2007年03月12日

東京タワー ~月9史上壮絶なシーン・・・~

「東京タワー」は残念ながらほとんど話題にならずに終了しそうだ。
前から言っているが、もっと評価されてもいいのにと思う。

視聴率も16.0%が最高と、記録上も振るわない。
速水もこみちもここまでか・・・
 

それにしても、第10回のオカンの闘病シーンはしんどすぎた。
見るに耐えない。正直あそこまで描く必要があったのか、と言いたくなる。
描くこともひとつの表現だが、描かないで伝えることも表現ではないのだろうか。
オカンが闘病しているのも分かる。
先がそう長くないことは誰が見ても明らかなのだ。

時間帯がどうとか、こうとかという問題ではない。
ここまでいい演出と感じていただけに、とても残念だ。


次回最終回。
香椎由宇が最終回でどれだけ魅力的な演技ができるか??

オカンがいなくなったまーくんを支えていく、そこが本当のクライマックスであり
見所である!!

posted by ようすけざん at 23:59
"東京タワー ~月9史上壮絶なシーン・・・~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: