2007年01月06日

2006年10月クール ドラマ総評

ドラマ!テレビ!言いたい放題のショッピング

少し遅くなりましたが、
今クールも数作品が打ち切られてしまう厳しい結果だった
2006年10月クールの総評です。


【作品賞】
◎のだめカンタービレ
テンポの良さとキャラクターを活かしたキャスティングを評価。
また、漫画原作という利点を活かした演出と
脚本家に頼らない脚本も評価。


○僕の歩く道
いやらしく取り合げられがちな話題を、丁寧に描き続けた点を評価。
キャスティングも良かったですね。

【主演男優賞】
◎玉木宏(のだめカンタービレ)
千秋先輩を好演。白目も良かったし!
とにかく今まであまりに目立たなかったことが意外なくらい。
千秋先輩としか見えないだけに、今後は大変だが期待。


【主演女優賞】
◎志田未来(14才の母)
ここは圧倒的。脚本や演出が残念だったのをキャスト全員でカバーした感じ。

実際の14才が演じることでのリアリティさ。
とにかく圧倒的な演技力には圧巻。今後が恐ろしい!


○上野樹里(のだめカンタービレ)
志田未来がいなければ最優秀を獲得できた程にすばらしかった

「オレンジデイズ」のひどい使われ方や、
「スウィングガールズ」以降伸び悩んでいただけに、開花。
今後は主演候補の一人ですね。

【助演男優賞】
◎生瀬勝久(14才の母)
文句なし!!前クールの「タイヨウのうた」勝村政信に続く、父親が受賞。
”娘を思う気持ちの強さ”は両者甲乙つけがたいほどに表現できていた。
動揺の仕方なんて、リアルすぎて怖かった。


○堤真一(セーラー服と機関銃)
作品としては目立たなかったが、さすが堤真一。
びしっと作品が締まりました。

○瑛太(のだめカンタービレ)
瑛太はいつ主役をやるんだ~というくらいどのドラマでも
どんな役をやっても、目立ってきた。
主役じゃないからいいのかもしれないが。 


【助演女優賞】
◎蒼井優(Dr.コトー診療所2006)
ちょっと甘いかもしれないが期待値もこめての最優秀助演女優。
パート2からの参加であったものの、うまく入り込めていたし、
裏のある演技を的確に表現できた点を評価。
今後はドラマにもどんどん進出してほしい。


○田中美佐子(14才の母)
脚本に苦しめられたものの、もうひとつの「14才の母」を演じきった点を評価。


【優秀新人賞】
◎該当者なし
2期連続で該当者なし。新人発掘が急務。

【優秀脚本賞】
◎橋部敦子(僕の歩く道)
難しい題材を、丁寧に描いた。
登場人物一人ひとりに一貫した気持ちがあり、
全話を通じて共感できた。
それにしても、大物ぞろいのクールだったが散々であった。

【優秀演出賞】
◎星護・河野圭太・三宅喜重
久々の星護演出に初回はがっかりしたものの、それ以降はおとなしい演出に変化。
そして脚本を活かす丁寧な演出。
近年評価されがちな奇抜な表現にとらわれず、落ち着いた表現を評価。


【優秀主題歌賞】
◎『しるし』Mr. Children(14才の母)
いい歌ですね~もっとドラマ内ではいい使い方があっただけに残念。
まぁ、「ダーリン」とは一生言われることもないですけど・・・


【タイトルバック賞】
◎のだめカンタービレ
楽しいタイトルバック。古い表現をすれば、ウキウキワクワクという感じでしょうか。


【ナイスキック賞】
真澄ちゃん(のだめカンタービレ)
◎アユタ(たったひとつの恋)
 

今クールはキックが横行しましたその中でも、
「のだめカンタービレ」最終回での真澄ちゃんキックと
アユタがヒロトにかましたキックを表彰。


【自己満足賞】
◎北川悦吏子 
いや~ひどかった・・・亀梨和也のドラマ作りたかっただけにしても、愛がなかった・・・
キャストとお金の無駄遣い。日テレも最初で最後の付き合いなんだろうね。

以上が、2006年10月クール総評でした。
posted by ようすけざん at 06:44
"2006年10月クール ドラマ総評"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: