下北サンデーズ ~梅ヶ丘!豪徳寺!!土曜の次は・・・~

いやいや、リアル~!!
”劇団”を”ビバリーヒルズ高校生白書”に例えるとは・・・
大正解ですよ~

ひとつの作品作り上げるには最低でも1ヵ月半はみっちりと
練習を重ねなくてならない。
そりゃ、家族よりも長い時間いるし、一日の半分以上一緒いる
って事を考えると、愛だの恋だのは当然あるわけですよ。

それにしても、初舞台を思い出しました。
1996年10月だったなぁ。
学園祭の舞台にたち、2時間演じきったこと。
緊張はまったくしなかったけど、あっという間だった。

舞台とは不思議だ。
映画などの映像と違って、毎日違うのだ。
役者の体調や勢い、客席の反応によって、大きく作品の出来は左右される。

3ページ台詞を飛ばされたきもある。
だからといって、失敗にはならない。
それが面白くなってしまうこともある。
その勢いをかって、ぐんぐんテンポが良くなることもある。

舞台はナマモノなのだ。

この作品もナマモノ的な要素がある。
だからおもしろい。

上戸彩の成長が見たいのだ。
それが見られそうな作品。

視聴率が一桁なのは、もったいない。
ぜひ演劇界を盛り上げてほしい!!
banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ

"下北サンデーズ ~梅ヶ丘!豪徳寺!!土曜の次は・・・~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: