2006年10月21日

僕の歩く道 ~ちくってんじゃね~よ!!~

「ちくってんじゃね~よ」の言葉の使い方は秀逸。
そこでもってくるか。
っていうくらい、うまい!!うまいなぁ。


一方で、三浦の心の動きは雑すぎる。
あんなにも急激に変化してしまうのだろうか。
だって、テンジクネズミのこと覚えているだけで・・・って思う。
もう少し丁寧に描いてほしかった。

 

誰がいい人なのかは分からない。
母親だって、自分の体裁を守ろうとしているのかもしれないし、
妹は、母親の目が自分に向かないことで、心配をかけようとしているのかもしれない。
兄は、実は一番弟ことを思っていなそうで、思っているのかもしれないし、
園長は、輝明をりようしようとしているのかもしれない。

誰でも、人は一人では生きていけない。
他人と共存していかなくてはならない。
自分のこと以上に他人のことを考えなくてはならない。 
そんなことを、このドラマは言っているんだろうか。

まぁ~それにしても、都古の不倫話がうざい。
冷めます。まじで。

実は、お恥ずかしながら
このドラマのメッセージがイマイチ伝わってこない
んだよなぁ。
このドラマ自体が、実はうさんくさいのかも。
なんてことも思ったりして。

来週は、兄修治の息子幸太郎こと須賀健太が登場。
どう泣かしてくれるのか?期待が膨らむ。

banner_01.gif bnr.gifにほんブログ村 テレビブログへ Blogle ブログる。 日本最大級のブログポータルサイト
posted by ようすけざん at 07:20
"僕の歩く道 ~ちくってんじゃね~よ!!~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: