2011年01月23日

てっぱん ~父親の仕事を継ぐということ~

てっぱんの第17週は「鉄よ叩いて熱くなれ」
http://www9.nhk.or.jp/teppan/story/17.html

森田直幸の不器用さは、まんま遠藤憲一。
そこの脚本があまりにうまくて、妙に応援したくなってしまう森田直幸。

うちは自営業でないので、父親の仕事を継ぐということはなかった。
クリーニング店を営んでいた友人の家は、友人が継がないことがわかったことで店を閉じた。
設備投資をするかしないかで決めたようだが。

村上鉄工場のように、売り上げが今後大きく上がりそうもないと継ぐのに二の足を踏むのもよくわかる。
でも、それをもわかったうえで子供が継いでくれることに、父親は嬉しく思うのではないだろうか。
それが遠藤憲一の演技そのものだったと思う。

おっ、来週は京野ことみ登場!どう絡んでくるのか?!
posted by ようすけざん at 01:16
"てっぱん ~父親の仕事を継ぐということ~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: