37歳で医者になった僕 ~急展開な最終回の謎~

関西テレビ火曜22時枠「37歳で医者になった僕」
http://www.ktv.jp/37doctor/index.html

大好きな水川あさみとミムラが出ているだけでも十分な作品だった。
草なぎ剛は、らしい草なぎキャラで、スタッフが活かしていたと思う。

残念だったのは最終で松平健が病み、なぜか急激に改心してしまった点。
そして、田辺誠一の心の動きも整理できなかった。

あともう1話あったら整理できそうな感じだったのだがなぜこうも急ピッチになってしまったのか?
実は当初は全12話だったのではないかと勘繰ってしまう。

本当に残念だった。
それでも古家和尚の脚本は安定していて見やすい。

"37歳で医者になった僕 ~急展開な最終回の謎~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: