2006年01月19日

白夜行 ~堤イズム溢れる演出で魅了~

とにかく骨太な作品。
初回の2時間も、2回目もあっという間。
それに、「セカチュー」を完全に意識した作りになっているのは、
ドラマ版「セカチュー」ファンとしては嬉しい。

特に演出はどんだけ時間かけたんだというくらい凝りに凝っている。
亮司がダクトから、雪穂を見たときの心の揺れ動きを表現した
カメラのぶれ良かったなぁ
見てるこっちも震えた。

ぶれすぎなくて、心のぶれと本当に思える表現だった。
1話も2話もタイトルバックも、演出は満点だ。

それにしても、子役が良かった。
福田麻由子は、いまさら語ることもないくらいの演技を見せ、
泉澤祐希も、女の子よりも成長しきれていない男の子をうまく表現していた。
手をつなぐシーンなんて微笑ましくて、そこで泣けそうだった。
幸せなのはここまでだと思うだけで、悲しくなった。

そして、武田鉄也。
古畑任三郎か!!
って突っ込みたくなるほど、あまりに鋭い刑事。

方言じゃないと、金八になっちゃうことが容易に想像できるので
方言は正解だろう!!


1話と2話できちんと伏線を張っているのは素晴らしい!!
「風とともに去りぬ」の本に手紙を挟んでいたり。
おじいちゃんとおばあちゃんが手をつなぐシーンとか
タイムマシーンの話もそう。
単純なつながりだけど、いいなぁ。連ドラの醍醐味だよ。

それと、チャーリー浜の「○○じゃあ~りませんか」とか
101回目のプロポーズの「死にましぇ~ん」とか
「100人に聞きました」「わいわいスポーツ塾」とか
なんだか、懐かしさと楽しさも絡めてたのは、暗くなる作品でちょっとしたスパイス。

でも、この作品全く泣けない。
怖くて怖くて・・・なんかこんな事件って、
今の時代では起こりうるんじゃないかとすら思うからだ。

っていうか、原作読みたい!!
けど、ドラマ最終回の後だなぁ。

posted by ようすけざん at 23:58
"白夜行 ~堤イズム溢れる演出で魅了~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: