2011年10月06日

てっぱん番外編-イブ・ラブ・ライブ- 〜瀧本美織のあかりが見られて幸せ〜

「てっぱん」番外編の製作決定!!
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1840/97293.html

いや〜うれしい!瀧本美織のあかりがこんなに早くみられるなんて!!
そして、変わらぬキャスト陣がとにかくうれしい。
「ちゅらさん」のように、続編も見たいなぁ。

それにしても瀧本美織が髪を切ったことを、どう説明するか楽しみ。
女優の瀧本美織がヒロインを演じ、今年春まで放送された連続テレビ小説『てっぱん』の番外編ドラマ『イブ・ラブ・ラブ(仮)』(NHK総合 12月16日 20:00〜※関西のみ)が制作されることになり5日、大阪市内で発表会見が行われた。
 
ヒロインのあかり(瀧本)に思いを寄せていた鰹節店「浜勝」社長の浜野(趙たみ和)に持ち上がった結婚騒動をメインに、登場人物の“半年後”を描く今作。柏原収史、長田成哉、松田悟志らおなじみのメンバーが顔を揃えるほか、悩む浜野を叱咤激励する幼なじみの役でお笑いコンビ・アジアンの馬場園梓が本格的なドラマに初挑戦する。

半年ぶりにあかりを演じる瀧本は「ただいま帰ってまいりました!」と元気に挨拶。「久しぶりに尾道弁を話すのでドッキドキしていたんですけど、なんとかしゃべれました。ワンシーン目でセリフを言うまでは照れくさくて恥ずかしかったんですけど、撮影が進むうちに『だんだんあかりになってきたね』と言われたので、あかりに戻ってきてるのかなと思います」と笑顔を見せていた。
一方、「勝手に自分がヒロイン役だと思ってました」と笑わせた馬場園は、「緊張しています。演技といえば吉本新喜劇でいかに音をたててコケるかしか知らなかったので……(笑)」と奮闘中。だが、瀧本と「あずちゃん」「みおりん」と呼び合うなど、和気あいあいの現場の雰囲気にすっかり溶け込んでいるようで、「共演のみなさんがイケメン揃いなので、ヘラヘラしながらやってます。心の底から楽しいです!」とご機嫌の様子だった。(マイコミジャーナル)
posted by ようすけざん at 23:53| 東京 ☁| Comment(48) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

てっぱん 総集編後編 〜おのみっちゃんはおかみさん〜

「てっぱん」総集編後編。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/

後編のスペシャル映像は、長田成哉と松尾諭と柏原収史と趙a和の”岩中浜薫”トーク。
そのトーク内で爆笑したのは、趙a和が”ひまわり”を聞いたことが無かったということ。
まさか、浜勝社長が”ひまわり”を聞いていないとは・・・

それにしても、長田成哉と趙a和が”痛み分け”で握手し合っていたとは・・・
その後の”崇徳院”のくだりは、なかなかの流れ。おもしろい!!
続編への伏線??そうであってほしい!!

ラストのてっぱんダンスもよかったなぁ。

「てっぱん」スタッフブログでも
http://www.nhk.or.jp/drama-blog/99380/
総集編制作にあたってのプロセスが書かれています。

「てっぱん」スタッフ・キャストの皆様お疲れ様でした。
素晴らしい作品をありがとうございました!
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ

タグ:てっぱん
posted by ようすけざん at 23:28| 東京 ☁| Comment(29) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

てっぱん 総集編前編 〜欽×鉄〜

「てっぱん」の総集編がゴールデンウィークの2日間に集中放送。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/

嬉しかったのは、総集編でのオリジナル映像があったこと。

特に、「欽×鉄」。
なかでも、千春が初音に宛てた手紙の
”あかりと”の部分を欽也が書いたのではないか、という部分が秀逸。
っていうか、嘘だろ〜。って思いながらもちょっと騙されてしまった。

もう1度見ても、良い作品。
千春から初音への手紙を見て
あかりが仏壇に行き、千春のことを「お母さん」と言ったシーンは号泣じゃの〜

「てっぱんレシピ」のコーナーも渋い。
遠藤憲一のナレーションもなんだか落ち着いちゃって、かっこいい。

何もかも知っているけど、後編が楽しみ。
オリジナル映像はもっと楽しみ!!
にほんブログ村 テレビブログへブログランキングblogram投票ボタン人気ブログランキングへ

タグ:てっぱん
posted by ようすけざん at 23:54| 東京 ☁| Comment(109) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

てっぱん 〜幸せのてっぱん〜

「てっぱん」の最終週は「かならず朝は来る」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/index.html

ついに終わってしまった「てっぱん」
素晴らしい滝本美織の成長ドラマだった!!

壁を取り払っての「おのみっちゃん」と「和食店」には参った。
素晴らしい展開である。
それにしても、「てっぱん」の料理はどれもおいしそう。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/movie/index.html

ラストのキャストでの”てっぱんダンス”はおもしろかった。
社長と駅伝の戦いもまだまだ続いていたようだったし・・・

”『てっぱん』愛。”として、瀧本美織インタビューが公式HPに掲載されている。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/topics/teppan_ai/index.html

最後に瀧本美織から直筆メッセージ
http://www9.nhk.or.jp/teppan/topics/teppan_ai/message.html

瀧本美織の次のステップに期待したい!!

posted by ようすけざん at 03:47| 東京 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

てっぱん 〜いよいよ最終回!!〜

瀧本美織の成長記録ドラマ「てっぱん」が2011年4月2日に最終回を迎える。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/

世の中の話題的には「ゲゲゲの女房」が圧倒的に上だったと思うが、
「てっぱん」の方が好きな作品だ。

とにかく最終回!!見ましょう!!
そして、続編かスペシャルであかりたちに会いたい!

あと、「最終回に、サプライズ」があるそうですよ!!!
http://www9.nhk.or.jp/teppan/topics/surprise/index.html

posted by ようすけざん at 02:30| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

てっぱん 〜先走りすぎる社長と走らないマラソンランナー〜

てっぱんの第23週は「別れの味
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/23.html

てっぱんの魅力は、多くのキャラクターがとにかく不器用でまじめで優しすぎるということ。
その優しさが人を傷つけてしまっていることがドラマになっている。
ずるいひとや悪い人は基本的にいない、超性善説な作品だ。

滝本美織を愛する、長田成哉・趙a和も不器用で超がつくほど真面目な二人である。
果たしてどちらを選ぶのか・・・ 社長は厳しそうだけど・・・

それにしても、長田成哉はあまりに動かなすぎて、少し話が停滞しすぎた気がする。
正直言って、瀧本美織の恋愛ドラマはあんまり興味がない。
朝倉あきを幸せにしてほしいけど、無理か。

気づいたら残り3週。
やっぱりまとまらなそうで相当心配。
続編・スペシャル化を想定しているならいいのだけど。
タグ:てっぱん
posted by ようすけざん at 23:26| 東京 ☀| Comment(61) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

てっぱん 〜実の父親と育ての父親〜

てっぱんの第22週は「残されたもの
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/22.html

第21週で、遠藤憲一と安田成美の演技に脱帽した1週間と書いたのだが、
さらにもう一度脱帽してしまった1週間であった。

特に、安田成美が滝本美織に
「橘と会いたいのならば、頭を下げてでもお願いしてあげる」と言ったシーンは
印象に強く残っている。

それにしても、最後に「おのみっちゃん」に小市慢太郎を呼んだ
富司純子が何とも言えない。複雑な色々な想いがあったろうに。

「おのみっちゃんと実の父」
「おのみっちゃんと育ての父」

あ〜いろいろな想いがあまりに錯綜しすぎている。
このままで、「てっぱん」整理がつくのだろうか・・・
タグ:てっぱん
posted by ようすけざん at 23:43| 東京 ☀| Comment(34) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

てっぱん 〜あの土下座はアドリブ・・・〜

てっぱんの第21週は「ひまわり」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/21.html

遠藤憲一と安田成美の演技に脱帽した1週間。
ホームページに「遠藤憲一&安田成美インタビュー」という特集が組まれている。
http://www9.nhk.or.jp/teppan/topics/parents/index.html
そこで知った衝撃は、遠藤憲一が見えなくなった小市慢太郎に土下座したシーンはアドリブだったのだ!!
それを知ってまた涙が出てきた。

それにしても、瀧本美織の成長っぷりは著しい。
あの涙の演技や、ちょっと強ぶる演技は、立派な女優さん。
すごいなぁ、と率直に思う。


主題歌は「ひまわり」っていうタイトルということを初めて知った。
いいミュージック。自然と涙が出てきた。
そういえば、1週間泣いていたかも・・・





posted by ようすけざん at 23:30| 東京 ☀| Comment(53) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

てっぱん 〜父親の仕事を継ぐということ〜

てっぱんの第17週は「鉄よ叩いて熱くなれ」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/17.html

森田直幸の不器用さは、まんま遠藤憲一。
そこの脚本があまりにうまくて、妙に応援したくなってしまう森田直幸。

うちは自営業でないので、父親の仕事を継ぐということはなかった。
クリーニング店を営んでいた友人の家は、友人が継がないことがわかったことで店を閉じた。
設備投資をするかしないかで決めたようだが。

村上鉄工場のように、売り上げが今後大きく上がりそうもないと継ぐのに二の足を踏むのもよくわかる。
でも、それをもわかったうえで子供が継いでくれることに、父親は嬉しく思うのではないだろうか。
それが遠藤憲一の演技そのものだったと思う。

おっ、来週は京野ことみ登場!どう絡んでくるのか?!
posted by ようすけざん at 01:16| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

てっぱん 〜尾道に行ってみたくなった〜

てっぱんの第14週は「ふたたびの旅」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/14.html

第14週といっても、年末年始編成のためわずか2回。
でも、その2回は3ヶ月を締めくくる重要な回であった。

富司純子が訪れた木南晴夏の墓。
そこで流した富司純子の涙に涙してしまった。

そして、何よりいいのが尾美としのり。
木南晴夏への恋心を忍ばせて未だ独身。

本当に一人ひとりが丁寧に描かれていて素晴らしい作品。

さぁ、ここからは瀧本美織の実父が登場するはずである。
どのような過程で木南晴夏は尾道に来たのかの謎が解けるであろう。

それにしても、尾道は綺麗な街。

posted by ようすけざん at 00:54| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) |  てっぱん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする