でも、1ヶ月に49億円を集めることが出来るこの集団恐ろしい・・・

こういった詐欺に関しては、
立ち上げ当初に入ってちょっと得してすぐにやめた人以外は
損する仕組みになっている。
だから多くの人は損するんですよ。

ちなみに、「円天市場」の商品は、市場では半額以下に値を落としているようなものも
定価で買わされるのが実態と言われている。

ネットワークビジネスの日本の歴史については
http://www.gameou.com/~rendaico/nwb_japanhistory.htm

もう一度言おう。
「甘い話には毒がある」
posted by ようすけざん at 22:38| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

報道特捜プロジェクト ~許されない医療ミス~

2007年6月の「報道特捜プロジェクト」は
(1)学生に起きる心臓震盪
(2)ネット上のいじめ
(3)埼玉医科大学総合医療センター医療事故
であった。
どれも若い世代に関する話題であった。
もっとも興味深かったのは、埼玉医科大学総合医療センター医療事故である。

この事件は、古館友理さん(当時16歳)が、週に1回投与すべき抗癌剤を毎日投与され、
その過剰投与により2000年10月7日に死亡したものである。

その後の裁判で、
主治医の墨一郎医師は禁固2年執行猶予3年(確定)、
指導医の本間利生医師は罰金30万円、
診療科長で同大教授の川端五十鈴医師は20万円の罰金刑とされた。

とにかくお粗末極まりない事件なのである。
医療ミスというより、犯罪である。
「週1回」を「1日1回」と間違えるなって!!
そして、相変わらず謝らない医師たち。
高い給料をもらっているのはそれだけリスクがあるということなのだ。

今回の件に関しては、殺人罪でもおかしくないのに禁固2年執行猶予3年。
執行猶予付ですよ。
きっとどこかで何事も無く暮らしていると思うだけで腹が立つ。
そして、2007年9月には医師に復帰できるらしい・・・
どの面下げて復帰するのだろうか。
犯罪的なミスに関しては徹底糾弾すべきである。

posted by ようすけざん at 16:32| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) |  報道特捜プロジェクト | 更新情報をチェックする