プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~~

年末の恒例番組となった「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」
http://www.tbs.co.jp/program/fired-sportsman_20111228.html

プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~作り手の意識が低すぎて残念!~(2010年12月30日)
プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~プロは潔くないほうがよい?!~(2009年12月23日)
プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~プロはプロ・・・厳しい道~(2008年12月31日)
プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~プロ人生はギャンブル人生~(2007年12月31日)


昨年は今思い出すだけで、本当に腹立たしい。

今回の4人のうち2人、BCリーグという独立リーグに。
野球ができるだけ幸せなのか・・・
家族がいるのもかかわらず低年俸で夢を追いかけるのか・・・
はっきりいって後者である。

プロに入れなかった人が、プロに入るチャンスをつなぐために独立リーグ
プロに戻るのではなく、若手を育てるためと割り切って独立リーグ
ならばわかるのだが、プロに戻るために・・・と正直に思う。

ちなみに、BCリーグとは、ベースボール・チャレンジ・リーグの略。
http://www.bc-l.jp/
所属は、
群馬ダイヤモンドペガサス

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
信濃グランセローズ
富山サンダーバーズ
石川ミリオンスターズ
福井ミラクルエレファンツ
の6チーム。

杉山直久は、富山サンダーバーズへ選手兼コーチとして入団。
大城祐二は、福井ミラクルエレファンツへ入団。

ちなみに、木下達生は東京ヤクルトスワローズへ入団が決定。
古木克明は、球界全体が「舐めるな」と聞こえる当然の結果に。
元阪神タイガース 杉山直久(31) 投手

 杉山直久。松坂大輔らと同じ1980年生まれ。大学時代には速球を武器に活躍し、自由獲得枠で阪神に入団。エース候補として期待され背番号18を与えられた。05年には自己最多の9勝を挙げリーグ優勝に貢献した。だが翌年以降は肘の痛みに悩まされ思うような成績を上げることはできず、09年には背番号18を剥奪された。そして今年10月9日、戦力外通告を受けた。
 5歳と1歳になる子供がいる杉山。このまま引退すれば子供たちは自分がプロ野球選手だったことを覚えていないだろう。妻と相談し、杉山は最後の挑戦の場となるトライアウト受験を決意した。


元中日ドラゴンズ 木下達生(24) 投手

 24歳という若さで2年連続の戦力外通告を受けた男がいる。木下達生。愛知・東邦高校のエースとして05年のセンバツでチームをベスト8に導いた木下は、その年の高校生ドラフト3位で日本ハムに入団。翌年にはソフトバンクを相手に完封で初勝利を挙げた。だが1ヵ月後、右脇腹の故障で登録抹消。以降度重なる怪我に見舞われ、昨年日本ハムから戦力外通告を受けた。そしてトライアウトで好投を見せた木下は中日と育成契約。今年のシーズン途中には支配下選手登録され4年ぶりに1軍のマウンドに立った。だが1軍登板はそれだけ。チームがリーグ連覇で歓喜に沸くなか2年連続の戦力外通告を受けた。

 名古屋市内の実家で家族とともに暮らす木下。両親と妹にとってプロ野球選手・木下は誇りだった。もう一度輝いて欲しい。そんな家族の願いを背に、木下は再びトライアウトのマウンドに登る。

 
元横浜ベイスターズ 古木克明(31) 外野手

 東京のとある居酒屋で働く見覚えのある男。古木克明。かつて横浜ベイスターズの4番として活躍した男だ。古木はこの店で働きながら球界復帰を目指していた。98年、ドラフト1位で横浜に入団し、4年目には圧倒的なパワーでホームランを量産し4番も任された。しかし守備の荒さが目立ち05年以降は出場機会が激減。その後、トレードでオリックスに入団するも2年で戦力外通告を受けた。その直後、古木は格闘家に転向。だが、新たな道を歩みながらも野球への思いが心のなかで燻り続けていた。今年6月、古木は格闘家を引退し球界復帰を決断。半年後のトライアウトに向けて野球の練習を始めた。だが、2年のブランクがある古木にとって、それは無謀ともいえる挑戦だった。

 
元福岡ソフトバンクホークス 大城祐二(26) 内野手

 戦力外通告を受けた選手たちが明日への希望を求めて参加するトライアウト。ここに特別な覚悟で挑む男がいた。大城祐二。大城にはどうしても結果を出さなければいけない理由があった。それは、昨年結婚したばかりの妻、そして生後11ヶ月の娘…。守らなければならない家族の行く末がかかっていた。大城は06年、ドラフト5位で阪神に入団。夢だったプロ野球選手の仲間入りを果たした。だがプロの世界は想像以上に厳しい。在籍4年で一度も1軍に上がることは出来ず、昨年12月には育成選手として福岡ソフトバンクに移籍。さらに今年4月には左鎖骨を複雑骨折、リハビリをするだけでシーズンが終わってしまった。そして今年10月、戦力外通告を受けた。

 現在大城は福岡市内で妻と娘との3人暮らし。福岡に来てから1年も経たずにクビ宣告。実績のない大城にとって、トライアウトで結果を残すしか生き残る術はなかった。

"プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 ~~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: