2011年03月26日

3年B組金八先生 〜浅井雪乃の兄が自殺していた・・・〜

「3年B組金八先生」第1シリーズの再放送も大詰め。
第21回「受験戦争に消えた命」は、あまりに衝撃的な内容だった。

”15歳の母”杉田かおるの兄が東大の受験に失敗し
陸橋から身を投げてしまい即死してしまった・・・
ラスト3回でこの展開は本当に驚いた。

最終回は何度も見たことがあったのだが、この第21回の内容は知らなかった。

杉田かおると父親が和解するきっかけになって最終回にむかうために
必要な兄の死という設定はわからなくもないのだが、あまりに悲しすぎた。

それでも、ラストシーンで杉田かおるの父親が孫を抱いていたときに
見せた笑顔にかなり救われた。

やるな「3年B組金八先生」!!
である。
posted by ようすけざん at 23:24| 東京 ☁| Comment(46) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

3年B組金八先生 同窓会スペシャル 〜あの回はやっぱり突貫だった!〜

3年B組金八先生 〜海援隊のコンサートに行く金八先生〜(2011年3月22日)
で1980年1月4日に放送された「母に捧げるバラード」が手抜きではないか?
と書いた。

それがなぜ手抜きっぽく見えたのかが、2011年3月24日に放送された
「3年B組金八先生 同窓会スペシャル」で明らかになった!!

「母に捧げるバラード」の回は、視聴率が好調だったこともあり
急遽追加で制作された回だったということ。
武田鉄矢の年末の休暇をすべて撮影に回したということだった。
そんな突貫工事の回いまだったら絶対に製作できないだろうし、しないだろうなぁ。

ということで、ビビる大木司会の「3年B組金八先生 同窓会スペシャル」
いや〜ゆるかったなぁ。
もっともっときちんと企画すれば、もっともっと貴重な番組になったはず。
ほんと残念・・・

それにしても、TBSは編成が下手だなぁ、と思う。
21時から毎晩、各シリーズの総集編を放送しても良かったのではないだろうか。
今回、パート2以降は再放送されなかった。これが残念でならなかった。
再放送でゴールデンタイムの番組を埋めることに賛否はあるだろう。
今のテレビ局はそんな悠長なことを言っている場合ではないのだ。
自局の財産を最大限活かすしかないのだと思う。

すでにテレビ局がDVDを出している時点で自滅しているわけだから、
もう背に腹はかえられないという状況で編成すべきである。

posted by ようすけざん at 02:50| 東京 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

3年B組金八先生 〜小林聡美がいるとは知らなかった〜

「3年B組金八先生」には、後に有名になった俳優・女優になった人が何人もいるのは周知の事実。
第1シリーズ何度も見ているはずなのに、記憶になかったのが小林聡美。
気付けば目立つ位置にいた。

てっきり小林聡美のデビュー作は、大林宣彦監督の「転校生」だと思っていたのだが、
それよりも3年前の1979年中学2年で「3年B組金八先生」の第1シリーズに出演していた。
posted by ようすけざん at 23:38| 東京 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

3年B組金八先生 〜海援隊のコンサートに行く金八先生〜

「3年B組金八先生」でもしかしたら一番ゆるい回なのかもしれないのが、
1980年1月4日に放送された「母に捧げるバラード」

全体の話としては、田原俊彦が母親がいないことの悩みがテーマで
興味深い話になっている。

では、何がゆるいかと言うと、
金八先生が田原俊彦ら生徒と一緒に海援隊のコンサートに行った場面。
話の筋と全く関係のないコンサートの内容を、1時間のドラマで10分近く割くという
今となってはありえない場面。

その後、金八先生が武田鉄矢の楽屋に行って、二人でトークするというのも
いまではそう難しくないのだろうが、当時としては画期的だったのでは??
(「ムー」とか「時間ですよ」とかでやってそうだけど・・・)

それにしても、田原俊彦かわいいなぁ。
そっか、この下地があって「教師びんびん物語」があったのか!!
今更になって気がついた、おそすぎ・・・

posted by ようすけざん at 23:28| 東京 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

3年B組金八先生 〜学ラン長ラン大混ランとマッチと柳沢慎吾〜

「3年B組金八先生」で、印象的なタイトルは「学ラン長ラン大混ラン」
マッチこと近藤真彦がメインの回である。

内容的には、はっきり言ってたいしたことないのだが、
金八も長ランを着るというビジュアルのオモシロさ。
そしてマッチのうぶさ加減。
そしてそして、柳沢慎吾のヤンキー姿。

この3点だけでも、十分楽しめる。

「3年B組金八先生」の魅力は、
「15歳の母」の次の回に「学ラン長ラン大混ラン」を放送してしまう
超というくらいの緩急の付いた作品作りなのだと思う。
posted by ようすけざん at 05:19| 東京 ☀| Comment(21) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

3年B組金八先生 〜15歳の母見て今思うこと〜

「3年B組金八先生 ファイナル」に向けて、
全作品を再放送してくれるのではないかと期待したのだが、第1シリーズのみになりそう。
これは残念。
せめて、第2シリーズくらいは見たかったなぁ。
DVD買えってことか・・・

「15歳の母 その1」が放送されたのは、1979年11月16日。
当時としては相当話題になったであろう。よっぽど今のドラマよりリアリティがある。
人が死ぬことをドラマで描くことでなく、生まれることを問題にして描く。
今見ても興味深い。

ちなみに
第1シリーズの初回視聴率は16.6%。
「15歳の母出産 その1」の回で、初めて30%を越えて31.2%。
最終回「さよなら金八先生」の回で39.9%。
実に2倍以上視聴率が伸びたことになる。

それにしても、杉田かおる、鶴見辰吾が若い。
若いって言うか、子供だもんなぁ。

そして、金八髪長過ぎだ。
posted by ようすけざん at 23:53| 東京 ☀| Comment(49) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

3年B組金八先生ファイナル 〜田原俊彦と上戸彩がでない・・・〜

「3年B組金八先生ファイナル」
http://www.tbs.co.jp/kinpachi/
のOAが近づく中、出演する卒業生が発表された。
http://www.tbs.co.jp/kinpachi/student/graduate.html

第一シリーズ
田嶋理司(池野国広)、高橋幸喜(岡村一男)、羽澤匠(鈴木良夫)、舘川喜年(高倉勇)、
米村知晃(中尾友行)、茂木昌則(平山英吉)、近藤真彦(星野清)、鶴見辰吾(宮沢保)

杉田かおる(浅井雪乃)、布川かおり(阿部トシエ)、金久保美幸(大野正枝)、
石川よし子(笠原ユカリ)、長谷川純代(瀬戸克江)、貴山ゆうみ(東條絹子)、
大綱めぐみ(畑中マミ)、村井由佳(福田茂子)、三原じゅん子(山田麗子)

第二シリーズ
大仁田寛(青木繁好)、片桐貴代司(岩沼幸一郎)、長山悟(梶井大吾)、直江喜一(加藤優)、
栗原茂(木村勇気)、ひかる一平(椎野一)鳥海勝美(高橋健)、鈴木健一(中島章光)、
清水博智(羽沢康男)、鴨冶忠司(藤田良治)、大山大介(松江次郎)、伊藤つかさ(赤上近子)、
長野康子(石川祐子)、大川明子(大川明子)、仲野綾花(小川智子)、海老井まゆみ(小室スミ江)、
川上麻衣子(迫田八重子)、
鈴木真代(佐々木博子)、佐野恵子(佐藤マキ)、
佐藤美奈子(立見八千代)、竹川まゆみ(増田園枝)、福家美峰(山本まどか)

第四シリーズ
坂口剛(北郷哲也)、小野寺行哉(日下信二)、宮崎徳明(後藤隆)、渡辺卓(坂田拓也)、
小池直樹(桜木伸也)、反田孝幸(佐藤賢治)、佐々木卓馬(杉山修一)、酒井寿(高橋宗和)、
久我未来(高畑優)、中江太(鳥谷真一)、服部圭介(能登剛)、小野寺菜央(石築朋子)、
松下恵(伊丸岡ルミ)、稲松恵美子(佐藤由紀子)、米澤モモ(管久美子)、小村さち子(鈴木芙美子)、
水間ちづる(高鳥よし江)、渡部はるか(田上容子)、植村さやか(種田ひろみ)、
小嶺麗奈(広島美香)、藤田瞳子(蓑田紀美)

第五シリーズ
香川佑太朗(小野寺良輔)、風間俊介(兼末健次郎)、佐々木仁(田口三郎)、本橋卓朗(戸田幹洋)、
平野良(中込祥夫)、片山雅彦(日野敬太)、小川一樹(比留間和憲)、亀梨和也(深川明彦)、
桑原朋宏(森山慶貴)、古川和彦(山岡修三)、永山真里(市川雅子)、森下加奈(太田アスミ)、
永井友加里(落合加奈恵)、小高早紀(桜田友子)、木舘雪恵(関恵美)、清水沙映(松岡敏江)、
岡あゆみ(安井ちはる)、倉沢桃子(米田真規子)

第六シリーズ
斉藤祥太(今井儀)、佐々木和徳(嘉代正臣)、川嶋義一(北村充宏)、佐藤貴広(小堀健介)、
途中慎吾(菅俊大)、増田貴久(長澤一寿)、東新良和(成迫
政則)、辻本祐樹(信太宏文)、
加藤成亮(長谷川賢)、田中琢磨(前多平八郎)、竹沢正希(安原弘城)、中尾明慶(山越崇行)、
高橋竜大(山本健富)、太
田佑一(山田哲郎)、本仮屋ユイカ(青沼美保)、佐藤めぐみ(赤嶺繭子)、
松岡林沙(江藤直美)、高松いく(笠井美由紀)、森田このみ(木村美紀)、平愛梨(笹岡あかね)、
有松麻衣(下田江里子)、住吉玲奈(榛葉里佳)、中村友美(長谷川奈美)、金沢美波(馬場恭子)、
花田亜由美(星野雪絵)、谷口響子(本田奈津美)、松本真
衣香(森田香織)

第七シリーズ
竹下恭平(江口哲史)、竹内友哉(小野孝太郎)、上森寛元(笠井淳)、府金重哉(金丸博明)、
今福俊介(倉田直明)、鮎川太陽(小塚崇史)、藪宏太(鈴木
康二郎)、平慶翔(園上征幸)、
結城洋平(高木隼人)、千代将太(富山量太)、冨浦智嗣(中村真佐人)、村上雄太(長坂和光)、
八乙女光(丸山しゅう)、福田沙紀(麻田玲子)、五十嵐奈生(安生有希)、岩田さゆり(飯島弥生)、
黒川智花(稲葉舞子)、清浦夏実(大胡あすか)、末広ゆい(小川比呂)、杉林沙
織(小村飛鳥)、
渡辺有菜(杉田祥恵)、石田未来(田中奈穂佳)、上脇結友(坪井典子)、白石知世(中木原智美)、
笹山都築(中澤雄子)、郡司あやの(西
野浩美)、加藤みづき(姫野麻子)

第八シリーズ
田辺修斗(五十嵐雅迪)、真田佑馬(岩崎浩一)、坂井太陽(漆田駿)、布川隼汰(大西悠司)、
高橋伯明(川瀬光也)、廣瀬真平(里中憲太郎)、米光隆翔(玉田透)、坂本優太(長谷川孝志)、
菅野隼人(廣野智春)、岩片時郎(渡部剛史)、梶尾舞(安藤みゆき)、水沢奈子(江藤清花)、
忽那汐里(金井亮子)、牛山みすず(川上詩織)、山田麗(諏訪部裕美)、高畑充希(田口彩華)、
萩谷うてな(塚田りな)、藤井真世(中村美恵子)、草刈麻有(森月美香)、井本杏子(和田順子)

という卒業生陣。
何がかわいそうって、第3シリーズは桜中学校が舞台ではないので今回参加資格すらないらしい。
萩原聖人、長野博、菊池健一郎、森且行、浅野忠信が第3シリーズに出演したらしい。

それにしても、残念なのは田原俊彦や上戸彩が出演しないこと。野村義男もだ。
一方で、小嶺麗奈(広島美香)・小高早紀(桜田友子)・岡あゆみ(安井ちはる)が、どうなっているか気になるなぁ。

4時間スペシャルという長長丁場。
とにかく、期待が膨らむなぁ。
posted by ようすけざん at 23:13| 東京 ☀| Comment(90) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

3年B組金八先生ファイナル 〜来るべきときが来た!〜

いよいよ「3年B組金八先生」が完結。
http://www.tbs.co.jp/kinpachi/
1979年から足掛け32年。素晴らしいことである。
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/01/21/0003752664.shtml

ただ、今回突如完結となったのは残念なこと。
その原因は2007年10月スタートの第8シリーズがあまりに低視聴率だったからだろう。

TBSとしては、2010年10月からファイナルを2クール放送したかったというのが本音だろう。
正直第8シリーズは悪い作品ではなかっただけに残念でならない。
最近のTBSはやっと2ケタ取れる番組ばかりなんだから、なんとしてでも放送してほしかった。

期待したいのは、つまらない同窓会ではなく、思い切った切り口で逃げ切って欲しい。
これぞ、金八先生!を見せてほしい!!
posted by ようすけざん at 00:02| 東京 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

3年B組金八先生 〜不思議ストーリーはアマゾネス登場のため?!〜

視聴率大苦戦中の「3年B組金八先生」も佳境。
第16話は過去の作品から見てもかなり異質なものに仕上がっている。
だけど、重要な話になってきそう。

それは、金八先生の妻が第3シリーズ以来登場したからだ。
回想ではなくて、3Bの生徒を通じてなんだけど。
そして、こんなコメントを残した・・・
「坂本金八さん。あなたは素晴らしい父親よ。
でも、子供達はそろそろ巣立ちの時を迎えたようです。
これからは子供のことよりも自分のことを大切に考えてあげてね。」

この台詞により、乙女の結婚が現実化してきたということだ。
シリーズ完結に向けても、必要であった妻の一言なのだろう。

でも、あえて霊の力を借りなくても良くて、
っていうか、そもそも乙女を無理やり結婚させる必要はないと思うんだけど。

それにしても、CM前のワイプとか演出までなんだか異質だった。
新人演出家かと思えば、大御所生野慈郎。
何が伝えたかったのだろうか。
なんだか、いろんな意味で不思議に感じた第16話だった。
posted by ようすけざん at 02:15| 東京 ☀| Comment(19) | TrackBack(4) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

3年B組金八先生 〜ホリプロが押す高畑充希とは?!〜

「3年B組金八先生」が3月の卒業に向けて後半戦を迎えた。
今回の主役は、高畑充希演じるB組田口彩華と松川尚瑠輝演じるA組松井宏樹。

あれ、松川尚瑠輝??「女王の教室」で志田未来と名コンビだった松川尚瑠輝だ。
文書書くために調べて、キャスト表見るまで全く気づかなかった。
17歳だから声変りしたってわけでもないだろうし。

今回注目したのは、高畑充希。演技はまだまだだが、何か魅力を感じる。
彼女のプロフィールを調べてみると、1991年12月14日生まれの16歳。
デビューは、2005年ホリプロ創業45年記念
「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバックPART2(屋上の天使)」オーディションで、
9621人の応募者から見事主演の座を獲得したことによる。

そして何が驚いたかというと、コブクロの小渕健太郎のプロデュースを受けて
”みつき”として、歌手デビューをしていたこと。
そして、先日見た
ルイスと未来泥棒 〜前に進もう!〜(2007年12月24日)
のテーマ曲を歌っていたらしい。

そしてそして、「ピーターパン」の第8代目に選ばれている。
ホリプロが力を入れて売り出している感がある。

話を「3年B組金八先生」に戻すと、
中学生の純情な駆け落ちなかなか良かった。
いざという時は、女性のほうが強いんだよね〜
田口彩華たくましかった。
2度「15歳の母」を取り上げた「3年B組金八先生」としては
純情すぎた感もあるが、今回のシリーズにおいては
あえて純情路線を貫いたのだろう。

残すは大将か・・・

posted by ようすけざん at 23:44| 東京 ☀| Comment(115) | TrackBack(1) |  3年B組金八先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする