わたしたちの教科書 ~重すぎて、重すぎて、おもしろい?!~

この作品視聴率取れないよ。
っていうか、取ろうとしていないのでは??

とさえ思える。

だって、あまりに重いし、難しい。
今のところは、無理矢理な感はあるがまとまっていて、おもしろい。

志田未来があっさり亡くなるという展開はあまりに意外だったために

引き込まれている。
 

最終回に大どんでん返しを持ってくるパターンなのは明らかだが・・・
問題は、4話以降。話をどう展開させ、最後までどうつなぐかなのだ。

 
なんだか、学生同士が徒党を組んでいる感もあり「QUIZ」の中学生版か??

でも、志田未来が死んでまで訴えたい理由が分からない。
もしかして、志田未来生きていたりして・・・・・・


副校長の風吹ジュンが、何を考えているか分からない。
ここがキーになってくるのだろう。


それにしても、児童養護施設もぐるっていうこともありえるし難しい。

 
フジテレビが制作していることに違和感を感じ、
坂元裕二がこういった作品を書いていることにも違和感を感じる。
だからこそ、楽しみなのである。もちろん不安な度合いも大きいのだが。

"わたしたちの教科書 ~重すぎて、重すぎて、おもしろい?!~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: